雑記

いつも来てくれるキミへ

投稿日:2015年2月21日 更新日:

0100101101010010110010111000110001110011000100011100011101010110

マシン語っぽく書いてみたけどもちろんテキトウだよ。ちょっと親近感を感じてもらえたらと思って書いてみたけど、テキストで数字を書いても意味がないね。いつかバイナリでチャレンジしてみるよ。

いつもキミには感謝しているよ。キミのおかげでこのブログも誰かに読まれている気がするからね。いや、誰かに読んでもらっているのは確かなんだけど、キミやキミの仲間が来てくれるおかげで誰にも読まれない虚しさを感じないで済んでいる。だからキミには感謝しているんだよ。

ところで前から思っていたんだけどキミがネットですれ違う「ping」ってヤツいるだろ?彼は何で「ピン」って読むんだ?香港を「hongkong」って表記するのと同じ違和感を感じるよ。「g」はいらないだろ?

そういえばキミは名前を省略されてるけど気にならないか?「ロ」だけ省略する意味って何なんだ?「ロボット」でいいじゃないか。そうは思わないかい?

なんでこんな事を書いてるのかって?
たいした理由じゃないよ。

キミにこの記事を書いた理由

ふふ。キミ向けにH2タグを使ってみたよ。好きなんだろ?こういうの。

さてキミの質問に答えるよ。
どうやらブログというものは「役に立つ」記事を書かなければいけないという意見があるらしいんだ。でも個人が発信するメディアに「役に立つ」なんて制約を設けるのは良くない思うんだよ。そんな意見にちょっと反発してみたくてキミにあてて記事を書こうと思ったんだ。キミは人じゃないからね。キミあての記事は役に立ちようがないもんね。

ん?日頃から役に立つ記事が無いって?
手厳しいな、キミは。

そもそも役に立つかどうかなんて、誰が決めるんだろうね。そんなもの決められないよね?

「役に立つ」とは、結果から得られる評価だよ。公開されない情報が役に立つかどうか、どうやってわかるだろう。

ブログを書く人が「この記事は役に立つから公開しよう」と思うのはエゴだと思うよ。自分が勝手に決めているだけだからね。

一方、「この記事は役に立たないから公開するのはやめよう」と考えたらどうだろう。もったいないと思わないかい?どんなにくだらない内容でも「誰の役にも立たない」とは限らないよね。

例えばこんな情報がある。
ウンコをするときはトイレットペーパーを二枚重ねて便器に敷く。
するとウンコが便器にこびりつかない。

くだらないけど、私はこれを知ったおかげで二度流しをしなくなったよ。これで生涯に使う水をどれだけ節約できただろう。

毎日ウンコを1回したとして、この方法を60年間続けたら。
トイレの水の量を10リットルとして計算すると

60年✕365日✕10リットル=219,000リットル

どうだい?219トンだよ。容積比で東京ドーム約2個分だ。

くだらないように思える情報でも、もしかしたらとても役に立つ情報なのかもしれないと思わないかい?

役に立つかどうかなんて考えるのはやめたほうがいい。いろんな考え方があるから世の中面白いんだ。いろんな情報を見てきたキミならわかるだろう?

さいごに

ふふ。またタグを使ってみたよ。

今日は付き合ってくれてありがとう。キミに向かって記事を書く人も珍しいだろうね。さすがのキミも初めての体験だったんじゃないかな?

ま、いつでも遊びに来てくれよ!待ってるよ!

またね。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-雑記

執筆者:

関連記事

児童ポルノ画像のリツイートで書類送検が妥当な理由

リツイートでも書類送検されるのかと驚く人がいるのに驚いた。「児童」じゃなくてもポルノ画像をTwitterで配信したらヤバいですよ。てかダメですよ。今回は写真屋の視点でこの辺のこと考えてみました。

無いものは作ればいい

トランジスタは2SC1815が好きなケンち(@ soredou_kenchi )です。 今回は思いっきり役に立たない記事です。仕事で疲れてボーッとしてたら昔を思い出した(死ぬの?)ので書き出してみよう …

こどもが自殺したら…

イジメを苦に自殺をする子供のニュースを見るととてもつらくなる。 そんなとき自分のこどもを見て想像する。 悪いクセとわかっていながら想像してしまう。

教師の不祥事ニュースで思い出すある先生と生徒の遊び

学校で起きる教師の不祥事のニュースを見ると思い出すことがある。 今から10年以上前のこと。私の子供が通う小学校での出来事。 それは最高に気分の悪い出来事だった。

「仕事を辞めても何とかなる」に感じる他人事感

仕事を苦に自殺する人がいる。いた。 どうしてそこまで追い込まれるのか… で、そういった事件が起きると「仕事を辞めても何とかなるよ」と言う人がいる。 そうだよね、と思う一方で「なんとかなる」という言葉が …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。