スマートフォン・タブレット 使ってみた

【初めてのイヤホン選び】スマホで使うならコレ!Amazonレビューでもコスパ良い!

投稿日:2014年11月9日 更新日:

MDR-EX450

携帯電話やスマートフォンに付属のイヤホンの音質に不満を感じたことはありませんか?もっと良い音で聞きたいと思ったらイヤホンを変えてみるといいです。再生機器が同じでもイヤホンを変えるだけで全く違う音に聞こえます。

価格帯でみるイヤホンの選択基準

イヤホンを選ぶ基準のひとつに価格帯があります。ありますよね?

明確な根拠はないけど半年に一回くらいのペースでイヤホンを買い換えている私の実感では以下のような価格帯があると感じています。

  • 1,000円(付属品レベル)
  • 5,000円(こだわりはじめ)
  • 20,000円(趣味の世界)
  • 100,000円(異次元)

初めてイヤホンを買うのなら5,000円クラス(実売価格4,000円前後)がオススメ。

1,000円のイヤホンでは端末に付属のものと大差ないんですよ。少しでも良い音で聞きたいと思うのならワンランク上を選択しないと。かといって20,000円以上のクラスは手を出しにくいですよね?なので初めてイヤホンを買うのなら5,000円クラスが良いと思います。

5,000円クラスのイヤホンに不満を感じるようになると20,000円を超えなければ満足ができるものになかなか出会えません。高価なイヤホンでも満足できない人は音源の品質や再生機器の性能にも目を向ける必要があります。音の世界は追求するとキリがないので知らないほうがある意味幸せかもしれません。

5,000円クラスでオススメなイヤホン

実売価格4,000円前後で買える、かつオールマイティに使えるイヤホンはコレ。
MDR-EX450
SONY MDR-EX450

今の私の一番のお気に入りです。一度紛失したけど買いなおしたくらい気に入ってます。出会えて良かった。

MDR-EX450

音質はこの価格帯では最高クラスだと思います。どんなシーンでもそれなりに満足できるよく出来たイヤホンです。1,000円クラスと比べたら比較にならないくらいイイ音ですよ。

パッケージの裏
MDR-EX450

ポーチとイヤーチップはちょっとチープです…
MDR-EX450

音質

アルミニウムハウジングを採用したことで中高音域の再現性が良いです。なのでボーカルも聞き取りやすいです。

が、それよりも驚いたのはカタログにうたってない低音のチカラです。

再生周波数帯域:5~25000Hz

この価格帯で「5〜」ってスゴイんじゃないの?

ちゃんと音にもでてますよ。低音もしっかりしてます。

つまり、低音から高音まで音域全体をカバーするチカラがあるということです。ここがオールマイティに使えると感じているところです。テレビで使うのもオススメ。(延長コード必要だけど)

外観

デザインはシンプルかつ程よい高級感があります。

MDR-EX450

MDR-EX450

とてもコンパクトな造りですが音を作り出すドライバーユニットは12mmと十分な大きさがあります。そのおかげでコンパクトながら力強い音を鳴らしてくれます。ドライバーユニットが小さいと音の再現性にモロに影響しますからね。

重さ

重心のバランスが良いので装着した瞬間に付けていることを忘れるくらい軽いです。重さを感じない理由の一つにフィット感の良さもあります。

音は良いんだけどフィット感がイマイチというイヤホンは多いです。音を作り出す構造とフィット感を得るための構造のバランスが難しいからです。音質にこだわるとどうしても重くなって重量バランスが崩れます。普段使いのイヤホンならこの辺りのバランスも大事です。

MDR-EX450 はココがいい!

ケーブルが絡みにくいです。

ケーブルが絡みにくいです!

最初に触れたときは、まるで手品のような不思議な感覚でした。

セレーションコードというらしいです。よく見るとコードに溝があります。

MDR-EX450

MDR-EX450

溝があるおかげでコード同士の摩擦が減って絡みにくくなっています。

セレーションコードの利点が他にもあります。それは

巻グセができない

イヤホンのコードは巻グセができますよね?これ、構造上仕方がないですが、この巻グセが絡みの原因にもなります。

セレーションコードは螺旋状の溝があることで巻グセが付きにくくなっています。その効果をもう一つの愛機 audio-technica ATH-CKS77X (重低音用)と比較するとこんな感じ。

上:SONY MDR-EX450
下:audio-technica ATH-CKS77X
MDR-EX450 ATH-CKS77X

そっと置いて並べただけでこの差。 ATH-CKS77X が特別に巻グセが付きやすいってわけでもないです。

巻グセができない=絡みにくい

これが私が愛用する音質以外の理由のひとつです。

普段使うアイテムにストレスは感じたくないですよね?

サッと取り出して、スルスルっと絡みが取れる使い勝手の良さは格別です。普段使いのイヤホンは音質だけでなく、こういった使いやすさも考慮して選ぶのも大事かと。

仕様

型式:ダイナミック密閉型
ドライバー口径:φ12mm
再生周波数帯域:5~25000Hz
最大入力:100mW
インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル(感度):106dB
プラグ:3.5mmステレオミニプラグ
コード:1.2m
質量:約6g(ケーブル除く)
付属品:ハイブリッドイヤーピースSS/S/M/L(各2)

まとめ

MDR-EX450 の良さをまとめるとこんな感じ。

  • オールマイティに使えるクセのない音質
  • コンパクトで軽く心地よいフィット感
  • 程よい高級感の造り
  • コードが絡みにくい使い勝手の良さ

MDR-EX450 は3,000円代で買えます。コスパ良すぎ!

ついでに紹介!次に買う予定の SONY MDR-EX650 ↓
今回紹介した MDR-EX450 の上位機種です。実売価格5,000円を少し超えます。評判はめちゃくちゃ良いです。

追記:いまはこちらの MDR-EX650 を使用してます。真鍮のハウジングにより音の締まりがとても良いです。予算に余裕があれば MDR-EX650 が断然オススメです。2万円クラスのイヤホンと比較しました。MDR-EX650 は2万円クラスと比較しても遜色がない良い音だと思います。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-スマートフォン・タブレット, 使ってみた
-

執筆者:

関連記事

ガルパン秋山優花里の元デザイン(?)のバックパックは普通に使いやすかった

ガールズ&パンツァー(ガルパン)の秋山優花里が使用しているモノに似ているバックパックを購入しました。似ているけど所々違います。アニメはアニメ。というか、秋山優花里と同じデザインのバックパックは …

orenz

【芯を出さないで書く】不思議なシャーペン「オレンズ」を使ってみた感想

ぺんてるから発売されている芯を出さずに書くという不思議なシャーペン「オレンズ」を使ってみたのでその感想書きます。

でんわ

【楽天でんわ】使い方によっては通話料が割高になる

通話料が半額になるとうたっている楽天でんわ。 専用アプリのアイコンデザインの評判がイマイチのようですが、その内容は「使える」と評判のようです。 でも「通話料が半額」ってホントかな?

フィルタリング

【子供のスマホ】これは必須!フィルタリングの設定

子供にはじめてスマホを持たせるとき、有害なサイトを見ないか心配ですよね。そんな有害なサイトを見せないようにする機能がフィルタリングです。 フィルタリングとは大人向けのコンテンツに使われるキーワードを含 …

tethering20140330

格安SIMでテザリング!ノートPCやWiFiゲーム機を外でネット接続しよう!

格安SIMを手に入れたら覚えておくと便利なのが「テザリング」です。 テザリングを覚えると、ノートパソコンやWi-Fi対応のゲーム機(ニンテンドウ3DSやPSPなど)が、外出先どこでもネット接続できるよ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。