ライフスタイル

毎年4月2日は「世界自閉症啓発デー」です

投稿日:

こども、おとなに関わらず自閉症で苦しんでる人はたくさんいます。一見普通に見える人が実は自閉症に苦しんでいることもあります。

自閉症はなかなか理解されにくいです。

「世界自閉症啓発デー」とは

毎年4月2日は「世界自閉症啓発デー」です。

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。
 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

世界自閉症啓発デー公式サイト

身近な人が自閉症で苦しんでいるかもしれません。

あなたが好きな人も、もしかしたら。

仲の良い人がときおり見せる理解し難い行動にも原因があるのかもしれません。

自分の子供が何を考えてるのかわからない。そんなときは今の自分の常識に当てはめるのではなく、今の自分の常識の幅を広げる必要があるのかも。

どうしてそうなるんだろう…と思ったら

身近な人の行動が理解できないとき、批判や拒絶をしても解決しません。それが恋人や家族なら、理解することはとても大切です。相手にとっても、あなたにとっても。

こうしてもらえると助かります
~ 自閉症の人を見かけた時の対応 ~

 自閉症の人には、会話が苦手な人が多くいます。このため、その人の発達に応じたわかりやすい説明をお願いします。例えば、その人が理解している言葉を知り、その言葉を使うことや、写真や絵などを添えて説明する、抽象的な表現をさけて、短い表現で話すことなどで、理解しやすくなります。
 また、過敏で、人混みや大きな音、光といった刺激を苦手とする人が多くいます。このような刺激による不快感を増幅させないよう安心できる環境を調整して作ってあげてください。
 新しい事や、いつもとやり方が違う時に、困って混乱することがあります。また、「できない時」「間違っていた時」に叱って教えようとすると、本人が混乱して余計に理解できなくなったり、将来に悪影響を及ぼすこともあります。どうすればよいのか、正しい方法をできるだけ具体的に教えることを基本に、穏やかに根気よく接して、良い関係を作るようにしてください。

世界自閉症啓発デー公式サイト – 知ってもらいたいこと

自閉症は他人のせいなるものではありません

自閉症のこどもの行動が、親のしつけのせいにされることがあります。親がしっかりしてないから注意力がない子供になると、親が責められることがあります

無知は誤解を生みます。

身近な人が自閉症でもないかぎり、この病気を知る機会は少ないです。自閉症であることに気付かずに、自分のこどもや親である自分を責める人もいると思います。

自閉症は誰かのせいでなるものではありません。

誰も悪くありません。

いろんな人がいる、ただそれだけのこと

自閉症は特別な病気ではないと思います。

自閉症ぎみのひとはたくさんいるじゃないですか。症状の大小はあっても、珍しくないですよ。

私だって子供のころは症状がひどくて親に心配されました。おとなになっても症状が出るときがあります。子供のころほどではないけれど。

そんな私から見て、あの人も、この人も、同じじゃないかと思うひとがたくさんいます。

世の中にはいろんな人がいます。

ただそれだけのことです。

いろんな人がいることを理解してほしいです。

さいごに

もしかしたら、あなたが理解し難いアノ人の行動は自閉症が原因かもしれません。

自閉症の人は外見では判断しずらい場合があります。それが自閉症の人にとってツラいことです。

世の中にはいろんな人がいますよね。

もしかしたら、普通の人なんていないのかもしれません。

それが普通の世界なのかも。

4月2日から4月8日は発達障害啓発週間です。

家族や友達と、この問題について話し合ってみませんか。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-,

執筆者:

関連記事

高齢者の事故を減らすためにもお年寄りは家の中で携帯電話を携帯して!

お正月は帰省して実家で過ごす人も多いですよね。帰省は若い人と年配の人が会話する絶好の機会です。この機会に携帯電話の上手な使い方を若い人からお年寄りに教えて欲しいです。 今回は、緊急時の電話のかけ方はも …

medium_513985347

【健康診断】胃部レントゲン検査でゲップを出さずにバリウムを楽に飲む方法

先日、健康診断に行ってきました。健康診断で一番の苦痛は胃部レントゲン検査です。バリウム飲むアレです。 近年のバリウムは飲みやすくなったと聞きますが、それは昔と比べたらって話です。実際には全然飲みやすく …

youtsuu201401

【腰痛予防】ヘルニアの私がやってること

私は季節の変わり目はいつも腰が痛いヘルニア持ちです。ひどい時は右足が一日中しびれています。 ヘルニアは根本的な治療ができないので、一生付き合う病気です。なので日頃からの腰に負担を与えない動作のクセを付 …

【子供に教える社会のマナー】ある親子を見て感じたこと

公園にいた親子を見て、子供に教えるマナーについて感じたことがありました。 その子供が私のことについてパパに質問していたので、なおさら意識してしまいました。

シャベルやスコップは危険!雪かきで腰痛にならない除雪用具

駐車場の雪かきで腰を痛めました。 スコップやシャベルで雪かきをやっていたのですが、長時間の作業には向きませんね。