ライフスタイル

【クリスマスプレゼント】息子が5年以上遊び続けたおもちゃ

投稿日:2013年11月12日 更新日:

クリスマスが近づくと、子供へのプレゼントで悩みませんか?
正直、子供のプレゼントってネタが尽きるんですよねぇ…
今回は息子ご5年以上遊び続けたおもちゃのはなしです。



プレゼントのネタが尽きて悩みます

誕生日やクリスマスだけでなく、入園や入学のお祝いなどで年に2、3回プレゼントをしていると、小学生のころにはもうプレゼントのネタが尽きてしまいます

かといって、クリスマスプレゼントにゲームソフトはちょっと…って感じですよね。それでも子供が喜べばいいんですが、遊び飽きてゲームショップに売られてしまうのはなんだか悲しい感じもします。

せっかくのサンタクロースからのプレゼントですから、おもちゃらしいものを選びたいなぁ…とか思ったりします。我が家でも毎年クリスマスプレゼントで悩んでいました。

大人の感覚で木のおもちゃなんて良いかな?って思ったこともありました。

木のおもちゃは高級感があって、やさしい雰囲気で良いのですが、遊び方が限られるのですぐに飽きちゃうんですよ。インテリアとしては良いんですけどね。

レゴはコストパフォーマンスが良いおもちゃ

レゴ
いろいろなプレゼントの中で、長く遊んでもらえたのがレゴでした。そう、あのブロックのレゴです。

買って気付いたことですが、レゴはコストパフォーマンスがめちゃくちゃ高いんですよ!

我が家の息子は幼稚園の頃から小学校6年生まで遊んでました。もっと長い期間遊ぶ子もいると思います。大人でもレゴが好きな人がいるくらいですからね。

そんなに長い期間遊べるおもちゃって、他にないんじゃないかな。

6年生になるまでのクリスマスプレゼントに、たまにレゴの新作をプレゼントしました。ドラゴンやらお城シリーズやら。レゴはそれぞれを組み合わせて遊べるから、遊び方が無限大なんですよね。

アイテムが増えれば増えるほど、大きなものや小さなものがたくさん作れて楽しみがどんどん増えます。だから買い足しても飽きないんです。

造りが良いから飽きずに遊べる

レゴ
想像力を養うのはもちろん、指先が器用になったり、作品ができた時の達成感の喜びなど、他のおもちゃでは味わえない楽しさがあります。

レゴと似たブロックが他のメーカーからも出ていますが、作りの精巧さがまったく違います。

これがレゴのすごいところで、何年使ってもカチッとはまる!ものすごく精度が高いです。だから長年使えるんですね。

この違いは子供でも感じるものがあると思います。

レゴを始めるなら簡単なものから

レゴを始めるなら、最初は青いバケツ赤いバケツから始めるのが良いと思います。



バケツにはいろいろな部品が入っているので、難しく考えることなく始められます。

お城シリーズや恐竜シリーズなどは、パーツが専用の形をしてるものが多く含まれるので、遊びの幅が膨らみにくいです。なので始めはいろいろな形が入ったバケツがオススメです。

バケツで慣れたら次はお城などにチャレンジしてみるとおもしろいと思います。

立体的な形を作らなくても、レゴで絵を描くように楽しむこともできます。

lego_mario

他のおもちゃとのコラボレーションもできます

レゴ
レゴは他のおもちゃと組み合わせて遊ぶこともできます。

  • ミニカーの駐車場
  • プラレールのトンネル
  • 人形の家やテーブル、椅子など

いろいろ組み合わせて遊ぶことができます。

こんな風に、レゴがあると他のおもちゃの遊びの幅も広がります

さいごに

レゴは創造的な遊びが好きな子供には良いおもちゃだと思います。気に入れば記念日ごとに買い足すと良いです。プレゼントの悩みも解消されるし、パーツが増えると豪華な作品も作れるようになります。

子供の感性とマッチングすれば、親も子供も幸せですよ。

それではまた。

ここで紹介しているレゴは対象年齢4、5歳〜です


1歳半から遊べるのはデュプロシリーズです。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

中年おじさんの私がウエスト70cm以下を維持しているダイエット方法

こんにちは、40代の中年おじさんです。私は昼食をとりません。間食はしません。おやつも食べません。夜は食べたあと、すぐ寝ることは避けてます。食後から就寝まで3時間以上は時間を開けます。 それでも太るんで …

【通学児童が危ない】朝の車通勤で裏道を使ってる人!それは違反かもしれません

自転車通勤していると、朝から交通違反している車を見かけます。 それもたくさん。次から次へと違反車両が走っていきます。 みんな気付いてないのかな?

親心

親心はなかなか理解されないものです。 特に他人に向ける親心は。 余計なことを言うなと、怒られてしまったりしますから。

高齢化の世の中で取り残されるお年寄り

もう誰もが知っていることだけど、日本は子供が少なく、お年寄りが増えていきます。だけど、街を見渡すとそんな雰囲気を感じません。 お年寄りをあまり見かけないんです。確かにいるにはいる。でも人口比率と噛み合 …

いつも料理をやらない男のタマゴサンド用スクランブルエッグの作り方

スクランブルエッグってどうやって作ってますか? 私は普段、料理をしないので一般的なスクランブルエッグの作り方を知りません。 料理はしない、とは言っても朝食は自分で用意します。たまにスクランブルエッグを …