ライフスタイル

自作の年賀はがきを「お年玉くじ付き」にできる切手があります

投稿日:2013年11月3日 更新日:

正月

毎年12月が近づくと、はがき印刷ソフトやインクジェットプリンタの新機種が出そろい、年賀状を作る時期になったこと知らせてくれますね。




紙の年賀状も良いものですよね

FacebookやTwitterなどのSNSの人口が増えても、親しい人への新年の挨拶は年賀状で!と考える人はまだまだ多いようです。

もしかしたら、手軽にコミュニケーションが図れるSNSに対して、物理的な紙の年賀状は格別の価値観が生まれるかもしれないなぁ…などと思ったりもします。

さて、オリジナルの年賀状を作るときに、あなたは年賀はがきに直接印刷していますか?

凝ったデザインで作りたいときに、あの既製の表のデザインがちょっと邪魔になったりしてませんか?

私は、あの印刷済みの表がちょっと苦手です…

せっかく凝ったデザインで裏面を作っても、既製の表面のデザインがナンだったり、郵便番号が枠にピッタリ入らなかったりでがっかりしてしまうことがあります。

でも、送る相手のことを考えると「お年玉くじ付き」は使いたいですよね?

お年玉くじ付き切手

こんなときに便利なのが「お年玉付年賀郵便切手」です!

これ、切手が「お年玉くじ付き」なんです。

この切手を使えば、完全オリジナルの「お年玉くじ付き」年賀はがきが作れるんです。

「お年玉付年賀郵便切手」について詳しくは日本郵便のHPで紹介しています。

購入はお近くの郵便局か、ネットで買える切手SHOPが便利ですよ!

既製品の年賀はがきは使いたくない!でもくじ付きにしたい!と考えている方は、この「お年玉付年賀郵便切手」を使ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、切手には組番号がありませんが、当せんは各組共通なのでご安心下さい。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

『サンタクロースの存在を疑わずに永遠に信じられる』私の考え方

クリスマスが近づくと必ず耳にするのが子育て世代からの「サンタクロース」の悩みです。 いつまで信じさせるかどうかという話はよく聞きます。 ということで今回は私が考える「サンタクロースを信じる理由」のはな …

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。 そこには大量の木の枝が …

「大丈夫?」と聞かないで

風邪で咳き込んでいる人に「大丈夫?」と声をかける人がいます。 親切心からなのでしょう。 でもこの声がけが迷惑になるときもあります。

garigari_ichigodaihuku

ガリガリ君リッチ「いちご大福」を食べてみた

粒あん好きのケンち(@ soredou_kenchi )です。あんまんも粒あんしか食べません。あまり売ってないのが残念です。さて12月16日に赤城乳業からガリガリ君リッチ「いちご大福」が発売されました …

ケーキ

ひな祭りにケーキを食べる風習の被害者

3月3日のひな祭りに、なぜかケーキを食べる風習があたりまえになりました。 ネットでも雛ケーキのレシピがたくさん紹介されています。 でも、なんで日本の行事にケーキなんでしょうね? 子供が喜ぶからなんでし …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。