写真

公序良俗に違反した写真?いやいや問題はその「行為」かもしれません

投稿日:2015年12月10日 更新日:

一般のお客様向けの写真屋で度々話題になるのが公序良俗に反する写真の取り扱いです。公序良俗の考え方はお店によってバラバラだったりします。

公序良俗に反する写真はプリントしないのが原則ですが、実際には写真そのものよりも、その写真の扱い方が問題だったりもします。

デジカメのおかげで、いつでも好きな写真が撮れるようになった今の時代こそ、公序良俗に反する写真とは何か、個人レベルで理解しておく必要があると思います。

※この記事の内容は私個人の見解です。法的な判断や処置などは法律の専門家に相談してください。



公序良俗とは

そもそも、公序良俗が十分に理解されてないケースが多々あるようです。公序良俗とは以下の2点を指します。

  • 公の秩序
  • 善良の風俗

うん。解りにくいです。

Wikipediaを見てもよく解りません。

Wikipedia 公序良俗

さらに公序良俗に反する写真となると、具体的な例がなければさっぱりわかりません。

ちなみに、性器が見えている裸の写真であっても公序良俗に反しない場合があります。

キレイな風景写真が公序良俗に反する場合もあります。

裸の写真が公序良俗に反しない?

たとえば、赤ちゃんや幼児の場合、性器が見えていても公序良俗に反するとは扱われないケースが多いです。特に男の赤ちゃんは性器を露呈してもなぜかカワイイと言われたりします。女の子で同じことをやったら大問題でしょう。(これは性差別の問題なので別の機会で記事にしたい)

最近では男の赤ちゃんでも性器を露呈することが問題視されているのでオムツのコマーシャルも自粛傾向にありますが、いずてにしても公序良俗違反とは程遠いです。

大人の場合でも、プライベートの密室で裸の写真を撮っても、その内容がどんなものであれ公序良俗に反しません。密室でどんな写真を撮ろうが自由です。撮るだけなら。

撮影状況そのものが公序良俗に反しなければ、写真自体が違反の対象になることはないと思います。男女が愛し合っている写真を自分たちの楽しみのために写真を撮っても咎められません。

裸の写真が問題になるのは他人の目に触れてからです。

自分で持っているだけなら問題にならなくても、その写真が他人の目に触れれば、その瞬間からその写真は猥褻物に変わるかもしれません。

裸の写真そのものがダメなのではなく、他人の目に触れさせることが問題です。これは自分の身体でも同じことが言えます。風呂で裸になっても問題ありませんが、人目に触れる街頭で裸になったら即アウトです。

ツイッターやフェイスブックで気軽に画像の配信ができる時代だからこそ気をつけたいことです。

いっぽう、キレイな風景写真が公序良俗に反するケースがあります。この場合、写真そのものが違反しているものを指します。

写真そのものが公序良俗に反するケース

写真そのものが公序良俗に反するケースとしては、以下のような内容・状況の写真です。

  • 傷害
  • イジメ
  • 盗撮
  • 立入禁止などの禁止区域での違反

これらの行為者が撮った写真は、いづれも公の秩序に反しています。当然のことですがその他の違法行為の行為者が撮影した写真も公序良俗に反します。

ここでの注意点は行為者であるか否かです。直接違反行為をしていなくても、共犯者であれば公序良俗に反すると判断して良いと思います。イジメの現場写真をイジメてるグループの人間が撮影すれば、その写真は公序良俗違反と考えて良いでしょう。誰にも見せなくても、その写真は公の秩序に反するものです。

私がプリントオペレーターをやっていたときも、立ち入り禁止区域内で撮影された写真のプリントはお断りしました。写真に「立ち入り禁止」の看板が一緒に写っていたので…

夜中に電車にスプレーで落書きをしている写真もお断りしました。これは警察に話が行く案件ですね…

さきほどキレイな風景写真という例を上げました。
風景写真

残念なことに自然の風景を撮影する人の中には、誰も撮影できない立ち入り禁止区域に勝手に入り込んで、撮影に邪魔な木や枝を切ってしまう人がいます。そのような手段で撮影された写真も公序良俗に反しますそんな写真には何の価値もありません

これらの写真も他人の目に触れなければ咎められないかもしれませんが、持っていることが知られた時点で裸の写真とは違った結果が待っています。

さいごに

写真が公序良俗に反するかどうかは判断がとても難しいです。

違法行為のように見えても実は違うケースもあります。違反してないように見えても違反していると判断されるかもしれません。

線引きが難しい問題なので、怪しい写真は撮らない方が無難ですね。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

写真はピンボケでも良い

写真を始めた頃はピント合わせに時間がかかっていました。 当時はピンボケは失敗だと思い込んでいました。 でもピント合わせに時間をかけ過ぎるのは本末転倒なんですよね。

デジカメの色の再現は難しいなぁと感じた結果

OLYMPUS OM-D E-M10 を使って何枚か写真撮ってみました。そこで痛感したのは色の再現性の難しさです。 なんか違う ような気がする けどこれでいいのかも やっぱりわからん。 などといろいろ …

同窓会での写真の撮り方【一眼レフカメラ初心者向け】

先日同窓会に行ってきました。写真を撮ってきました。そこで私が気をつけた点など書きます。室内撮影前提です。同窓会の撮影は独特の注意点があります。個人の主観ですけど。 この記事は一眼レフカメラ初心者を対象 …

子供に与える怖い写真の影響力

小学生に殺人の現場写真を見せる教師がいたそうです。写真はさまざまな感動を与えてくれる素晴らしいツールですが使い方を誤ると人生をも狂わせてしまう危険なものです。Twitterで面白半分にコラボとかやって …

デジタル一眼カメラを首から下げて歩いてたらこんな目に合いました

アイカップ落としました。 結論から入ってみましたケンち(@ soredou_kenchi )です。ファインダー付きのカメラを持ち歩くときは注意したほうが良さそうです。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。