ライフスタイル

【子供のクリスマスプレゼント】タブレットはおもちゃになるか?

投稿日:2013年12月14日 更新日:

クレヨン

いきなりですが、日本経済新聞によると子供へのクリスマスプレゼントの平均予算は 6253円だそうです。
※バンダイによる調査結果です

なんか、ちょうどゲームソフト1本分って感じですね。

調査結果によるとプレゼントの内容は1位がゲームソフトだとか…

いまどきのおもちゃと言えばゲームソフトなんでしょうね。

ちょっと気になるのが2位の知育玩具です。




タブレットはおもちゃになるか?

最近ではタブレットを使った知育も進んでいるようなので、予算がある方はタブレットも選択肢に入っているのではないでしょうか。

でも、子供にタブレットってどうなんでしょう?

この発想にはちょっと疑問を感じます。

たとえば、子供向けのアプリではお絵描きが人気がありますね。タブレットの大きな画面にてうってつけなアプリです。

タブレットで絵を描くのと、本物のクレヨンで絵を描くのと何が違うでしょう?

タブレットでお絵かき

描き直しが何度でもきます。これとても大きな特徴だと思います。

始めは上手に描けなくても、何度でも描き直しができるので絵を描くことが楽しくなるそうです。

失敗が簡単に消せるところがアプリの最大の利点ですね。

本物の紙に描いていたら失敗した絵が残りますよね。

失敗した絵は見るのも捨てるのも、なんか嫌なものです。

さらに、タブレットなら手が汚れませんね。

お片付けも指先ひとつです。まあ、指先しか使わないわけですが…

とても手軽に絵が描けます。

まるで魔法のようです。そう、魔法のよう…

クレヨンでお絵かき

上手に塗らないと色が混ざって汚くなります。

使い終わったら片付けなくてはいけません。

クレヨンは手も汚れますね。

失敗作品はどうしたらいいでしょう…

捨てる?とっておく?悩みますよね。

せっかく描いた絵だし、でも、どう見ても失敗だし…

と悩んでいると子供が顔を触りだしたりして、「あ~!汚れた手で目や口を触らないで~!」とか、よくある光景…

う~ん。本物のクレヨンは手間がかかるし、親としても面倒です。

遊びの中で学ぶことがある

大切なことって、そんな手間や面倒なことの中にあるんじゃないかな?

と思ってしまうわけです。

色の塗り方に失敗しても、それは個性のある作品になります。

世界で唯一、他の子には描けない絵です。

それで良いのではないでしょうか?

私がレゴをおすすめする理由も同じです。

手を動かしながら偶然素敵な組み合わせを発見する喜びは、タブレットのような仕組まれたプログラムからは得難いものがると思います。

大切な事って、そんなアナログの中から学ぶような気がします。

平均予算6253円。

ゲームソフトなら1本で終わる金額ですが、アナログの玩具なら、けっこう良いものが買える金額だと思いました。

さいごに

お絵かきだけでなく、算数も紙に書いて計算したほうが良いと思ってます。

タブレットでは、検算したときに何故間違えたのか感覚的にわかりにくいと思うからです。

紙の筆跡が残す思考の痕跡を無意識に意識することってないですか?

検算で計算間違えを見つけたときは消しませんよね?別に計算をし直します。

なぜ計算ミスをしたのか検証するために間違いを残すわけです。

「簡単に消せる」って、便利なようで実は人をダメにしてしまう危険な魔法のような気がします…

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

副業する人に残業代が払われない理由

働き方の多様化が進んでいるようですね。 副業を容認する会社も出てきています。副業は法律で禁止されていることではないから、副業を容認する会社が評価されるのもへんな感じですけど。 副業が認められることを手 …

medium_453957521

ネットなんていらない?

会社の人で自宅のPCをネットに繋いでない人います。仮にも(仮じゃないけど)IT系の会社に勤めていながらネットは会社でしか利用しないなんて私には考えられませんでした。でも考えかた次第ではこれも正解なのか …

中年おじさんの私がウエスト70cm以下を維持しているダイエット方法

こんにちは、40代の中年おじさんです。私は昼食をとりません。間食はしません。おやつも食べません。夜は食べたあと、すぐ寝ることは避けてます。食後から就寝まで3時間以上は時間を開けます。 それでも太るんで …

会話が苦手な大人のための床屋の選び方

他人と話をするのが苦手な人にとって、床屋さんは結構な難所ですよね。 できるだけストレスを感じないために必要な予備知識を書いたので読んでみてほしいです。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。