読書感想

まんがでわかる7つの習慣がついに完結!なんと第8の習慣までカバーしてます

投稿日:2015年2月8日 更新日:

自己啓発書のベストセラー「7つの習慣」定期的に読んでいます。大事なことでも習慣化するのは難しいので定期的に読み返しています。しかし活字を繰り返し読むのは時間がかかります。何度も読んだ本なので思い出すきっかけは簡単な気づきでもいいです。そんな読み返しにもってこいなのが「まんがでわかる7つの習慣」です。このリーズがついに完結しました。

7つの習慣とは

7つの習慣」はスティーブン・R・コヴィー氏が書いた自己啓発書のベストセラーです。世界で3000万部売れてます。どんだけ!って感じですね。

ジャンルはビジネス書に分類されますが、その内容はビジネスに限らず人生を豊かにするヒントを与えてくれる哲学書でもあります。

Wikiにもこんな記述があります。

また、以下の雑誌社が特集等で紹介している。

フォーブス – 「もっとも影響を与えたマネジメント部門の書籍」のトップ10。(2002年)
チーフ・エグゼクティブ・マガジン – 「20世紀にもっとも影響を与えた2大ビジネス書」のひとつ。[要出典]
プレジデント – 「どの本&著者が一番役立つか」という特集の1位。(2008年)
ダイヤモンド – 特集として30ページにわたり7つの習慣を紹介する。(2010年)
タイム – 「The 25 Most Influential Business Management Books(25の最も影響を与えたビジネス書)」のひとつ。(2011年)

Wikipedia 7つの習慣 より

息子のショーン・コヴィーが「7つの習慣 ティーンズ」 でも書いていますが、「7つの習慣」は内容がやや小難しい。この小難しい本の大事なエッセンスを残しつつ簡潔にわかりやすくしたのが「まんがでわかる7つの習慣」シリーズです。

まんがにしたことでサクッと読めます。大事なことは解説ページでちゃんとフォローされてます。

活字を読んだあとの読み返しとしても使えます。

まんがでわかる7つの習慣の内容

manga_7habit_00

まんがでわかる7つの習慣の全巻の帯を紹介しますね。

【1巻】第1の習慣〜第7の習慣
manga_7habit_01

【2巻】第1の習慣〜第2の習慣
manga_7habit_02

【3巻】第3の習慣〜第5の習慣
manga_7habit_03

【4巻】第6の習慣〜第8の習慣
manga_7habit_04

1巻目は7つの習慣の全体を通した内容になっています。2巻目以降は各習慣の内容を掘り下げた内容です。

最終巻の第4巻では「第8の習慣」にも触れています。これはお得です。第8の習慣ではリーダーに必要な考え方を教えてくれます。部下を持った人は必見の内容です。

まんがを読んで実践しよう!

「人生を豊かにする」なんていうと宗教じみているのでは?と敬遠されそうですが、そんなことはまったくありません。また、読んでも「なるほど」と納得できるものではないかもしれません。そんなうまくいくわけないじゃん!って思うかも。なぜなら本書に書かれている内容は「習慣」にしてはじめて実感できることだからです。

習慣までいかなくても、少なくとも実践しなければ得るものはありません。私は実感しました。効果がありました。世界中の多くの人に読まれ高い評価を得ている本です。一読する価値はあると思います。

7つの習慣はすべて読まなくても大丈夫。第1の習慣にある「主体的である」だけでも大きな効果が期待できます。てか、これが一番大事なことです。ここだけでも読んでみて実践してみてほしいです。きっと何かが変わると思いますよ。

さいごに

まんがでわかるシリーズっていろいろでてますね。アドラーとか竿だけ屋とか。活字が苦手な人には読みやすくていいですね。まんがでザックリとエッセンスを学んでから書籍を読むと理解が深まりやすいです。

関連記事
「まんがでわかる7つの習慣」を読んでみた

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-読書感想

執筆者:

関連記事

シュナの旅

好きな本ほど手元から消えて行きます

好きな本が手元にありません。買ったんだけど持ってない。何回も買っては消えて行きます。 そんな本がいくつかあります。

村山早紀さんの「ルリユール」を読みました

以前、作者の村山早紀さんからオススメいただいたので「ルリユール」を読ませていただきました。ルリユールとは…という大事な説明は置いといて、村山早紀さんの新書「コンビニたそがれ堂セレクション」はポプラ社よ …

nitijou_iraira

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則を読んでみた

私は普段あまり怒らない呑気な人間ですが、それでも時折イライラしてしまうことがあります。イライラは良くないなぁと思い、いろいろな本を読んで勉強しています。 先日「日常の小さなイライラから解放される「箱」 …

「涙の数だけ大きくなれる!」は3回読んでもまだ泣ける

書籍界の泣きの小金治とも呼べるこの本は、とにかく泣かせてくれます。大のオトナをここまで泣かせるかと。 何言ってるのかわかりませんよね。すみません。ではこの本の中身が少しわかる紹介からどうぞ。

村山早紀さんの「花咲家の人々」「花咲家の休日」を読みました

最近はすっかり文庫本を読まなくなったケンち(@ soredou_kenchi )です。久しぶりに文庫本を読みましたのでその感想など書きます。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。