写真

デジタル一眼カメラを首から下げて歩いてたらこんな目に合いました

投稿日:2015年5月11日 更新日:

アイカップ落としました。

結論から入ってみましたケンち(@ soredou_kenchi )です。ファインダー付きのカメラを持ち歩くときは注意したほうが良さそうです。

アイカップってなにさ?

アイカップとは、カメラのファインダー(覗き窓ね)に付いている目が当たる部分。(眼球は当たらないけど)

ここのゴムが付いているパーツです。
アイカップ

アイカップは上にスライドさせて取り外すことができます。

なぜ無くしたか?

昨日、カメラを首から下げて公園を歩いていたのですよ。で、気付いたら無くなってたのですよ。引き返したのですよ。下向きながら通ってきた道をてくてくと。

あれかな?

小石か…

おっ!あれか!

やっぱり小石か…

あった!あそこに

小石です。

あ〜小石小石。

バックから出したときは確かにあったのに、ほんの5分10分の間にどこ行っちゃったんだろ…

買って1ヶ月も経ってないのに今はこんな↓状態です。

アイカップ無し

アイカップは取れやすい

機種にもよりますが、アイカップは意外と外れやすいです。何度も付け外ししていると爪がゆるくなって簡単に外れてしまいます。何度も付け外しするものじゃないけど。

特に大きめのアイカップはバッグから出す時に引っかかって外れる事があります。完全に外れてその場で気づけば良いですが、緩んだまま持ち歩くと気付かないうちに取れて行方不明なんてことに。(今回の事案)

カメラをバッグからだしたらアイカップが緩んでないか確認したほうが良さそうですね。

でも安いよ

アイカップは簡易なパーツなのでお値段はお手頃です。私のOLYMPUS OM-D E-M10のアイカップは500円しません。

私のように歩き回って探すくらいなら買った方が早いかもしれませんね。こんなに安いものとは知りませんでした。

ちなみにこのOLYMPUS OM-D E-M10用のアイカップはE-M5でも使えるようです。Amazonのレビューはこの話ばかりでちょっとビックリ。

さいごに

デジタル一眼レフカメラを持ち歩くときはアイカップを落とさないように注意しましょう。注意します…トホホ

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真
-

執筆者:

関連記事

桜

【2016年に撮った桜です】今年は雨と風に泣かされました…

2016年に撮った桜を紹介します。桜の名所ではなく、いつもよく行く近所の公園で撮ったものです。今年は桜が満開になるタイミングで雨と風が続き、思うような撮影ができませんでした。 使用したカメラは OLY …

証明写真のお客様が笑えるほど難しい容姿で挑戦してきた

私は10年以上写真屋さんでお仕事をしていました。 今回はその写真屋さん時代に経験した最高に難しい証明写真のおはなしです。

アブラゼミ

セミの写真

夏ですね。夏と言えばセミです。ということでセミの写真を何枚かアップします。 昆虫の写真は少しグロテスクに感じるかもしれません。苦手な人は片目の薄目でどうぞ。アップするのは2種類だけなので、いろんなセミ …

子供に与える怖い写真の影響力

小学生に殺人の現場写真を見せる教師がいたそうです。写真はさまざまな感動を与えてくれる素晴らしいツールですが使い方を誤ると人生をも狂わせてしまう危険なものです。Twitterで面白半分にコラボとかやって …

運動会で失敗しない写真の撮り方

運動会は子供の成長と活躍を間近で撮影できる絶好の機会です。できれば綺麗に撮影して良い思い出を残したいですね。今回は元写真屋の私が実践した運動会の写真の撮り方について書きます。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。