ビジネス

消費税が10%になったらすごく助かることがあります(個人の感想です)

投稿日:2014年8月24日 更新日:

消費税

来年の10月には消費税が10%になりそうな気配です。景気の落ち込みが心配されたりしてますがこのブログではそのあたりは深く追求しません。むしろ10%になったら助かるなぁと密かに思っていることを書きます。



消費税が10%になったら良いなと思うこと

かなりアホっぽい意見ですが、ずばりコレです。

計算が楽になる

だって1割だもん。電卓いりません。

消費税が10%の場合、980円(税込)の消費税は98円です。簡単。

消費税が8%の場合、980円(税込)の消費税は…すぐ出てこないっすよ…

30年前に全国珠算教育連盟の3級とった程度の脳みそではこの暗算は難しいです。(そろばん塾って減りましたね)

コンビニで買った弁当の消費税がいくらかなんて気にしません(印字されれてるけど)が、仕事で会計絡みの処理をしていると面倒なときがあるです。ありませんか?

端数処理のコスト

仕事で細かい金額の消費税の計算していると8%という半端な数字にイライラさせられます。感覚的にサクサク処理できないからです。
8%ではちょっとした会計処理でもで私の脳内そろばんがフリーズします。つまり、

税率8%の端数処理が面倒です。

それに比べて10って素晴らしい!10ですよ。なんてわかりやすいんでしょう。

仕事で請求処理をしているとき、商品毎に消費税額を計算しているケースでは、月末の締め日の精算(合算)時に面倒なことが起こるときがあります。

個別に消費税を足した結果と、税抜き合計から消費税を算出した結果が合わなくなることがあります。消費税を四捨五入してるとあるんです。税率が10%ならこんな手間も減ります。

消費税が10%になると、10円単位の金額に消費税額を加えても小数点以下の端数が発生しません。小数点以下の端数を切り上げ?切り捨て?どっちだっけ?なんてことで悩む機会がかなり減るわけです。

こんなふうに端数が発生する税率のせいで起こる事務手続きや、計算ミスのトラブル対応に5分、10分と時間が奪われたりしたことありませんか?これって、超ムダな時間です。こんなことを考えていると、はやく10%にならないかな…などと思ってしまいます。

1円玉を用意するコスト

小売業では釣り銭を確保するために小銭を用意しなければいけません。小銭の用意って何気に面倒です。1円玉が切れたら銀行に両替に行かなければいけませんが、昔と違って銀行も簡単に両替してくれません。口座持ってないとダメとか。

しかし、1円玉でも釣銭を切らすわけにいきません。

「3円のお釣りですけど、いりませんよね?」とは言えません。

消費税が10%になると、100円ショプでは1円と5円の釣り銭が不要になります。会計もスムーズになり、レジの混雑解消にもなりそう。

100円ショプのほかにも100円単位で価格設定している商売ってありますよね?そんな店舗はみんな1円玉と5円玉の釣り銭の管理が不要になります。

100円単位で価格設定している店舗が全国にどれだけあるでしょう?全国規模で考えたら影響は大きいと思うんだけど、気のせいかな…

生産性も上がるんじゃない?

最近、電車の運賃もICカードと現金では円単位で差が出る問題がありました。Yahoo!で路線検索したときも運賃が二種類出てきます。こんな面倒くさい現象も消費税が10%になったらなくなります。端数が発生しないから。

仕事で電車使う人は清算するときにICカードの運賃で精算なんてしてたら経理が面倒くさいだけです。小口現金で返されても小銭が増えるだけ。それでいくら節約になってるんだろう?

細かいことですが、金額に端数が発生する影響で増えてる事務処理って馬鹿にならない。数円のことで数分悩むなんて生産性悪すぎです。もちろん扱う数量が多ければ単価が1円違ったら大変です。年間4億本以上生産している「うまい棒」が1円違えば単純に4000万円以上の差が出ます。ここで言っているのはもっと小さい数字の話です。

数万円の見積書に十円以下の金額が記載されてたりするととてもガッカリします。それ、余計な事務処理を増やすだけです。そんなときは切り上げていいから10円以下の細かい計算させないでほしいと思います。

こんなふうに、端数処理がなくなるおかげで効率が上がることっていろいろな場面であるんじゃないですかね?消費税が10%になってから、事務処理が楽になったと気づく人も出てきそう。

さいごに

単純に考えた場合、

10円単位以上では端数処理の管理コスト
100円単位以上扱う小売店では1円玉と5円玉の管理コスト

それぞれが不要になる経済効果って意外と大きい気がします。数値化はできないけど。増税は慎重に考えてやってほしいと思いますが、「10%」という計算しやすい数字の効能はけっこう大きいんじゃないですかね?

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ビジネス

執筆者:

関連記事

その仕事は世の中のどの部分?

「仕事がつまらない」と言っていた人がいました。よくある話ですね。特に不満はないけれど、おもしろいとは思えないのだとか。 話を聞くと、毎日やっていることの意味がよくわかってないようでした。なるほど、これ …

mail_miss

PCメールの誤送信を防ぐ2つの方法

メールの誤送信は個人情報の漏えいなどのリスクが高い割に対策が不十分な人が多いと感じます。社外の人にメーラーの設定などを聞いても「送信時に気を付ける」といった事実上対策がされてない話も聞きます。今回は無 …

「何で言わないんだ!」「何で聞かないんだ!」って、どっちよ?

仕事でトラブルが発生したとき、上司から「何で言わないんだ!」と怒られた(叱られた)経験はありますか?ありますよね? 仕事でトラブルが発生したとき、上司から「何で聞かないんだ!」と、以下同文。 なにか理 …

退屈

プレゼンが失敗する3つの理由

プレゼンって難しいですよね。資料を作るのは大変だし、本番で話しをするのも緊張します。プレゼンのあとで「失敗した」と思っている人も多いのではないでしょうか。ビジネスにおけるプレゼンで失敗しているケースを …

行政書士試験を受けた感想と使って良かった書籍の紹介

行政書士試験を受けました。2年ほど前から興味はあったけれど、機会に恵まれず受験はしていませんでした。 今年はチャンスが巡ってきたので本格的に勉強をして試験を受けました。 そこで今回は、行政書士について …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。