ライフスタイル

高齢化の世の中で取り残されるお年寄り

投稿日:2015年12月3日 更新日:

もう誰もが知っていることだけど、日本は子供が少なく、お年寄りが増えていきます。だけど、街を見渡すとそんな雰囲気を感じません。

お年寄りをあまり見かけないんです。確かにいるにはいる。でも人口比率と噛み合わない違和感を感じます。

たくさんいるはずのお年寄りは、どこにいるんだろう。

高齢者の人口比率

今の日本は4人に一人以上が高齢者です。以下は総務省の統計結果より。

65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は3384万人(平成27年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は26.7%となっています。

統計局ホームページ/平成27年/統計トピックスNo.90 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-/1.高齢者の人口

でも、街を見渡しても高齢者はそれほど見かけません。病気などで外出できない人も多いと思いますが、それにしても少なく感じます。

高齢者はどこにいるのでしょう。なぜ街で見かけないのでしょう。

ちょっと疑問に感じます。

お年寄りが居る場所

病院の待合室には高齢者がたくさんいると聞いたことがあります。

「今日は山田さん見かけないねぇ」

「具合でも悪いんじゃないの」

病院の待合室でこんな会話がされているという冗談があるほど、病院はお年寄りのコミュニティの場になっているようです。

医療費を優遇されているお年寄りの中には暇つぶしで病院に行く人もいるかもしれません。

また、介護が必要なお年寄りは、介護士がいる老人向け施設で1日を過ごすこともあるでしょう。私の父親もそうしてました。

絵を描いたり、折り紙を折ったり。リハビリを兼ねた遊びは面白かったそうです。

しかし、65歳以上でもバリバリに元気な人もいます。そんな人たちはどこにいるんでしょう。

なぜ街で見かけないんでしょう。

やっぱり不思議です。

老人の引きこもり

人間トシをとると身体にガタがきます。思うように動けなくなるし、病気や怪我になりやすくなります。なので安全のために外に出ることを控えるお年寄りもいるでしょう。

しかし、そういった心配はしていなくても外に出ないお年寄りもいるのではないでしょうか。元気なのに1日中テレビを見て過ごすお年寄りってたくさんいそうです。

お金が無くて外に出ない人もいるのでしょうけど、お金持ちのお年寄りもたくさんいます。オレオレ詐欺で信じられないような金額を騙し取られるお年寄りもいます。持っている人は持っているんです。

お金があるのに使わないお年寄りがたくさんいるから、経済が停滞するという考え方もあります。お金があるなら使ってほしいです。

お金があって、元気なお年寄りは、なぜ街に出ないのでしょう。

年寄り向けの店や娯楽施設が無い

随分前からこんな疑問を持っています。

お金があるのに使わないのは、お金を使う場所がないから

街を見渡すと、若者や家族向けのお店がたくさんあります。

でも、お年寄り向けのお店はほとんどありません。

前にもこんな記事を書きました。

お年寄りに靴を売ってくださ〜い!

街には、お年寄りが楽しめる場所がないんです。買い物をする店がないんです。

4人に一人もいる年齢層の人たちに向けた、お店や娯楽施設が街にはありません。

だから病院に行って雑談にふけるようになるんじゃないかな。

お金を使わないのではなく、使う場所がないんじゃないかな。

自分が老人になったら

自分が65歳以上になったとき、何にお金を使うだろう。

自分はお金持ちではないけれど、わずかな年金生活だとしても、生きるためだけにお金を使うのは少し寂しい気がします。

楽しむことにもお金を使いたいです。

でも、街に出ても、いま街を見渡しても、65歳以上の自分は何にお金を使うだろう。

たぶん、使わないと思います。

使うところがないから。

これじゃ老後の楽しみなんてありません。

世の中がつまらなく見えそうです。

いまのお年寄りは、この世の中を、この街の造りをどう思っているんだろう。

自分もオシャレなお店を横目で見て、病院へ行くことになるのかな。

さいごに

地域によって感じ方はいろいろあるでしょう。

また、年配の人にも楽しめる場所があることも知っています。陶芸教室や料理教室、ウクレレを習う人などが集まるカルチャースクールはお年寄りにも人気です。

自由な時間を使って旅行を楽しむお年寄りもたくさんいます。

写真を撮りに出かけると、高級なカメラを自慢しあうお年寄りも見かけます。いきいきとボランティア活動をしている人も知っています。

でも、なにか街に溶け込めてないような、住み慣れた地域から目立たない場所に集まっているような印象をうけます。

65歳を境目に住む世界が違う。そんな印象です。

スターバックスのようなオシャレなお店ができるのは良いですが、お年寄りにも利用しやすい喫茶店があってもいいんじゃないかな。

なんだか、お年寄りは街から排除されているような…

街の造りを見ていると、そんな風に感じます。

年配の人も気軽に立ち寄れるお店や娯楽施設がもっとあってもいいんじゃないかな。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

medium_6806220

簡単にすぐできる大事なことを思い出す方法

何か忘れてはいけないモノ(コト)がある場合、どうやって思い出すようにしてますか?家を出てから「あ!忘れた!」なんて焦った経験がよくある人に、誰にでもすぐにできる「思い出す方法」があります。

衝撃の 「ガリガリ君リッチナポリタン味」食べてみた!

ガリガリ君の衝撃シリーズ完結編が発売されました! その名も「ガリガリ君リッチナポリタン味」! イタリア人もビックリなこのアイスを食べてみました。

「寄付しました」って言うのは偽善?

九州で大きな地震が続いてます。こんなときに遠くに住む人間としてすぐに協力できるのが寄付。つまりお金の援助です。でも寄付をしたことを公言すると「偽善者」と言われたりすることがあります。 「寄付をした」っ …

【通学児童が危ない】朝の車通勤で裏道を使ってる人!それは違反かもしれません

自転車通勤していると、朝から交通違反している車を見かけます。 それもたくさん。次から次へと違反車両が走っていきます。 みんな気付いてないのかな?

ミニマリストに「それいるの?」って言われると…

モノが無いとスッキリする。 片付けで仕事や生活が改善される。 それは本当だと思う。 思うけど、ミニマリストが推進する断捨離は、なんか違うんじゃない?って思うときもあります。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。