ライフスタイル

バレンタインデーの憂鬱

投稿日:2016年1月31日 更新日:

バレンタインデーは憂鬱です。

義理チョコという不思議な儀式があるからです。



嬉しくないけどありがとう

会社では女性から義理チョコが配布される。

配給と言ってもいいかも。

会社では推奨してないけど義理チョコを配るひとたちがいる。

善意なのだろう。

だから受け取ったら「ありがとう」と言わなければいけない。

「イヤなら断ればいいじゃん」というアドバイスをしてくれたひとがいた。

そんな簡単な問題じゃないんですよ。

チョコは持ち帰らない

チョコを家に持って帰ると家の人は、何て思うだろう。

どれが本命かもわからないチョコを見て、何て思うだろう。

全部義理チョコだよと言ったところで、何て思うだろう。

気を使う必要がなくても面倒くさい。

面倒くさいからチョコは持って帰らない。

家に帰る前に無理やり食べる。

きもち悪くなるけど食べ物を捨てるのは嫌だから無理やり食べる。

毎年この儀式を行っている。

「捨てちゃえばいいじゃん」というアドバイスをしてくれたひとがいた。

そんな簡単な問題じゃないんですよ。

義理チョコのお返し

チョコを貰ったらお返しをしなければならない。

女性が多い職場だからお返しの量も多い。

お返しは何をいくつ買うか間違えないように気を使う。

そして笑顔でお返しをしなければいけない。

「お返しなんてしなければいいじゃん」というアドバイスしてくれたひとがいた。

そんな簡単な問題じゃないんですよ。

いらないんだってば!

「義理チョコはいらない」と言ったことがある。

角が立たないように、早めにバレンタインデーの話題を出して、義理チョコで困っている話をした。

それでも義理チョコを配布するひとがいる。

断ると怒る。

あの人は…と、変なウワサが流れ始める。

面倒くさい!!!

と思う。

ほら、そんな簡単な問題じゃないんですよ。

貰えるだけありがたい?

「たとえ義理でも貰えるだけありがたい」と言われたことがある。

正直なはなし迷惑でしかない。

嬉しくないのに「ありがとう」を言わなければいけない。

欲しくないモノのお返しをしなければいけない。

貰えるだけありがたい?

「いつもありがとう」の一言の方が100万倍嬉しい。

そう言ってくれるひとには、そのひとのためになることをしてお返ししようと思う。

義理でモノを貰っても嬉しくないんですよ。

義理は迷惑

義理はいらないんです。

なのに、受け取らないと怒るひともいたりして。

せっかく買ってきたのにとか。

あげたのにお返しもしないとか。

それがどれだけ迷惑な行為かわかってない。

ぜんぜん嬉しくないですよ。

とっても迷惑です。

さいごに

善意でくれる義理チョコは断りにくい。だから苦しい。

義理チョコを貰えなかったとしても不利益になるようなことはしません。

義理チョコをくれた人を優遇することもありません。

義理チョコが迷惑なひともいるんですよ。

義理チョコで困るひともいるんですよ。

わかってください。

怒らないでください。

変なウワサが流さないでください。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-

執筆者:

関連記事

プールで溺れている友達を笑いながら見ていた200人

A君は1人でプールのど真ん中。 たった1人で溺れていた。 私はその様子を笑って見ていた。 私の他にも200人ほどの人がいた。 みんな笑って見ていた。 Y君だけは違ったようだけど。

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

刺青(イレズミ・タトゥ)について思うこと

刺青が気になります。洋画や海外ドラマを見ていると刺青をしているキャラがとても目立つようになりました。もう普通に刺青入れてますよね。 海外ではファッション感覚で刺青を入れているようですが、日本はちょっと …

バイクの押しがけのコツ

古いバイクに乗っているとエンジンがかからないことがよくあります。こんな時は押しがけをします。私はあまりバイクに乗らないのでバッテリーが充電されません。なのでセルが回りません。毎回、押しがけでエンジンに …

いつも料理をやらない男のタマゴサンド用スクランブルエッグの作り方

スクランブルエッグってどうやって作ってますか? 私は普段、料理をしないので一般的なスクランブルエッグの作り方を知りません。 料理はしない、とは言っても朝食は自分で用意します。たまにスクランブルエッグを …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。