ライフスタイル

「できない」ことが「できる」ようになるためには

投稿日:2014年2月1日 更新日:

できない人の気持ちがわかる方法ってないかな?

ふとそんなことを考えるときがあります。

たまに思うことありませんか?

この人、なんでこんなに不器用なんだろうって。

自分にもそう感じる時がありますが…

不器用な人には思い通りできないジレンマがあると思います。

できないジレンマを突破するにはどうしたらいいか考えてみました。




子供の「できない」気持ちが知りたい

そもそも、なんでこんなことを思い付いたかというと、子供が思い通りに手先が動かないことにカンシャクを起こす気持ちが知りたかったためです。

きっと、悔しいんだろうな…と。

その悔しさが解れば、見ている方もイライラしないで優しく接してあげられるかな…と

できない気持ちがわかれば、上手にできる方法を教えてあげられると思いました。

子供だけでなく、大人にも通じるものがあると思います。

まずは「だって、できないんだもん!」という気持ちを理解するために、思い通りに手先が動かない状態が意図的にわかる方法を考えてみました。

手先が思い通りに動かない気持ちを知るシンプルな方法

いろいろあると思いますが、簡単に試せるのは利き手と反対の手で

  • 文字を書く
  • 絵を書く
  • 紙を切る

などをやってみる。ようするに、長い年月をかけて鍛えられた利き手を使わずに、慣れない反対の手でやってみることです。

  • 字がキレイに書けない
  • 線がキレイに描けない
  • ハサミが上手に使えない

上手にやりたくてもできない!

そんな人のジレンマがわかると思います。

できない人の気持ちがわかってあげられたら

上手にできない人は、わざとできないワケじゃない。できないものはできない。

もしも、子供が上手にできないことがあったら、自分も上手にできないことをやってみる。

こんな風にわかってあげる方法もアリかなと思います。

そうしたら「なんでできないの?!」なんて言えなくなるかも。

どこまでできたら「できた」になるのか?

大人の世界でもよく聞く話です。

あの人はできない

では、どこまでできれば「できた」になるのでしょう?

合格ラインが明確なものは、そのラインを越えればできたと言うのかもしれません。でも、自動車免許を持っていても運転が「できない」人がいます。

目玉焼きしか作れなければ料理ができないと言えるのかな?目玉焼きすらできない人から見たら、できる人なのかもしれません。

大切なのは「やる」こと

「やってもいないうちからできないというな」というセリフもありますね。

勝手にできない線引きをしてはいけない、ということかもしれません。

物事には限界があります。精神的、物理的、いろいろな限界がありますね。この限界点ができないラインだとすると、やらないうちから「できない」という答えはありえませんね。

だから、まずやる。が大切なのだと思います。

できることの限界を感じたら

限界は「感じる」ものです。感じなければ、いつまでも続けられます。もしかしたら、限界を感じなければできないことはないといっても良いのかも。(ちょっと言い過ぎかな…)

継続は力なりといいますね。

できないと思っていたことでも、時間が経てばできてしまうこともあります。

限界は流動的です。

そう考えたら、「いまはできない」けど「いつかはできる」のかもしれません。

できないながらも、やり続ければ成長します。成長するから、できるように変わるわけです。

自分はできないと悩んでいる人へ

やめなければいつかはできる。と考えてみてはどうでしょう?

私は文章を上手に書くことができません。

でも、ブログを書き続けることで、いつか上手な文章がかけるようになると信じています。

上手にできない人をみて、イライラしている方は、待ってあげてほしいです。

きっといつかできるようになりますよ。

続けていればね。

と、自分に言い聞かせてみたりして…

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

正月

自作の年賀はがきを「お年玉くじ付き」にできる切手があります

毎年12月が近づくと、はがき印刷ソフトやインクジェットプリンタの新機種が出そろい、年賀状を作る時期になったこと知らせてくれますね。

喪中

【喪中はがき】マナーはあってないようなもの?

親族の方が亡くなられた方は年賀状を出さずに、喪中はがきを出す風習がすっかり定着していますね。 私は以前、写真店に勤務していたことがあるので、写真付き年賀状の受付と一緒に喪中はがきの受け付けもしていまし …

洗濯機

【洗濯層の汚れ2】汚れ(ピロピロわかめ)の原因とその対策

前回は汚れた洗濯槽の画像をお見せしました。 あれが俗にいうピロピロわかめの巣(ボス?)です。洗濯物に付く黒いノリのようなピロピロわかめは巣から剥がれ落ちた一部分です。 今回は汚れ(ピロピロわかめ)が生 …

【高齢者住宅のウソ】床の段差はあったほうが良い

家を建てるときに、高齢者のこと(将来の自分?)を考えてバリアフリーを検討すると思います。 今現在、高齢者と同居している場合は、その方の健康状態などを考慮してバリアフリーの設計すればいいと思いますが、将 …

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。 そこには大量の木の枝が …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。