ライフスタイル

バレンタインデーの憂鬱

投稿日:2016年1月31日 更新日:

バレンタインデーは憂鬱です。

義理チョコという不思議な儀式があるからです。



嬉しくないけどありがとう

会社では女性から義理チョコが配布される。

配給と言ってもいいかも。

会社では推奨してないけど義理チョコを配るひとたちがいる。

善意なのだろう。

だから受け取ったら「ありがとう」と言わなければいけない。

「イヤなら断ればいいじゃん」というアドバイスをしてくれたひとがいた。

そんな簡単な問題じゃないんですよ。

チョコは持ち帰らない

チョコを家に持って帰ると家の人は、何て思うだろう。

どれが本命かもわからないチョコを見て、何て思うだろう。

全部義理チョコだよと言ったところで、何て思うだろう。

気を使う必要がなくても面倒くさい。

面倒くさいからチョコは持って帰らない。

家に帰る前に無理やり食べる。

きもち悪くなるけど食べ物を捨てるのは嫌だから無理やり食べる。

毎年この儀式を行っている。

「捨てちゃえばいいじゃん」というアドバイスをしてくれたひとがいた。

そんな簡単な問題じゃないんですよ。

義理チョコのお返し

チョコを貰ったらお返しをしなければならない。

女性が多い職場だからお返しの量も多い。

お返しは何をいくつ買うか間違えないように気を使う。

そして笑顔でお返しをしなければいけない。

「お返しなんてしなければいいじゃん」というアドバイスしてくれたひとがいた。

そんな簡単な問題じゃないんですよ。

いらないんだってば!

「義理チョコはいらない」と言ったことがある。

角が立たないように、早めにバレンタインデーの話題を出して、義理チョコで困っている話をした。

それでも義理チョコを配布するひとがいる。

断ると怒る。

あの人は…と、変なウワサが流れ始める。

面倒くさい!!!

と思う。

ほら、そんな簡単な問題じゃないんですよ。

貰えるだけありがたい?

「たとえ義理でも貰えるだけありがたい」と言われたことがある。

正直なはなし迷惑でしかない。

嬉しくないのに「ありがとう」を言わなければいけない。

欲しくないモノのお返しをしなければいけない。

貰えるだけありがたい?

「いつもありがとう」の一言の方が100万倍嬉しい。

そう言ってくれるひとには、そのひとのためになることをしてお返ししようと思う。

義理でモノを貰っても嬉しくないんですよ。

義理は迷惑

義理はいらないんです。

なのに、受け取らないと怒るひともいたりして。

せっかく買ってきたのにとか。

あげたのにお返しもしないとか。

それがどれだけ迷惑な行為かわかってない。

ぜんぜん嬉しくないですよ。

とっても迷惑です。

さいごに

善意でくれる義理チョコは断りにくい。だから苦しい。

義理チョコを貰えなかったとしても不利益になるようなことはしません。

義理チョコをくれた人を優遇することもありません。

義理チョコが迷惑なひともいるんですよ。

義理チョコで困るひともいるんですよ。

わかってください。

怒らないでください。

変なウワサが流さないでください。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-

執筆者:

関連記事

部屋干しする場所がないから作ってみた

わが家の家族は全員花粉症です。 花粉の季節は洗濯物を部屋干しするのですが、干す場所が無くて困っていました。 カーテンレールに洗濯物をかける家庭も多いと思います。カモイにハンガーをかけてる人も多いと思い …

車いす、ベビーカー、自転車に欠かせないスロープは無いよりあったほうが良いけどソレはダメでしょ?と思ったので少し真面目に考えてみた

道路に段差がある場合、スロープが接地されている場所があります。 スロープがあると、車いすやベビーカー、自転車などを利用する人は助かります。つまずく危険が無いのでお年寄りも助かります。 安全で便利なスロ …

仕事中にノンアルコール飲料を飲んではいけないと思う理由

多様な人が集まる会社では秩序を維持するために個人の主義を抑制しなければいけないケースがあります。 ルールに違反してないからと言って、みんなが自分勝手に活動していたら組織としてまとまりません。

電気とかめはめ波と宇宙人

電気って不思議です。 コンセントから流れてくる100ボルトのアレのことです。 電気は見えないチカラでいろいろなことができます。 これは宇宙人の技術が使われているのかもしれません。

【親の心得】小さな子供にタブレットを与える危険性

スマホやタブレットで遊べる「お絵かきアプリ」や「絵本」などの子度向けアプリは、手軽に遊べて便利と好評のようですが、面白いがゆえに熱中し過ぎてアプリに依存する危険があるのではないかと心配になります。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。