ライフスタイル

子供と守り続けているひとつの約束

投稿日:2015年1月13日 更新日:

photo credit: elviskennedy via photopin cc

私には高校一年生の息子がいます。彼が小学三年生のときに、ひとつの約束を交わしました。私と息子の間にある約束事はこのひとつだけです。いまも続いています。

たったひとつの約束

たったひとつの約束。

それは、

顔を見てあいさつすること

これだけです。たったこれだけ。

外出するとき、帰宅したとき、息子は必ず顔を見ながらあいさつをします。

「いってきます」
「いってらっしゃい」
「ただいま」
「おかえりなさい」

私も必ず顔を見ながらあいさつをします。

子供の顔、見てますか?

子供が小さい頃はいろいろな世話をします。

ご飯を食べさせたり、服を着せたり。

四六時中、子供の顔を見ます。

ご飯を食べたり、服を着たり、子供が自分でできるようになると、顔を見るきっかけが減ります。どんどん減ります。会話でも顔を見なくなったりします。

気がつくと、子供の顔をよく見ると、いつの間にか変わっています。毎日の微妙な変化には気づきません。でも一年前の写真と見比べると明らかに変わっています。子供の成長はとても早いです。

自分の子供なのに「うちの子こんな顔してたっけ?」なんて思うこともあります。毎日毎日、親が知らない顔に変化しているのです。うっかりしてるとそんな驚きがあっても不思議ではありません。

でも、それってどうなの?

なんか寂しくないですか?

毎日顔を見てあいさつする理由

息子と約束を交わした時に言いました。

「家を出て、もしも事故にでもあって死んでしまったら、毎日顔を見ていなかったら、思い出せるのは数日前の顔かもしれない。それって寂しくないか?」

息子はうなずきました。

いまは、あいさつする時にお互いの顔をしっかり見ます。息子はテレビを見ていてもゲームをしていても、必ず顔をあげてこちらを見ます。

たったひとつの約束が守られていることで、お互いの信頼が繋がっている感覚があります。

さいごに

息子とあいさつをする瞬間、幸せを感じます。

だから私は毎日幸せです。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

【入園準備】文具や服に名前を簡単に付ける方法

幼稚園や保育園の入園準備はいろいろと大変ですよね。 特に初めてのお子さんの場合は買いそろえなければいけないモノもたくさんありますよね。 そんな大変な入園準備のなかでも特に大変なのが持ち物に名前を入れる …

【洗濯層の汚れ3】洗濯槽クリーナーは効果なし?

最近では洗濯槽の汚れを落とす専用の洗濯槽クリーナーが販売されていますね。洗濯槽○○キラーみたいな商品名です。洗濯槽クリーナーを使うと汚れ(ピロピロわかめ)がたくさん浮き出てきます。でも、その浮き出た汚 …

プール

後悔しない子どもの浮き輪の選び方

子供が小学生のころ、初めてプールに行った日に浮き輪を買いました。子供が欲しがってしかたなかったので”その形”の浮き輪を買いました。いや、正確には”輪”じ …

バイクの押しがけのコツ

古いバイクに乗っているとエンジンがかからないことがよくあります。こんな時は押しがけをします。私はあまりバイクに乗らないのでバッテリーが充電されません。なのでセルが回りません。毎回、押しがけでエンジンに …

仕事中にノンアルコール飲料を飲んではいけないと思う理由

多様な人が集まる会社では秩序を維持するために個人の主義を抑制しなければいけないケースがあります。 ルールに違反してないからと言って、みんなが自分勝手に活動していたら組織としてまとまりません。