写真

毎日持ち歩ける小さなミラーレス一眼カメラ OLYMPUS OM-D E-M10 を買った感想

投稿日:2015年4月23日 更新日:

OLYMPUS OM-D E-M10

欲しい欲しいと思いながらなかなか手が出せなかったカメラを買いました。いざ買うぞ!と決めても目移りしちゃうんですよね…

色々調べて店頭で触りまくって決めたのは『 OLYMPUS OM-D E-M10 』です。以前はキヤノンの一眼レフカメラを使っていた私がこの機種を選んだ理由とは?

OLYMPUS OM-D E-M10 に決めた理由

今回の機種選びの主なポイントは以下の3つです。

  • 持ち運びがしやすいこと
  • 標準でファインダーが付いてること
  • 操作がしやすいこと

ひとことで言えば『気軽に持ち歩ける一眼レフカメラ』と言った感じです。

『 OLYMPUS OM-D E-M10 』はこの3つを満たしてくれた上に他にも良いところが色々あるカメラでした。

携帯性が良いと毎日持ち歩ける

今回は特に携帯性を重視しました。いつでも気軽に写真が撮りたいので毎日持ち歩ける機種が欲しいなと。大きな一眼レフは持ち歩くのがちょっと億劫に感じていました。かといってコンパクトカメラでは物足りないです。マニュアル撮影が出来る小さな一眼…といえば、やはりミラーレス一眼カメラですね。

ミラーレス一眼カメラの『 OLYMPUS OM-D E-M10 』はとても小さいです。購入してから毎日バッグに入れて持ち歩いてますがまったく邪魔になりません。なんせ上着のポケットに入るサイズですから。これならいつでもどこでも好きな写真が撮れます。

OLYMPUS OM-D E-M10

ファインダー付きは気持ち良い

背面に液晶があればファインダーは不要と思われるかもしれません。しかしファインダーがあると色々便利なんです。

OLYMPUS OM-D E-M10

日差しが強い場所でも見やすい

日差しが強い状況では液晶画面が見にくいですよね。ファインダーがあれば外光の影響をうけることなく映像の確認ができます。適正な露出が確認しやすいので写真の失敗が減ります。

また、撮影時の情報(撮影モード、シャッター速度、絞りなど)もファインダー内のはっきりした映像で確認できます。コンパクトなミラーレス一眼カメラではファインダーが無い機種も多いですが、やっぱりこれは選択ポイントから外せませんでした。

手ブレしにくい

ファインダーが無い機種では背面の液晶モニターで映像を確認しながら撮影しますよね。コンパクトデジタルカメラではよく見る光景ですが、みなさん腕を伸ばして撮影してます。でも腕が伸びるとカメラが安定しないので手ブレが起きやすくなるんです。

一方、ファインダーを覗いて撮影すると腕が伸びません。必然的にカメラをしっかり固定できるので手ブレしにくくなるんです。もちろん『 OLYMPUS OM-D E-M10 』には手ブレ補正機能もあります。ファインダーと手ブレ補正で安心して撮影できるというわけです。

気分が良いw

感覚的な好みの問題ですが、ファインダーを覗きながら撮影するのは気分が良いんです。背面モニター見ながら撮影するよりも『写真撮ってる感』が増します。おそらくファインダーを覗くフォームがプロカメラマンのそれと同じだからでしょう。作品を作っている感覚が高まります。まあ気分なんですけどね。でも写真はノリも重要だったりするので『気分』は大事な要素だと思います。

操作がしやすくストレスフリー

ボタン類のサイズや配置が悪いと撮影時にストレスになります。これでは気軽な撮影が楽しめません。写真が楽しくなってくると必ず使いたくなるのが『絞り』『シャッター速度』『EV補正』です。これらを操作するダイヤル類はファインダーを覗いたままでも操作がしやすい位置に欲しいです。

『 OLYMPUS OM-D E-M10 』はカメラ上部にダイヤルが2つあります。

OLYMPUS OM-D E-M10

ひとつはEV補正。もう一つはシャッター速度優先のときはシャッター速度、絞り優先のときは絞りの切り替えができるダイヤルです。シャッターボタン周りに配置されているのでカメラを構えたままでも操作がしやすいです。ちなみにこのボタンは設定で機能の切り替えができます。

他メーカーでは背面にダイヤルがある機種もありますが、私には無理でした。ダイヤルはつまんで回す方が確実な操作ができます。

ボタン以外でも『 OLYMPUS OM-D E-M10 』で気に入った点が背面の突起です。

この突起のおかげでカメラ本体を親指でしっかり支えられます。おかげでボタン類の操作もしやすいんです。この辺も購入決定のポイントになりました。

デザインが良い

当初の選定条件には無かったのですが、実は一番気に入っているのがデザインです。『 OLYMPUS OM-D E-M10 』を買う直前までは『 Canon EOS M3 』にしようと思っていましたが、デザインで大きな差が出ました。

『 Canon EOS M3 』も良いカメラです。良いカメラですがファインダーを付けたときのデザインがアレです。いかにも後付けなデザインがアレです。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ボディ(ブラック) EVFキット EOSM3BK-BODYEVFK

いや、キヤノン好きですよ。ホントに。

『 OLYMPUS OM-D E-M10 』はフィルムカメラに馴染みがある自分にはグッとくるデザインでした。シンプル過ぎず、ゴテゴテし過ぎずカッコイイ。部屋に置いてあるだけでムフフとなるデザインです。イカしてます。

OLYMPUS OM-D E-M10

カッコイイ!

最後の決め手はコレですw

その他のお気に入りポイント

背面の液晶タッチパネルモニターは可動式。低いアングルでの撮影も楽ちんです。

OLYMPUS OM-D E-M10

フラッシュと三脚の取り付けボルトがレンズのセンターと合っているのも良いです。

OLYMPUS OM-D E-M10

OLYMPUS OM-D E-M10

コンパクトなミラーレス一眼カメラはセンターに合ってない機種があります。特にフラッシュはセンターに合ってないと影が出やすくなります。細かいことですがこんなところも気に入ってます。

動画はもちろんフルハイビジョン。動画撮影中に静止画像の撮影もできます。バルブ撮影で天体写真も撮れます。Wi-Fi対応で撮った写真をその場でスマホに簡単転送。必要な機能は一通りそろっているといえます。

さいごに

今回の『 OLYMPUS OM-D E-M10 』は買って正解でした。気軽に毎日持ち歩ける一眼レフカメラが欲しい人にはおすすめです。

いまは多彩な機能の勉強中です。小さくても機能は充実ですね。正直、オリンパスは候補に無かったのですが知らないメーカーは意外な発見があって面白いです。気に入った写真が撮れたらブログにアップしたいと思います。

コンパクトカメラよりも性能が良いカメラ欲しいな〜
でも大きいのはちょっと邪魔だな〜
と考えてる人は選択候補に入れてみてはいかがですか?

私が購入したのはこちらです↓

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

証明写真のお客様が笑えるほど難しい容姿で挑戦してきた

私は10年以上写真屋さんでお仕事をしていました。 今回はその写真屋さん時代に経験した最高に難しい証明写真のおはなしです。

東村山菖蒲まつり

菖蒲を撮りに東村山市の北山公園菖蒲まつりに行ってきたよ

5月〜6月は菖蒲の季節です。近場で菖蒲の撮影ができる場所を探していたら「菖蒲まつり」をやっている公園を見つけたので行ってきました。 菖蒲がたくさん咲いてて驚きでした。

C-46中型輸送機(天馬)

スマホで出来るモノクロ写真加工術

前回はモノクロの写真をアップしました。今回はモノクロ写真の加工の過程と、なぜモノクロにしたのか(するのか)などを書いてみます。 これからモノクロにチャレンジする人の参考になれば。 関連記事:働くひとた …

写真はピンボケでも良い

写真を始めた頃はピント合わせに時間がかかっていました。 当時はピンボケは失敗だと思い込んでいました。 でもピント合わせに時間をかけ過ぎるのは本末転倒なんですよね。

デジカメの色の再現は難しいなぁと感じた結果

OLYMPUS OM-D E-M10 を使って何枚か写真撮ってみました。そこで痛感したのは色の再現性の難しさです。 なんか違う ような気がする けどこれでいいのかも やっぱりわからん。 などといろいろ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。