ビジネス

学生に知って欲しい会社で使う数字の読み方

投稿日:2014年5月30日 更新日:

photo credit: IvanWalsh.com via photopin cc

社会に出ると不思議な数字の読み方に出会います。自分の業界で使われている慣例的なルールに従えば間違いありませんが、それを常識だの当たり前だのと言われると、ちょっと「面倒くさいな」と思ってしまいます。




何て読む?

フレッシュビジネスマン向けのクイズです。

「21,536円」

何て読みますか?

「にまん せん ごひゃく さんじゅう ろく えん」?

ご家庭や友達のあいだなら問題ありませんが、ビジネスの世界では言い換えたほうが良いです。

では何て読むか?

「にまん いっせん ごひゃく さんじゅう ろく えん」

これが無難です。

数字の読み方いろいろ

私が若い頃に「せん」ではなく「いっせん」と読みなさいと、取引先の社長が教えてくれました。

よく考えてみたらテレビのアナウンサーも同じように読んでいますよね。金額(数字)の読み方は、業界の風潮などもありさまざまです。

そろばんの読み上げでお馴染みの1を「ひと」、2を「ふた」と読む業界もあります。特にお金に関わる業界で使われています。

聞き違いによるトラブルは大変ですからね。聞き取りやすい言い方をしましょう。ということですね。

もひとつクイズです

100千円

何て読むでしょう?

「ひゃく せん えん」?

正解は「じゅう まん えん」

数字だけ見ても瞬間的にピンとこない人もいると思います。最初は知らなくても恥ずかしくありません。社会人になったら、社内資料などでこういう数字の表記に出会うことがあります。

へんですよね?

日本の数字の区切りは「一、十、百、千、万」という区切りを使っていますが、これってカンマの区切りと合ってないんですよね。

でも大きい数字を扱う場合、カンマの区切りで省略したほうが、ゼロの羅列が減って見やすくなります。電卓や表計算ソフトに数字を入力するのも楽になり、ケタ間違いも起きにくくなります。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると便利な表記法だとわかってきます。

知ってて当たり前?

こんな話をすると、社会人なら知ってて当たり前という人がいます。

ではもうひとつ、携帯電話の「090」は何と読むでしょう?

「ぜろ きゅう ぜろ」ですよね?私もそう読みます。

でも、何で「ぜろ」なんでしょう?

日本語読み(和語)で「0」は「れい」です。

「ゼロ」は数学的に「ない」という意味ですが、電話番号や郵便番号で使われる「0」は、数値ではなく数字です。なので「ゼロ」を使うのはおかしな感じです。

でも、ゼロって読む人のほうが多いですよね?

「れい きゅう れい」という読み方するはNHKのアナウンサーくらいじゃないでしょうか。こうなると数字の読み方って、すごくいい加減というか不安定だなぁと思ってしまいます。

100千円にしても、ローマ数字と漢数字をごちゃまぜにしてて変な感じです。

数字には当たり前の読み方など無く、業界毎に使いやすいルールを勝手に決めてるだけに見えます。

よく使う読み方がデファクトスタンダードとなっと考えたら、当たり前なのかな?

さいごに

DHCのコマーシャルを知っている人限定。

0120−333−906

何と読むでしょう?

「ゼロ」と「れい」が混ざっていてもうメチャクチャですね。なんとも不思議な読み方です。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ビジネス

執筆者:

関連記事

ポケモンGOの除外申請の情報はビッグデータとして活用できないかな

ポケモンGO のプレイエリアの除外申請が出始めていますね。そんなニュースを見て感じた、今後の拡張現実サービスのリリースやトラブル回避に役立つかなと思ったことを書きます。

行政書士試験を受けた感想と使って良かった書籍の紹介

行政書士試験を受けました。2年ほど前から興味はあったけれど、機会に恵まれず受験はしていませんでした。 今年はチャンスが巡ってきたので本格的に勉強をして試験を受けました。 そこで今回は、行政書士について …

大型書店で増えた「本のタワー積み」は不適切だと思う理由

本を大人の身長より高く積み上げる「タワー積み」や、複雑な形状で積み上げる「スパイラル積み」が大きな書店で見られるようになりました。 一見おもしろそうな試みだけど、本のタワー積みは商業的にも広告的にも間 …

medium_12623154874

公文書にも使える書きやすいボールペン

ボールペンにこだわるケンちです。 仕事でボールペンを使う人は多いと思います。多くのサラリーマンが胸ポケットに入れているボールペンですが、書き味が悪いとストレスの原因にもなったりします。かすれて書けなく …

退屈

プレゼンが失敗する3つの理由

プレゼンって難しいですよね。資料を作るのは大変だし、本番で話しをするのも緊張します。プレゼンのあとで「失敗した」と思っている人も多いのではないでしょうか。ビジネスにおけるプレゼンで失敗しているケースを …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。