スマートフォン・タブレット パソコン

送信者が「自分」の迷惑メールが来た!添付ファイル「Document数字」は超キケン!

投稿日:2016年3月23日 更新日:

迷惑メールが止まりません。昨日は送信者が「自分」になっている迷惑メールが届きました。このメール、ちょっとヤバいヤツみたいです。



添付ファイルはDocument数字

自分から届いたメールには本文がありませんでしたが添付ファイルがありました。

ファイル名:Document 2.zip

私に届いたメールでは数字が2でしたが他の数字もあるようです。

ファイルを開いて中身を見てみたいところですが、迷惑メールの添付ファイルは開いてはいけないのがルール。興味本位で開くとどんなことになるかわかりません。

でも気になる…

添付ファイルを覗いてみたい気持ちをおさえてネットで検索したら調べた人がいました。すごい。(でもマネしちゃダメ)

Document数字迷惑メールは自分宛て? JavaScriptファイル起動でウイルス感染! ( Windows ) – 無題な濃いログ

添付ファイルにはランサムウェアをダウンロードして実行する仕組みが組み込まれているようです。ランサムウェアはメッセージを表示するタイプのウイルスです。以前は外国語のみでしたが、最近では日本語で表記するランサムウェアが発見されて話題になっていました。

ランサムウェアとは、パソコンのファイルを勝手に暗号化して、復元するにはお金を払えと要求するウイルスです。実際にファイルが暗号化されてしまうので感染するとパソコンが使えなくなる危険があります

会社のパソコンが感染したら被害がどこまで広がるか…

感染したパソコンに接続されているドライブのファイルを次々に暗号化してしまうウイルスもあるようです。こうなるとバックアップ用の外部ドライブも標的にされます。考えただけでも恐ろしい…

ランサムウェア – Wikipedia

ランサムウェアとは – 脅威と対策 | トレンドマイクロ

「ランサムウェア感染被害に備えて定期的なバックアップを」
~組織における感染は組織全体に被害を及ぼす可能性も~
2016年1月の呼びかけ:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

2016年3月24日追記:
今月(2016年3月24日時点)で20万件以上も発見されたようです。

中には「クラウド」と呼ばれるサービスでネット上に保管されているデータも利用できなくなった例もあるということです。

身代金要求型ウイルス急増 今月国内で20万件以上に | NHKニュース

ネット上のデータにまで影響がでたら大変なことになりそうです。会社の人や知人にも注意を呼びかけたほうが良さそうですね。上記の記事によるとメールだけでなくホームページの閲覧でも感染するようです。

迷惑メールの添付ファイルは絶対に開いてはいけない

迷惑メールの添付ファイルは開かない!

いまでは常識的なルールですが、今回のメールのように自分が送信者だと「迷惑メール」という意識が薄れそうです。

他人からのメールには警戒心が強くても、自分からのメールには警戒しない人もいると思います。特に日頃から自分で自分宛にメールを送る(自動転送など)習慣があるは人はうっかり開いてしまう危険が高いのでは?

これからは自分からのメールにも要注意ですね。

添付ファイルをうっかり開いてしまったら

会社のパソコンで迷惑メールの添付ファイルをうっかり開いてしまったら、どうしたらいいでしょう。

  • 速攻でネットワークから切断する
  • システム管理者に連絡する

この2つは徹底したほうが良さそうです。が、ウイルス対策は会社によってルールがあると思います。ルールを確認して適切に対処したいです。ルールがない会社ではシステム管理者に確認したほうがいいですね。いつうっかりやってしまうかわかりません。

個人の場合は、IPAの相談窓口を利用する方法があります。電話の窓口も紹介されてますよ。

情報セキュリティ安心相談窓口:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ファイルを開いたとしても感染してない可能性もあります。支払いを要求するメッセージ出たらアウトですが。

どのファイルを「開いた」のか「実行した」のか、またそれはどのデバイスか。

携帯電話(ガラケー)
スマホ(Android)
スマホ(iPhone)
パソコン(Windows)
Mac

メールを受信できるデバイスはたくさんあります。ウイルスも全てに対応しているとは限りません。どのデバイスで操作したのかによっても結果が変わります

操作したときの状況をよく思い出してIPAに相談してみてはいかがでしょうか。

感染した場合について、上記のIPAのページに「最近多く寄せられるご相談(FAQ)」に回答がありました。

Q2
パソコンに“ウイルスによって暗号化しました。元に戻すには支払いが必要”というメッセージが表示されて、特定のファイルが開けなくなった。

A2
ランサムウェアによる感染被害と考えられます。ファイルを暗号化されてしまうと、その後、ランサムウェア自体を駆除してもファイルを復元することはできません。また、要求された金額を支払ったところで元に戻せる保証はなく、基本的には事前にバックアップしていたデータから復旧させる以外の方法がありません

IPAの回答ではシステムファイルについて言及してませんが、パソコンのシステムに関わるファイルが暗号化されてしまった場合は、リカバリー(購入時の状態に戻す)が必要になると思います。

さいごに

パソコンに限らずスマートフォンでもウイルスには気をつけたいです。ウイルス対策ソフトをすり抜けてくるウイルスもあるのでソフトまかせは万全ではないです。

受信者の意識が最後の砦ですね。

  • 怪しいメールは開かない
  • 自分からのメールにも要注意
  • 添付ファイルを興味本位で開かない!

私みたいに半端な知識の人間が一番危ないのかもしれません。興味津々で開きたくてしょうがない。でもガマンガマン…

それではまた。

関連記事:タチの悪い迷惑メールがきた

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-スマートフォン・タブレット, パソコン
-

執筆者:

関連記事

タチの悪い迷惑メールがきた

私のガラケーには毎日迷惑メールが来ます。よくも尽きないものだなぁと妙に感心する一方で、子供が見たら心配になるんじゃないかなと思う内容も… で、今回ちょっと悪質だなと思う内容のメールが来たので紹介します …

タブレット

タブレットとガラケーの2台持ちの利点と欠点

私はスマホを持たずにタブレットとガラケーの2台持ちを半年以上続けています。通信費用が5000円ほど安くなった話をすると私のようにガラケー+タブレットの2台持ちに切り替えようと考える友達もいます。そこで …

【Androidブロガー向け】Amazonギフト券で有料アプリを購入する方法

有料のAndroidアプリを購入する方法はGoogleプレイで携帯キャリアの通話料と一緒に支払うかクレジットカードでの支払いが一般的です。でもAmazonでもAndroidアプリは買えます。しかもAm …

tangotouroku

入力ミスや手間をなくすためにIMEの単語登録を使ってみた

仕事を始めたばかりのときは、まだ慣れない個人名や取引先名を誤変換してしまうミスってありませんか? 伊藤と伊東、齋藤と齊藤など、うっかりミスでも相手によっては激しく激怒されることがあります。これが取引先 …

SMA_GARA

スマホからガラケー&タブレットの2台持ちで通信費が安くなった!

NEXUS7で常時通信ができるようになったので、いままで使っていたスマホをやめて携帯電話はガラケーに戻します。 私の場合、スマホを使う前まで使っていたガラケーがauのSA002という機種でした。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。