使ってみた

【芯を出さないで書く】不思議なシャーペン「オレンズ」を使ってみた感想

投稿日:2015年2月10日 更新日:

orenz

ぺんてるから発売されている芯を出さずに書くという不思議なシャーペン「オレンズ」を使ってみたのでその感想書きます。

芯を出さないのに書けるってどゆこと?

ぺんてる「オレンズ」は名前から察するとおり芯が折れないタイプのシャーペンです。芯が折れないシャーペンは以前にもゼブラの「デルガード」を購入しました。デルガードもなかなか良く出来ています。今まで芯が折れたことはありません。

芯が折れないシャーペンを買ってみたらホントに折れなかったですよ

今回のオレンズで興味を引いたのは芯を出さないで書く仕組みです。パッケージを見るとしつこいくらい「芯を出さないで」と書かれています。どうやら芯を出しちゃいけないみたいです。
orenz_01

でも芯を出さずに書くって不思議ですよね?

オレンズの芯を出さない仕組み

オレンズは一回のノックだけで字が書けます。一回です。一回。

一回ノックした先端を見ると金属の棒が結構な長さでニョキッと出ています。
orenz_03

この棒というかパイプは自由にスライドします。指先で動かしてみると奥に引っ込んで中の芯が見えます。
orenz_04

折れない仕組みはこう。
prod_feature_orenz1
ぺんてる商品紹介「オレンズ」よりお借りしました

動画もあります。

金属のパイプで芯を保護しているんですね。芯を出さないというより、芯が見えないと言ったほうが正しいかもしれません。

0.3㎜芯でも折れないシャーペン

orenz_05

芯が折れないという点ではゼブラのデルガードと大差はないと思います。どちらも普通に使っている分には芯は折れません。

大きな差があるのは芯の太さです。

デルガードは0.5mmのみですが、
オレンズには0.3㎜と0.2㎜があります。

追記:デルガードは0.3mmも発売されました

パイプで保護する構造の利点ですね。0.2mmは細すぎて使うシーンが限られそうです。

持ちやすさはデルガードが上だと感じています。比べるとオレンズは細い。でもこれは手の大きさによって変わるので試してみないとわかりません。

こんな使い方に適しています

0.3mmで使いやすいと感じたのはグラフや図形を描くときです。打ち合わせなどでは手描きでグラフや図を描くことがありますが、0.5㎜だと太くて書きにくいんですよね。折れない0.3mmは細かい図形でもストレス無く書けてなかなかいい感じです。

図形をメモすることが多い設計や開発の打ち合わせで重宝すると思います。

さいごに

今までは「デルガード」を愛用していましたが、しばらく「オレンズ」に浮気してみます。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-使ってみた

執筆者:

関連記事

ブログのアイコンを「ちびっとジェネレータ」で作ってみた

ブログのサイドバーにプロフィール欄を作ってイラストを置きました。 他の人のブログを見ていて感じることですが、プロフィール欄に書いている人のイメージ画像がある方が親近感を感じますよね。

iPhone、iPad、Androidスマホやタブレットでイラストが描けるペンを試してみた

私はAndroidタブレット(Nexus7)を使ってるのですが、たまにこれでイラストを描いてみたいと思うことがあります。 パソコンで使うペンタブのような本格的な道具ではなく、日頃使っているAndroi …

芯が折れないシャーペンを買ってみたらホントに折れなかったですよ

私の職場ではシャーペンをよく使いますが、パートさんたちが「芯が折れて使いづらい」と言い出しました。最近100均で買ったシャーペンがどうも良くないらしい。仕事の効率と私の精神衛生上の理由からシャーペンを …

かどまるPRO

名刺やパウチの角を丸くカットできる「かどまるPRO」を買ってみた

「かどまる」って知ってますか?テープや紙の角を丸くするアレですよアレ。テプラで使ったことがある人もいるのでは?楽しくて常にかどまるにしてしまう人、いませんか? そんな楽しい「かどまる」の専用機が、サン …

スマホやタブレットをカーナビにする方法

スマホやタブレットがカーナビになるって知ってました? 無料で使えるGoogleマップはカーナビとしても使えます。反応も早いし、音声案内もあります。目的地までの所要時間の表示や有料道路の選択もできます。 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。