通信費節約術

格安SIMのお得な使い方とは?安くて便利の結論は2台持ちのようですよ

投稿日:2014年5月14日 更新日:

photo credit: TheeErin via photopin cc

格安SIMを使おうか悩んでいる方に、参考になる記事をみつけたので私なりの意見をお伝えしますね。ちなみに私は格安SIMで人気のBICSIMを半年間使い続けています。



格安SIMは本当に安いか?

格安SIMを選ぶ参考になる記事はこちらです。

格安SIMのお得な使い方–本当に安いか飛びつく前に考えよう – CNET Japan

良いことだけ書かれた記事ではなく選ぶ上での注意点もあります。ただ、この記事を鵜呑みにするのはどうかな?と、ちょっと疑問を感じた点があるので、記事の補足をしたいと思います。

容量の制限について

 低価格SIMの相場は、月額約1000円のものはLTEの速度がほぼフルスピード出るもので月間の通信量は500Mバイト〜1Gバイト程度となっている。通信量は個人差がたいへん大きいものだが、日頃から通信量が少なめの人が、自宅でWi-Fiを使って通信量を他に逃し、はじめて500Mバイト〜1Gバイトに収まると思ってよいだろう。

格安SIMの通信速度は、高速通信と低速通信の二種類があります。このうち高速通信ができるデータ量に制限があります。

「快適な通信に制限があるから安い」ってのは、格安SIMが安い理由の一つです。

高速通信が可能なデータ量は、概ね「500Mバイト〜1Gバイト程度」です。この容量はサービスを提供する会社によって異なります。

ちなみに、BICSIMの一番安いプランの制限は1Gバイト3GBです。使い切らなければ翌月まで繰り越します。足りなければ有料で追加もできます。

さて、記事では「自宅でWi-Fiを使って」とありますね。Wi-Fi通信は格安SIMが提供する有料の通信網を使いません。したがって制限がある容量が減りません。自宅にWi-Fiルーターがある人は、自宅はWi-Fi、外出時は格安SIMの通信を使うといった使い分けをすれば、高速通信が楽しめる容量を有効に使えるということです。

ハッキリ言って動画をよく観る人は、1Gバイトの容量では1週間も持たないでしょう。
動画はあまり観なくても、1Gバイトで1か月過ごすのは難しいと思います。

ちなみに高速通信の制限を超えると低速通信に切り替わります。

使い方のコツ

さて、高速通信は容量の制限がありますが、低速通信は制限がありません。低速通信なら使い放題です。

BICSIMの場合、低速通信は200kbpsのスピードで通信できます。これは動画や大量の画像を含まないネットの利用であれば大きな問題はないレベルです。FacebookやTwitter、LINEなども問題なく使えます。ゲームもできますよ。

例えばパズドラのようなゲームは、起動時にデータのダウンロードが始まるときがあります。この時は200kbpsでは遅く感じます。それでもダウンロードが終わり通常のゲームが始まると、低速通信でも普通にプレイできます。

こんな時に便利なのが、BICSIM特有の通信速度を切り替えるアプリ「みおぽん」です。このアプリは高速通信と低速通信の切り替えができます。データをダウンロードするときだけ高速に切り替えればストレスはありません。これなら容量の制限を有効に使うことができます。

通信速度を上手に使い分ければ快適に使えます。

切り替えの面倒はありますが、安さとの引き換えだと思った割り切りが必要です。

出先で動画をガンガン観るような使いかたも適さないので、ここも割り切りが必要です。

7Gバイトをフルに高速通信する必要はない

そもそも、上限が月間7Gバイト程度のNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルなど通常の既存キャリア(以下、既存キャリア)との通信契約でも、データ通信量が足りないと嘆いている人が周囲にもパラパラといるような現在、それを1Gバイトに収めるのは簡単ではない。

スマホのアプリは、使ってないとき(画面を操作してないとき)でも、密かに(しかも頻繁に)通信している場合があります。知らないうちに通信して容量を食っているなんてザラにあることです。

そんな通信は低速通信で十分です。画面を開いてないときまで高速通信をする必要はまずありません。普段は低速通信の設定にしておけばいいだけです。

通信速度の切り替えが出来なければ、いつの間にか制限を超えてしまうこともあります。

なので、格安SIMを選ぶポイントとして、通信速度の切り替えが任意にできることは重要です。

端末の価格

そして、費用面での問題は、端末調達の費用だ。既存キャリアは手厚い端末購入補助があり、最新上級機種を買っても割引と相殺され、端末代の実質負担がゼロかそれに近くなる。

これは全く問題になりません。この記事でもあとで解決策が書かれています。なんで端末の価格を問題にするのか不思議です。

携帯キャリアの使い放題のプランは5,000円以上しますよね?一方、格安SIMは1,000円程度で使い放題です。1年で4万円以上差が出るんですよ。端末の価格はこの差額ですぐに元がとれます。ちなみに私が使っているNEXUS7のLTE版は約4万円です。

端末の価格は問題にならないでしょ?

キャリアメールが使えない?

迷惑メール対策でキャリアメール以外をブロックしている人とはメールをやりとりする方法がない。格安SIMにはキャリアメールがないことに注意したい。

キャリアメール以外をブロックしている人がどれだけいるかわかりませんが、そのような友達を大切にしたいのなら携帯電話との2台持ちで解決できます。

キャリアメールに縛られることは止めた方がいいと思います。

迷惑メールは相変わらず多いし、キャリアメールの利点ってあるのでしょうか?

通話料金は携帯キャリアが安い

みおふぉんの通話料は30秒ごとに21.6円(税込)と、ドコモのXiの音声通話プランと同じ通話料だが、Xiには存在する家族同士の通話無料、FOMA契約の家族の無料通話分のシェア、定額オプションを支払うことによるキャリア内無料通話といったサービスは提供されない。これらの恩恵を受けている場合には、負担が大きくなる。

音声通話サービス付の格安SIMが出始めましたが、通話をメインに使う人には私もオススメしません。

通話が多い人はガラケーを使ったほうが格段に安くなります。

音声通話サービス付の格安SIMには、通話料金の割引サービスがありません。この差は大きいです。

通話が少ない人なら音声通話サービス付の格安SIMでも問題ないでしょう。

このあたりは使い方に合わせて選択するべきです。

乗り換えは注意

また、MNPで転入する場合は、電話が使えない期間ができてしまう。既存キャリアの場合は店頭で手続きが済んでしまうので、1時間前後、電話が使えないくらいで済むが、IIJmioのみおふぉんをはじめMVNOでは開通センターでMNPの開通処理をしてからSIMを送付してくるため、数日間、使えない時間ができることは覚悟しなくてはならない。

これは、現在使っている携帯電話の番号をそのまま音声通話サービス付の格安SIMに移行する場合に発生する問題です。

日ごろから通話が多い人は注意が必要ですね。

毎日通話に使っている人は、音声通話サービス付の格安SIMは切り替え時のデメリットは注意した方がいいでしょう。

音声通話サービス付きのSIMは、この辺もオススメしにくいところです。

結論はタブレットとガラケーの2台持ちがベスト

 格安SIMのネガティブな情報をあげてきたが、それらを踏まえた上でうまく使うことで、非常にコストパフォーマンスの高いサービスとなる。何よりも絶対的に費用を抑えることが可能だ。

 筆者がおすすめしたいのは、音声通話のケータイは既存キャリアで残しておき、データ専用として格安SIMを活用することだ。

 
はい、私がオススメする方法も2台持ちです。

スマートフォン側に通話機能は必要ないので、割安かつ画面の大きな7型タブレットを利用してもよい。ドコモから販売される7型タブレットの中古品や、入手しやすく比較的安価なGoogleのNEXUS 7のLTE版も良いだろう。

はい、私もNEXUS7のLTE版です。

格安だからということで飛びつくのではなく、まずは自分の通信量や使い方など把握し、各サービスにあてはめて料金をシミュレートしてみること。そして、格安SIMを提供する通信事業者も容量や値段だけでなく実際の評判を確認してから選ぶこと。この2点を踏まえて上手に活用してほしい。

料金もいろいろな種類があるので選ぶのも面倒ですよね?

いつでも止められる2年縛りがないサービスを選ぶのも上手な選択法だと思います。

まとめ

私がBICSIMを選んだ理由は以下の点です。

  • 安い
  • 通信業者が信頼できる(老舗のIIJ)
  • 通信速度の切り替えが容易にできる
  • 契約に2年縛りなどがない

ガラケーはauです。メール使い放題のプランEシンプルです。ガラケー宛てのメールは基本的にガラケーを使います。文字入力がしやすいので。

ネットはタブレットをフル活用しています。パソコンの使用頻度は極端に減りました。

スマホの1台持ちのときの一番の不満だった電池が持たない問題は、いまはありません。NEXUS7もガラケーも電池の持ちが良いです。

不便はなく、通信費も節約できて、タブレットでいろいろ遊べます。

かかったコストは1年で元がとれます。

格安SIMを使い始めて半年たった今でも、2台持ちにして正解だったと思います。

不便な点はなにもありません。

2台持ちにしてみようかな?って悩んでいるのなら、絶対オススメですよ。

それではまた。

■関連記事■
スマホの通信費を節約する方法を考えてみました!キャリアの料金は高すぎ!
安いハズのWiMAXで失敗した!自分の使い方には格安SIMの方が合ってた
タブレットのNEXUS7をWiFi版からLTE版へ安く買い替えるコツがありました
格安SIMのBICSIMを買いました!購入時の注意点と開封の様子をレポート
格安SIMのBICSIMを使うための契約と登録に必要な情報を簡単にまとめました
格安SIMのBICSIMをタブレットのNEXUS7で使う設定の仕方をレポート
スマホからガラケー&タブレットの2台持ちで通信費が安くなった!
格安SIMのBICSIMをタブレットのNEXUS7をで3ヶ月使ってみた感想です
格安SIMのIIJmioから音声通話機能付きSIMが発売!通話が少ない人にオススメ
格安SIMでテザリング!ノートPCやWiFiゲーム機を外でネット接続しよう!
タブレット+格安SIMの注意点とは?「思てたんと違う」とならないために
通話ができる格安SIMの「みおふぉん」がMNPに即日対応しましたよ!
タブレットとガラケーの2台持ちの利点と欠点

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-通信費節約術

執筆者:

関連記事

IIJmio

格安SIMのBICSIMを使うための契約と登録に必要な情報を簡単にまとめました

無事にBICSIMを手に入れたので、これを使えるように設定などをします。まずはIIJmioの登録です。ん?IIJmio?買ったのはBICSIMだが…

SMA_GARA

スマホからガラケー&タブレットの2台持ちで通信費が安くなった!

NEXUS7で常時通信ができるようになったので、いままで使っていたスマホをやめて携帯電話はガラケーに戻します。 私の場合、スマホを使う前まで使っていたガラケーがauのSA002という機種でした。

イオンのスマホ

【通信費節約】奥さん!イオンで安いスマホ買えるって知ってた?

イオンから料金がお手軽なスマートフォンが発売されますね。 4月1日より店頭にて予約受付開始。全国8,000台限定。 奥様にオススメのサービス内容です。 ※2014年3月の情報です。イオンでは格安のスマ …

NEXUS7設定

格安SIMのBICSIMをタブレットのNEXUS7で使う設定の仕方をレポート

前回IIJmioの登録が終わったので、あとはNEXUS7にSIMを装着して、モバイルネットワークの設定をすればBICSIMが使えるようになります。では順に説明します。

みおふぉん

格安SIMのIIJmioから音声通話機能付きSIMが発売!通話が少ない人にオススメ

私が記事にしているBICSIMを提供しているIIJmioから、音声通話が可能なSIM(みおふぉん)の発売が発表されました。 IIJmioのホームページ データ通信と音声通話を合わせて税抜き1,900円 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。