写真

子供に与える怖い写真の影響力

投稿日:2015年2月6日 更新日:

小学生に殺人の現場写真を見せる教師がいたそうです。写真はさまざまな感動を与えてくれる素晴らしいツールですが使い方を誤ると人生をも狂わせてしまう危険なものです。Twitterで面白半分にコラボとかやってる人は面白さのインパクトはわかっていても恐怖のインパクトはわかっていなさそうで怖いです。

写真の影響力

たかが写真です。映像です。実物ではありません。でも写真の影響力はとても大きいです。同じ写真でも見る人によって受けとるインパクトは全く違います。それは見る人の経験や知識、想像力によって変わります。あなたと同じ感覚の人はいません。画像データとしは同一の情報であっても、その写真から受ける影響は人によって違うわけです。

遺体の写真を見た人が受けるインパクトも同じです。それを見た人が持つ知識や経験、想像力によって精神的なダメージがとても大きなものになることがあります。2、3日ご飯が食べられないなんて程度では済まないかもしれません。一生引きずるトラウマとなって生涯に影響を与えるかもしれません。

写真は想像力を超えた情報を与える

写真などの映像を記録する装置が無ければ、人が視覚から得る情報はリアルに目の前に存在する世界のみになります。実体験から得る映像は、その意味が理解しやすい状況にあります。目の前に遺体があったとしても、なぜ遺体があるのかわかります。突然目の前に遺体が出現することなどないですから。お葬式に行ったとか、臨終に立ち会ったとか、状況から目の前の出来事が理解できれば頭は混乱しません。

写真は突然、人に状況を見せつけます。写真に描かれている状況が見慣れないものの場合、頭の理解が及ばないとパニックになります。このパニックの起点は人によって異なります。これを理解してない人が衝撃的な写真を扱った場合、写真を見せられた人が気絶したなんてトラブルがおこるわけです。裁判員が現場写真を見て気分を悪くした件もありますね。

非現実なら消化できる

想像力を超える映像でも、それが作り物つまり非現実のものとわかっていればインパクトは少なくてすみます。映画で宇宙人やゾンビが出てきても「あれは作り物」という意識が働くおかげてトラウマにはなりません。そうでなければ「進撃の巨人」なんて怖くて見れません。

目の前に本物の宇宙人やゾンビが現れたらどうでしょう。こちらに危害を加えなくてもそれが「現実」というだけで恐怖感が一気に高まります。問題は現実か非現実かで大きく変わります。現実として捉えるかどうかの違いといってもいいでしょう。

東日本大震災の写真を見て受けるインパクトも人によってまったく違うでしょう。現場から遠い地域の人にとっては非現実な感覚が働くため映像を直視できます。公で見られる映像は現実の残酷な場面は取り除かれているからなおさらです。それが現実と知っている現場にいた人はどうでしょうか。直視できない人もいると思います。

子供が見せられた写真は現実か?

小学生が殺害現場の写真を現実の出来事として受け止めてしまった場合のインパクトはどうでしょう。中には現実の出来事として捉えられずに受け流す子供もいるかもしれません。でもこんなひどい事をする人間がいる現実を受け入れてしまったら…

子供の脳で社会情勢を鑑みた判断なんてできないでしょう。恐怖が先走って人間不信になってもおかしくありません。

もしも子供がニュースや親の話から、これが現実の出来事として強い心象を植え付けられていたら写真のインパクトは大きかったでしょうね。一生消えない傷を負ってないことを祈ります。

さいごに

写真から受ける影響はとても大きいです。残酷な写真の取り扱いには注意してほしいものです。

私は仕事として見ざるをえない立場にいたのでたいていの写真は大丈夫ですが、それでも考えてしまうことがありました。ほんと「進撃の巨人」じゃないけど世界は残酷ですよ。

興味本位で見るものじゃありません。まして子供に見せて良いものでもありません。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

RAW現像や画像補正における「正しい色」と「良い色」

デジタルカメラでRAW現像や画像補正を楽しむ人が増えていますね。 フィルムの時代は色はラボまかせでした。私はまかされる立場でした。 ブログなどで現像や補正のテクニックを紹介している記事を読むと「ムフフ …

桜

【2016年に撮った桜です】今年は雨と風に泣かされました…

2016年に撮った桜を紹介します。桜の名所ではなく、いつもよく行く近所の公園で撮ったものです。今年は桜が満開になるタイミングで雨と風が続き、思うような撮影ができませんでした。 使用したカメラは OLY …

公序良俗に違反した写真?いやいや問題はその「行為」かもしれません

一般のお客様向けの写真屋で度々話題になるのが公序良俗に反する写真の取り扱いです。公序良俗の考え方はお店によってバラバラだったりします。 公序良俗に反する写真はプリントしないのが原則ですが、実際には写真 …

証明写真のお客様が笑えるほど難しい容姿で挑戦してきた

私は10年以上写真屋さんでお仕事をしていました。 今回はその写真屋さん時代に経験した最高に難しい証明写真のおはなしです。

OLYMPUS OM-D E-M10

毎日持ち歩ける小さなミラーレス一眼カメラ OLYMPUS OM-D E-M10 を買った感想

欲しい欲しいと思いながらなかなか手が出せなかったカメラを買いました。いざ買うぞ!と決めても目移りしちゃうんですよね… 色々調べて店頭で触りまくって決めたのは『 OLYMPUS OM-D E-M10 』 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。