読書感想

村山早紀さんの「ルリユール」を読みました

投稿日:2015年3月5日 更新日:

以前、作者の村山早紀さんからオススメいただいたので「ルリユール」を読ませていただきました。ルリユールとは…という大事な説明は置いといて、村山早紀さんの新書「コンビニたそがれ堂セレクション」はポプラ社より刊行です。と、サラリと宣伝してみます。

ルリユールという職業

私は一度読んだビジネス書は自炊(スキャニングしてPDFファイルにしてパソコンやタブレットで読めるようにしておきながら二度と読まないモノを生産する作業)するので本を分解したりします。

自炊のためバラバラに分解された本を元に戻そうと思ったことがあります。自炊したのはいいんだけど、紙の本も取っておきたくて…

やっぱり本は紙がイイです。

でもバラバラに分解された本を元に戻すのにはそれなりの知識と技術が必要です。本の構造は思いの外複雑ですからね。自炊でなくとも古くなった本、傷んだ本はページが外れてしまったり、傷ついたりします。そんな本を修復したり、キレイに装丁し直したりする仕事、それがルリユールです。

紙の本の良さを再認識

情報を得ることが目的ならKindleでも良いのですが、物語なら紙のページをめくって読みたいです。本の厚み、重さを感じたいです。そこに物語が詰まっていることを物理的なサイズと重量から感じる感覚は、紙の本ならではの感慨を生み出してくれます。

タブレットで本を読むのは便利なのですが、どんな本でも同じ筐体というのはどうなんでしょう?便利さと引き換えに何か失っているモノがある気がします。

「ルリユール」という物語を読んで、紙の本に対する意識が少し変わりました。昔は本が貴重なものであったため、買い換えるのではなく修復したりキレイに装丁したりする文化が生まれたのでしょう。しかし時代が変わっても、本は「読めれば良い」というものばかりではないと思います。本棚に置かれた本は部屋の装飾の一部になります。これがタブレット1台に置き換わってしまったら、なんとも味気ないです。

不思議なデバイス

紙の本の良さを再認識させてくれた本書に、面白いアイテムが登場します。それは「enchantMOON」です。「enchantMOON」は手書きに特化した日本製の独自OSで動くデジタルデバイスです。

これ↓
enchantMOON S-Ⅱ 16GB

なんだか不思議です。本書はファンタジーなんです。喋る猫(のようなモノ)や魔女が出てくるんです。竜や魔神が出てくるんです。そんなファンタジー世界で「enchantMOON」を手にした主人公が魔神と対面する。このシーンにどんな意味があるのか?ガジェット好きでなければ知ることもないような趣味的なデバイスと魔神。不思議です。ファンタジーです。あ、ファンタジーだ。なるほど、これもファンタジー。(ガジェット好きな作者の趣味のような気がしないでもないですが…)

疲れたときにはファンタジー

村山早紀さんの作品は、語り口調がとてもやさしいです。読者を悩ませたり責めたりすることはありません。リアルのストレスに疲れたら、紅茶でも飲みながらファンタジーの世界に現実逃避してみるのもいいものです。

といいつつ、本書ではリアルの重いストーリーも織り交ぜています。終始ファンタジーという話ではありません。現実の重たい問題をファンタジーと上手く絡ませる話の運び方が絶妙です。

現実の、逃れようのない、自分のチカラでは解決できない難題があるからこそ、ファンタジーの魅力が引き立つのかもしれません。だからこそリアルに疲れた人にはファンタジーをおすすめしたいと思いました。もちろん、疲れてない人にもおすすめです。

村山早紀さんの作品のおもしろさ

先日読ませていただいた「花咲家の人々」と今回の「ルリユール」、物語の舞台はどちらも同じ『風早の街』です。「コンビニたそがれ堂」シリーズも同じ舞台です。他にも『風早の街』が舞台となる物語が多数あります。これ、不思議なおもしろさがあります。

まったく違う物語でも舞台が同じ街なのでその世界に入りやすいです。いま読んでいる本の主人公が歩く道を、違う物語の主人公も歩いているかもしれない。そんな想像をすると、別々の物語が繋がって感じられる不思議な感覚が生まれます。これって何だか楽しいです。自分も風早の街の住民になったような感覚になりす。なので他の作品も読んでみたくなります。

さいごに

紙の本を修理、装飾するルリユールという職業は、私が紙の本に感じる感慨をより深いものにしてくれる素敵なお仕事です。このような職業があることを本書を読むまで知りませんでした。いつか自分のお気に入りの本を自分の手で装丁してみるのも面白いかも、と思いました。

相変わらずストーリーには触れない話になりましたが、とても良い本なので書評はネットを検索するとたくさん出てきます。「ルリユール」はビジネス書ばかり読んでいる大人におすすめしたい本です。

たまにはファンタジー読んでみませんか?

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-読書感想

執筆者:

関連記事

nitijou_iraira

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則を読んでみた

私は普段あまり怒らない呑気な人間ですが、それでも時折イライラしてしまうことがあります。イライラは良くないなぁと思い、いろいろな本を読んで勉強しています。 先日「日常の小さなイライラから解放される「箱」 …

本屋大賞ノミネート『桜風堂ものがたり』はブロガーにも読んで欲しい

「全国書店員が選んだいちばん売りたい本」を選ぶ本屋大賞は、年に1回、書店員が売りたい、つまりみんなに読んでほしいと思う本を選び順位を付けるイベントです。 書店員が売りたい本というところがミソですね。出 …

セブン‐イレブンの「16歳からの経営学」

セブンイレブンはバイトにやらせすぎじゃない?

近所のセブンイレブンに行ったらバイトが商品管理らしきことをやってた。「ああ、これが本に書いてあったやつか」と思いながら最近お気に入りの染みチョコとチーズリング(どっちも100円でうまいのだ)を買って帰 …

心屋仁之助の『心配しすぎなくてもだいじょうぶ』を読んでみた

人間関係で悩んでいる人は多いと思います。というか、悩んでいない人なんていないでしょうね。 私もすこし悩むことがあったので「心屋仁之助の心配しすぎなくてもだいじょうぶ」を読んでみました。

田中圭一の『うつヌケ 〜うつトンネルを抜けた人たち〜』Kindle版を読んだ感想

うつに悩むひとは多いです。自分の問題だけでなく、身近な人もある日突然うつになったりします。 どうしてうつになるんだろう。 うつから抜け出したひとは何をしたんだろう。 そんな疑問に答えてくれるのが『うつ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。