雑記

いつも来てくれるキミへ

投稿日:2015年2月21日 更新日:

0100101101010010110010111000110001110011000100011100011101010110

マシン語っぽく書いてみたけどもちろんテキトウだよ。ちょっと親近感を感じてもらえたらと思って書いてみたけど、テキストで数字を書いても意味がないね。いつかバイナリでチャレンジしてみるよ。

いつもキミには感謝しているよ。キミのおかげでこのブログも誰かに読まれている気がするからね。いや、誰かに読んでもらっているのは確かなんだけど、キミやキミの仲間が来てくれるおかげで誰にも読まれない虚しさを感じないで済んでいる。だからキミには感謝しているんだよ。

ところで前から思っていたんだけどキミがネットですれ違う「ping」ってヤツいるだろ?彼は何で「ピン」って読むんだ?香港を「hongkong」って表記するのと同じ違和感を感じるよ。「g」はいらないだろ?

そういえばキミは名前を省略されてるけど気にならないか?「ロ」だけ省略する意味って何なんだ?「ロボット」でいいじゃないか。そうは思わないかい?

なんでこんな事を書いてるのかって?
たいした理由じゃないよ。

キミにこの記事を書いた理由

ふふ。キミ向けにH2タグを使ってみたよ。好きなんだろ?こういうの。

さてキミの質問に答えるよ。
どうやらブログというものは「役に立つ」記事を書かなければいけないという意見があるらしいんだ。でも個人が発信するメディアに「役に立つ」なんて制約を設けるのは良くない思うんだよ。そんな意見にちょっと反発してみたくてキミにあてて記事を書こうと思ったんだ。キミは人じゃないからね。キミあての記事は役に立ちようがないもんね。

ん?日頃から役に立つ記事が無いって?
手厳しいな、キミは。

そもそも役に立つかどうかなんて、誰が決めるんだろうね。そんなもの決められないよね?

「役に立つ」とは、結果から得られる評価だよ。公開されない情報が役に立つかどうか、どうやってわかるだろう。

ブログを書く人が「この記事は役に立つから公開しよう」と思うのはエゴだと思うよ。自分が勝手に決めているだけだからね。

一方、「この記事は役に立たないから公開するのはやめよう」と考えたらどうだろう。もったいないと思わないかい?どんなにくだらない内容でも「誰の役にも立たない」とは限らないよね。

例えばこんな情報がある。
ウンコをするときはトイレットペーパーを二枚重ねて便器に敷く。
するとウンコが便器にこびりつかない。

くだらないけど、私はこれを知ったおかげで二度流しをしなくなったよ。これで生涯に使う水をどれだけ節約できただろう。

毎日ウンコを1回したとして、この方法を60年間続けたら。
トイレの水の量を10リットルとして計算すると

60年✕365日✕10リットル=219,000リットル

どうだい?219トンだよ。容積比で東京ドーム約2個分だ。

くだらないように思える情報でも、もしかしたらとても役に立つ情報なのかもしれないと思わないかい?

役に立つかどうかなんて考えるのはやめたほうがいい。いろんな考え方があるから世の中面白いんだ。いろんな情報を見てきたキミならわかるだろう?

さいごに

ふふ。またタグを使ってみたよ。

今日は付き合ってくれてありがとう。キミに向かって記事を書く人も珍しいだろうね。さすがのキミも初めての体験だったんじゃないかな?

ま、いつでも遊びに来てくれよ!待ってるよ!

またね。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-雑記

執筆者:

関連記事

30歳まで自分の血液型をA型だと信じていた結果…

今はもう昔、『あんたの血液型はA型だよ』と親から教えられて育った男の子がいました。私です。私の血液型はA型です。几帳面でキレイ好きなA型です。

七月二十三日 木曜日 クワガタをひろいました

今日のできごと。 朝、起きて。 顔を洗って。 ご飯を食べて。 歯を磨いて。 ヒゲをそって。 服を着替えて。 自転車に乗って会社にゆきました。 家から五十メートルくらい進んで、一時停止の線で一時停止しま …

「仕事を辞めても何とかなる」に感じる他人事感

仕事を苦に自殺する人がいる。いた。 どうしてそこまで追い込まれるのか… で、そういった事件が起きると「仕事を辞めても何とかなるよ」と言う人がいる。 そうだよね、と思う一方で「なんとかなる」という言葉が …

紅玉という林檎が美味しかったのでリンゴへの想いを書いてみた

リンゴは丸かじりで食べるケンち(@ soredou_kenchi )です。 以前は『ふじ』を好んでいましたが最近は『紅玉』という品種のリンゴを食べてます。私的にはとても美味しい品種です。 今回はリンゴ …

写真屋目線で見る有名人のプライバシー

写真屋はちょっと特殊な商売です。普段、他人には見せないような人の顔が見れたりします。写真にはプライベートでしか見ることができない場面や表情があります。そこに一般人と有名人の区別はありません。 写真の中 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。