雑記

紅玉という林檎が美味しかったのでリンゴへの想いを書いてみた

投稿日:2015年11月13日 更新日:

リンゴは丸かじりで食べるケンち(@ soredou_kenchi )です。

以前は『ふじ』を好んでいましたが最近は『紅玉』という品種のリンゴを食べてます。私的にはとても美味しい品種です。

今回はリンゴ好きの思いつき記事です。

レシピなどはありませんのであしからず。

紅玉(こうぎょく)とは

紅玉

紅玉は酸味が強く歯ごたえが良いリンゴです。

ジャムなどの加工用にもよく使われるそうな。

甘みよりも酸味が引き立つタイプなので子供には向かないと思います。蜜入り(うへぇ…)が好きな人にはムリでしょう。

私は蜜入りがダメなんです。あの嘘っぽい甘みが苦手。

その点、紅玉はスッキリした甘味が良いです。

特に疲れたときには最適ですね。

リンゴは丸かじり

私はリンゴを丸かじりします。

皮は剥きません。

栄養がどうとかじゃなくて。

あの歯ごたえも楽しみたいからです。

紅玉はふじよりも小ぶりなので、丸かじりで食べるのにもちょうどいいサイズですね。

皮のパリッとした歯ごたえも良いです。

ちなみにリンゴを丸かじりしても歯茎から血はでません。

歯槽膿漏になったら丸かじりはやめます。

リンゴは丸かじり

リンゴの思い出

子供の頃からリンゴは丸かじりしてました。

父の実家がリンゴを生産していたので毎年箱でいただいてました。品種はふじ。子供にはちょうど良かった。

小学生の頃は学校から帰宅すると、箱の中のおがくずからリンゴを掘り出して丸ごと食べるのが好きでした。

リンゴがおやつだったんです。

そうそう、昔のリンゴはおがくずを緩衝材にして箱詰めされてたんですよ。

箱を開けてもおがくずしか見えないので、パッと見では何個入っているのかわかりません。

子供にとっては宝探しのような楽しさがありました。

さんざん探して、ひとつも無かったときの悲しさはドラゴンボールの最終回に匹敵します。

ごちそうさまでした

ごちそうさまでした

思いつき記事にお付き合いいただいてありがとうございました。

リンゴを食べただけで何か記事が書けるかな。というチャレンジでした。

紅玉をまだ食べたことがない人には是非一度食してみていただきたいです。

甘ったるいリンゴが苦手な人にはおすすめです。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-雑記

執筆者:

関連記事

居酒屋へ行く人に告ぐ!これが近隣住民のホンネだ!

我が家の近所には居酒屋が数件あります。大通りから少し離れた裏通りですが、ぐるなびで良い評価の店があるため飲みに来るお客は多いです。 近隣の住民としては、正直なところ嬉しくないです。 今回はそんな居酒屋 …

父が残したモノに感動と悔しさを感じた話

正月に実家に帰って、久しぶりに母親と話をした。そこで初めて親父が私の友人の家を建てたのだと知って驚いた。いま思えば父はすごい人間だった。たぶん、私なんかじゃ絶対に敵わない人だ。 ※この記事はただの父親 …

パパの洗濯物は汚い?別けて洗ってる家庭は幸せになれないかも

パパの洗濯物を別けて洗ってるご家庭ってありますよね。 これって、パパも納得できる理由があればいいんです。 そうじゃなくて『なんとなく』でパパをぞんざいに扱ってる人っているみたいです。

七月二十三日 木曜日 クワガタをひろいました

今日のできごと。 朝、起きて。 顔を洗って。 ご飯を食べて。 歯を磨いて。 ヒゲをそって。 服を着替えて。 自転車に乗って会社にゆきました。 家から五十メートルくらい進んで、一時停止の線で一時停止しま …

飲み込んではいけない駄菓子 #dagashiblog

子どものころは駄菓子屋に通うのが日課になっていた。 それは今から約40年前のはなし。 その駄菓子屋には飲み込んではいけない駄菓子が売っていた。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。