ライフスタイル

熱くて眠れない?昼間干した布団を冷ます方法

投稿日:2014年7月27日 更新日:

熱い布団

photo credit: dominiqs via photopin cc

夏場に布団を干すと、寝る時に布団が熱くて眠れない…なんてことありませんか?

そんなときに使える布団をサッと冷ます方法を紹介します。



布団を冷ますアイテム

使うアイテムは「冷却マクラ」です。

有名なのは「アイスノン」ですね。もちろん他のブランドでもOKです。ドラッグストアやDIYなどでもいろんなサイズの類似品がたくさん売ってます。

アイスノンソフト

購入する場合、できるだけ大きなサイズがオススメです。大きくて困ることはないと思います。

ちなみに、冷蔵庫は詰め込みすぎはよくないですが、冷凍庫は詰め込んだほうが効率が良いそうです。なので保冷剤で冷凍庫の隙間を埋めるのは節電にもなります。冷凍庫の隙間を埋めるつもりで大きいサイズを買っちゃいましょう。

布団の冷まし方

さて、布団の冷まし方ですが、方法はいたって簡単。

要領はアイロンと同じです。(しわは伸びませんが…)

1. 布団を広げます

2. 冷却マクラで布団全体をゆっくり撫でます(アイロンをかけるように)

布団を冷ます方法

これだけ。

布団の厚みと熱の量によっては2、3度繰り返してもなかなか冷めないときもありますが、放置しておくよりも確実に素早く熱が取れます。

布団を取り込んですぐの場合は、さすがに熱すぎてなかなか冷めません。暑い日は早めに布団を取り込んで、冷房がきいたフローリングの床に広げておくと熱が逃げやすいです。それでも寝る前にまだ布団が熱いようなら、この方法を試してみてください。

さいごに

冷却マクラは保冷剤としても使えます。クーラーバッグがあれば、停電になったときに冷蔵庫の食品の保管にも使えます。

冷凍庫に隙間があるのなら、冷却マクラで埋めてみてはどうでしょう。

布団以外でもすぐに熱を取りたいものに使えます。取り込んだばかりのTシャツとか。

寝苦しいほど暑い夜は、そのままマクラにしてもいいですね。というか、これが本来の使い方ですが…

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

mountain

【新しい国民の祝日】「山の日」はいつからだっけ?

日本で16番目の祝日となる「山の日」が2016年(平成28年)に生まれます。子供にとっては嬉しくない日に決まってしまいました。喜ぶのは大人だけのようです。ということで今回はこの山の日の話。

「自分が頑張るのは当たり前」は他人に使う言葉ではないと思う

考え方として素晴らしいことでも、他人に使うべきではない言葉ってあると思います。 自分が頑張るのは当たり前 この言葉もそうだと思います。

ブレーキとアクセルを間違えた!私の事故体験記

たまにニュースで見かけるブレーキとアクセルを間違える事故。 なんかもう信じられないですよね? 普通、間違えるか?って思いますよね。 はい。私、間違えました。事故りました。 もう20年前の出来事ですが、 …

高齢者の事故を減らすためにも年末年始に帰省したらやってほしいこと

年末年始に帰省しますか? 最近では親とSNSで繋がっている人も多いと思います。でも、やっぱり顔を合わせるのって大事ですよね。 多くを語らなくても、側にいるだけで通じ合うものがあったりします。 今回は親 …

刺青(イレズミ・タトゥ)について思うこと

刺青が気になります。洋画や海外ドラマを見ていると刺青をしているキャラがとても目立つようになりました。もう普通に刺青入れてますよね。 海外ではファッション感覚で刺青を入れているようですが、日本はちょっと …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。