写真

デジタル一眼カメラを首から下げて歩いてたらこんな目に合いました

投稿日:2015年5月11日 更新日:

アイカップ落としました。

結論から入ってみましたケンち(@ soredou_kenchi )です。ファインダー付きのカメラを持ち歩くときは注意したほうが良さそうです。



アイカップってなにさ?

アイカップとは、カメラのファインダー(覗き窓ね)に付いている目が当たる部分。(眼球は当たらないけど)

ここのゴムが付いているパーツです。
アイカップ

アイカップは上にスライドさせて取り外すことができます。

なぜ無くしたか?

昨日、カメラを首から下げて公園を歩いていたのですよ。で、気付いたら無くなってたのですよ。引き返したのですよ。下向きながら通ってきた道をてくてくと。

あれかな?

小石か…

おっ!あれか!

やっぱり小石か…

あった!あそこに

小石です。

あ〜小石小石。

バックから出したときは確かにあったのに、ほんの5分10分の間にどこ行っちゃったんだろ…

買って1ヶ月も経ってないのに今はこんな↓状態です。

アイカップ無し

アイカップは取れやすい

機種にもよりますが、アイカップは意外と外れやすいです。何度も付け外ししていると爪がゆるくなって簡単に外れてしまいます。何度も付け外しするものじゃないけど。

特に大きめのアイカップはバッグから出す時に引っかかって外れる事があります。完全に外れてその場で気づけば良いですが、緩んだまま持ち歩くと気付かないうちに取れて行方不明なんてことに。(今回の事案)

カメラをバッグからだしたらアイカップが緩んでないか確認したほうが良さそうですね。

でも安いよ

アイカップは簡易なパーツなのでお値段はお手頃です。私のOLYMPUS OM-D E-M10のアイカップは500円ほど。

私のように歩き回って探すくらいなら買った方が早いかもしれませんね。こんなに安いものとは知りませんでした。

さいごに

デジタル一眼レフカメラを持ち歩くときはアイカップを落とさないように注意しましょう。注意します…トホホ

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真
-

執筆者:

関連記事

同窓会での写真の撮り方【一眼レフカメラ初心者向け】

先日同窓会に行ってきました。写真を撮ってきました。そこで私が気をつけた点など書きます。室内撮影前提です。同窓会の撮影は独特の注意点があります。個人の主観ですけど。 この記事は一眼レフカメラ初心者を対象 …

OLYMPUS OM-D E-M10

毎日持ち歩ける小さなミラーレス一眼カメラ OLYMPUS OM-D E-M10 を買った感想

欲しい欲しいと思いながらなかなか手が出せなかったカメラを買いました。いざ買うぞ!と決めても目移りしちゃうんですよね… 色々調べて店頭で触りまくって決めたのは『 OLYMPUS OM-D E-M10 』 …

写真の構図はファインダーを覗く前に片目を閉じて決める

肉眼で被写体を見て構図を決めても、ファインダーを覗くと、どこかイメージが違う。 そんな経験ありませんか? 私は肉眼で見た被写体をファインダー越しに見ると「あれ?」と違和感を感じることがあります。 この …

東村山菖蒲まつり

菖蒲を撮りに東村山市の北山公園菖蒲まつりに行ってきたよ

5月〜6月は菖蒲の季節です。近場で菖蒲の撮影ができる場所を探していたら「菖蒲まつり」をやっている公園を見つけたので行ってきました。 菖蒲がたくさん咲いてて驚きでした。

子供に与える怖い写真の影響力

小学生に殺人の現場写真を見せる教師がいたそうです。写真はさまざまな感動を与えてくれる素晴らしいツールですが使い方を誤ると人生をも狂わせてしまう危険なものです。Twitterで面白半分にコラボとかやって …