ライフスタイル

刺青(イレズミ・タトゥ)について思うこと

投稿日:2015年11月26日 更新日:

刺青が気になります。洋画や海外ドラマを見ていると刺青をしているキャラがとても目立つようになりました。もう普通に刺青入れてますよね。

海外ではファッション感覚で刺青を入れているようですが、日本はちょっと事情が違います。

ということで今回は刺青のはなし。

※ファッションで入れる刺青についてのはなしです



「親からもらった大事なカラダ」

刺青に対して「親からもらった大事なカラダ」にキズを付けるなんて、と非難する人がいます。

気持ちはなんとなくわかりますが、刺青のほかにもカラダに加工を施す文化やファッションはたくさんあります。ピアスもそうですね。

目的は違うけど、人工臓器を埋め込んだり、虫歯治療で歯を削るのだって「親からもらった大事なカラダ」に手を入れてることになります。

遠い国では、首を伸ばしたり、唇に板をハメてみたり、いろいろありますね。

「親からもらった大事なカラダ」を美容整形という目的で変えてしまう人もいます。

これ、どこまでなら許せるでしょう。

髪を染める行為も、染色しているという意味では刺青と同じです。「せっかくの黒髪がー」なんて会話もあったりして…

髪は切れば元通りになるので刺青ほどリスクはありませんが、いずれも「親からもらった大事なカラダ」に手を入れています。

どこまでなら許されるのでしょう。その基準ってなんでしょうね。

私にはわかりませんが、突き詰めて考えると輸血を拒否する団体の考えが薄っすら見えてきたりします。

ファッションとしての刺青

刺青を入れる理由はいろいろありますが、最近では日本人でもファッションとして入れる人が増えていますね。

個人的には刺青に良い思い出がないので関心はしません。だからといって刺青を入れてる人を嫌いになることはないし、差別的な扱いをするのは間違いだと思います。

タバコと同じですね。個人の自由だと思います。

ファッションとして入れるのも自由で良いと思います。

それこそピアスと一緒です。

私は気にしません。

かっこいいとは思わないけど。そこは美意識の違いなので、そういうファッションもあるのだね、と受け止めています。

あれです、首を伸ばす部族と同じ感覚です。否定はしないし、そういった文化がある事はおもしろいと思う。でも自分はやろうとは思わない。そんな感じ。

カラダに消えない絵を描くということ

刺青は、今の日本ではあまり良い印象を持たれていません。これは日本独自の事情です。海外ではファッションとして浸透していても、日本は違います。

刺青を怖がる人は多いです。刺青があるだけで無法者と思う人もいます。これは、どんなにファッション性や個人の自由を主張しても揺るがない事実です。

刺青を公衆の面前に晒すことを嫌う人が、いまだに大勢いる以上、温泉やプールが「刺青お断り」とするのは仕方がないことだと思います。

刺青を入れた人が、どんな人かが問題なのではなく、刺青そのものが問題になっています。事実、そういった施設でも、個人利用であれば、刺青を隠せば素性は問われないでしょう。

カラダに消えない絵を描くということは、そういった影響も考えなければいけないということ。

これは、刺青に対する世間の認識が変わらなければ、どうにもなりません。

自分はファッションのつもりでも、周りの目は違う見かたをしているかもしれません。

偏見と世間体

刺青を入れると、周りの人から二種類の『白い目』で見られることがあります。

『刺青』に対する偏見と『刺青を入れた人』に対する偏見です。

刺青に対する偏見は、刺青を隠せばごまかせます。

人に対する偏見は、刺青を隠しても消えません。

どちらも偏見をする方が悪いというのは簡単です。簡単ですが、そう言ってるだけでは何の解決にもなりません。

刺青を入れた人のなかには知人や職場には内緒にする人も多いのではないかと思います。

刺青は、どんな理由、どんなデザインであっても、受け入れてもらえないだろうと考えるからです。

この偏見と世間体は、刺青を入れた人以外にも影響を広めます。

例えば子ども。

子どもの友達や、その家族が刺青に対する理解がない場合、相手が悪いという理論で子どもは納得できるでしょうか。

偏見と世間体は、自分個人だけの問題なら対処はしやすいです。

しかし、家族を巻き込んだ場合、身内にも影響を与えます。

親のファッションのために、子どもの交友関係にヒビが入っても、理解がない相手が悪いと割り切れるでしょうか。

偏見と世間体からの攻撃は、側にいる人も巻き添えにします。

自己主張は良いことですが、同時に協調性も求められるのが社会です。バランスはよく考えないといけません。

刺青の問題でこのバランスをとるのはとても難しいです。周りの人がどう思っているのかわかりませんから。だから内緒にする人がいるのでしょうね。

刺青はいけないのか?

刺青は個人の自由だけでは済まされない事情があります。

世間体なんて気にしない人もいると思いますが、自分が気にしなくても、身近な人は気にするかもしれません。

個人の自由は『許されない状況』が後で生まれることがあります。

恋人や家族が、世間体を気にする人なら無視できない問題です。

だから、入れるのならば覚悟が必要だと思います。

自分の意志だけでは簡単に変えられない状況に、立ち向かうか、受け入れる覚悟。

まあ、その状況にならないとなかなか解らないですよね。

ファッション感覚で入れる刺青は「良い」「悪い」という判定はできません。私には。

みんな好き嫌いはあると思いますが、ピアスが許せるのなら、刺青も個性の主張として許してほしいと思います。

さいごに

私は子供の頃から、父親の腕に描かれた刺青が好きでした。

かっこいいなと言うより、消えない絵がカラダに描けるなんて、おもしろいなぁという感覚でした。

父親は若い頃に友達に誘われて遊び感覚で入れたそうです。

子どもが出来てから「馬鹿なことをした」とずっと後悔してました。

子ども達は誰も嫌がってなかったんですけどね。

何がそう思わせたのでしょう。

そういえば、父親の半袖姿は見たことがありません。

世間体を気にしていたのでしょう。

家族が気にしなくても、本人が気にし出したら苦悩が続きそうです。

難しい問題ですね。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

子供と守り続けているひとつの約束

私には高校一年生の息子がいます。彼が小学三年生のときに、ひとつの約束を交わしました。私と息子の間にある約束事はこのひとつだけです。いまも続いています。

バイクの押しがけのコツ

古いバイクに乗っているとエンジンがかからないことがよくあります。こんな時は押しがけをします。私はあまりバイクに乗らないのでバッテリーが充電されません。なのでセルが回りません。毎回、押しがけでエンジンに …

家の土台のコンクリートにヒビが!と思ったら違った…

こんにちは。家を建てて三年目のケンちです。先日、家の土台のコンクリートにヒビが入っているのを見つけてビックリ!!でも調べてもらったらコンクリートには問題ありませんでした。んじゃこのヒビ何さ?

『サンタクロースの存在を疑わずに永遠に信じられる』私の考え方

クリスマスが近づくと必ず耳にするのが子育て世代からの「サンタクロース」の悩みです。 いつまで信じさせるかどうかという話はよく聞きます。 ということで今回は私が考える「サンタクロースを信じる理由」のはな …

親心

親心はなかなか理解されないものです。 特に他人に向ける親心は。 余計なことを言うなと、怒られてしまったりしますから。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。