ビジネス

ポケモンGOの事故が日本でも起きてるけどメーカーはどう思ってるのかな

投稿日:2016年7月23日 更新日:

ポケモンGOが配信されてからネット上にはポケモンの話題であふれていますね。楽しい話題と一緒に事故の話も出始めています。

この問題に対してメーカーや開発元はどう考えているのだろうという疑問があります。




予想していた事象

昨日ツイッターで見ました。

https://twitter.com/nkunxxx/status/756319414639747072

https://twitter.com/nkunxxx/status/756320114408947712

https://twitter.com/nkunxxx/status/756320515376021504

https://twitter.com/nkunxxx/status/756320915160391681

https://twitter.com/nkunxxx/status/756321713986482177

こういった事象が起こることを予想してた人も多いと思います。

保護者を責めるのは簡単だけど、万一、子供が車とぶつかったら、怪我をするのは子供です。運転手の精神的なショックも大きいでしょう。

この問題の根本的な責任は誰にあるのでしょう。保護者?

ポケモンGOは3歳からプレイできる

ポケモンGOの対象年齢は3歳以上です。

13歳未満はプレイできないんじゃないの?と思った人もいるかと思いますが、ユーザー登録ができない状況になっているだけです。対象年齢は3歳以上です。

レーティングも3歳以上となっています。
ポケモンGOのレーティングは3歳

オフィシャルサイトにも13歳未満はプレイしちゃダメとは書いてません。保護者の監督下において云々の記述はあるけど。

『Pokémon GO』を楽しく安全に遊んでいただくためのガイドライン |ポケットモンスターオフィシャルサイト

幼児でもプレイ可能なゲームから子供を守るためには保護者の監視監督が必要。しかしツイッターの例のように無責任な保護者もいます。

事故を予測する意識
他人への迷惑を想像する責任感

これらが欠如した人は大勢います。歩きスマホや歩きタバコが良い例です。そして最悪の場合、幼児が、このゲームで起こる事故の加害者にも被害者にもなります。

あのGOというゲームは大丈夫なの?にも書いたけれど、このゲームは大人たちの倫理観が試されるゲームだと思います。

メーカーは何を考えているのか

ポケモンGOのリリースは早すぎたと思います。

社会が拡張現実のゲームに対応しきれてません。警察や自治体も慌てて対応している様子です。危険性の考察や地域でのルール作り、注意喚起のポスターの配布などにどれだけの人が動いているでしょう。迷惑な話だと思っている人も大勢いるでしょう。

準備不足だったのでは?

テレビは明るい部屋ではなれて見ましょう』というメッセージが多くのアニメで表示されるきっかけとなったポケモンのテレビ放送で、メーカーは何を学んだのかな。社会に与える影響をもっと慎重に考えないといけないのでは。

ポケモンショック – Wikipedia

ポケモンGOはプレイ領域にも疑問を感じます。私有地にゲームキャラなどが出現するのは法的に問題がないのでしょうか。『仮想』であればどこでも入っていいの?

これって利益侵害にならないのかな。アリなの?

多くの人、企業、自治体や地域に影響を与えるゲームには社会的な責任が生じます。世界中で起きている事件や事故、現象にメーカーは何を感じているのでしょう。

もちろんプレイヤーにも責任があることもあるけど、メーカーの社会に対する準備不足は否めないと思います。日本でリリースする前に、海外の事件や事故の事例を参考に、起こりうる問題点を警察等と協議するべきだったのではないかと思います。

現実と仮想に区別はない

拡張現実の怖さは、実態がないモノを、そこに『ある』または『いる』とプレイヤーに認識させることです。これがポケモンGOのおもしろさでもあるのだけれど、現実と仮想の区別は難しいため、そこに危険性も潜んでいます。

現実と仮想の区別はとても難しいです。というか無理

目の前にポケモンが現れれば、現実には存在しなくても、プレイヤーにとっては存在するものとして認識されます。仮であっても『いる』わけです。見つけたら『いた!』って言うよね。

『いる』と認識した場合、現実の世界の状況は意味をなしません。現実の世界がどうであれ、驚きや喜びを感じます。だからポケモンGOはおもしろいのだと思います。

プレイヤーが『存在する』と認識した場合の行動は現実の世界に影響を与えます。それが先に紹介したツイッターの現象です。

現実と仮想は区別できないんです。繋がっているんす。

だから仮想のモノは現実の世界にも影響すると考えなければいけません。

そう考えると、ポケモンはどこにでも出現して良いはずがないんです。現実に影響するのだから。子供が道路に飛び出してしまうのだから。プレイ領域は限定されなければ不法侵入のトラブルも起こりえます。というかもう起きてるみたいだけど。

メーカーは、拡張現実が現実世界に与える影響への認識が甘すぎると思います。わかっててリリースしたのかもしれないけど。社会はまだ拡張現実を受け入れられる準備ができていません。

何度も言うけど、先にリリースした海外の事件や事故を見れば日本のリリースの前にできた予防策もあったでしょう。危険を承知でリリースして、世間が混乱する映画って何かあったような…

関係ない人まで巻き込むのが拡張現実の問題点です。部外者は巻き込まないでほしいです。それが出来なければ拡張現実のゲームなどリリースするべきではないのかも。

ポケモンだから、まだ世間的に受け入れられてる部分があるけど、ゾンビを撃ちまくるシューティングゲームが拡張現実を使ってリリースされたらみんなどう思うだろう。

ポケモンが出現しやすい方法?

昨日聞いたウワサで一番びっくりしたのがこれ。

歩くよりも自転車で移動したほうがポケモンをゲットしやすい

アホか!

実際、昨日は自転車でポケモンGOをプレイしてる人とぶつかりそうになりました。こんなウワサを信じて事故でも起こしたらプレイヤーのリアルな人生が終わるかもしれません。

『自分は大丈夫』って思うのかもしれないけど、自分もぶつけられるかもしれません。心配な人は身近な人ともよく話し合ってほしいです。自分だけが注意すれば良い問題ではありません。

自転車でポケモンGOをプレイしようと思っている人、あなたの人生が終わるかもしれないだけでなく、誰かの人生を終わらせるかもしれません。自転車と歩行者の衝突事故で死亡した人もいます

ポケモンGOは歩きスマホ推奨ゲームなのでは?

ポケモンGOがリリースされてから、明らかに歩きスマホをしている人が増えました。自転車に乗ってプレイしている人もいます。車に乗ってプレイしてる人もいます。

「そもそもポケモンGOが出る前から歩きスマホをしている人はいた」という人もいますが、どう見ても増えてるでしょ。以前から問題になっていた歩きスマホは個人の意識に任せていても解決は難しいと思います。もう強制的に出来ないようにしないと。

移動中は画面を非表示すれば、歩きながら、また自転車や車に乗りながらポケモンGOをプレイする人はいなくなるでしょう。スマホの移動速度は測定することができるのだから、画面を非表示にすることは可能なはずです。

移動中は画面を非表示にする機能を付けなかったのは、歩きスマホを前提に設計したようにも思えます。

日本で歩きスマホが増えることは、先にリリースされたIngressやポケモンGOの海外の状況を見れば予測できたはずです。メーカーと開発元は知っていて放置しているとしか思えません。

さいごに

私はポケモンが好きです。緑と赤が出たときからゲームをいくつもプレイしています。息子と一緒にカードゲームにもハマりました。

私はポケモンGOも好きです。ネットの反応を見ていると、みんな楽しそうです。その反応をみてると嬉しくなります。

こんなに多くの人が楽しめるゲームに暗い影を落としてほしくないです。

リリースは早すぎたと思うけれど、出てしまったものは仕方がありません。どうか安全に楽しくプレイできるように、みんなで協力しましょうよ。

拡張現実のゲームは、プレイヤー次第で悪いゲームにも、良いゲームにも変わるのですから。

そしてメーカーは世間に『ちょうおんぱ』を発していることに気付いてほしいです。公的機関と協力して拡張現実の技術を安全に活用できるようにしてほしい。そうすれば、きっと世の中はもっとおもしろく、便利になると思います。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ビジネス
-

執筆者:

関連記事

manga_d

まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論を読んでみた

まんが好きのケンちです。ドラッカーが各著書で語っているリーダーシップ論を取りまとめて漫画にしてしまった「まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論」が出たので読んでみました。リーダーはもちろん一般社員 …

「何で言わないんだ!」「何で聞かないんだ!」って、どっちよ?

仕事でトラブルが発生したとき、上司から「何で言わないんだ!」と怒られた(叱られた)経験はありますか?ありますよね? 仕事でトラブルが発生したとき、上司から「何で聞かないんだ!」と、以下同文。 なにか理 …

ポケモンGOの事故は開発者に対応をお願いしたい

下火になってきたと思ったら、まだポケモンGO絡みの事故があるようです。 ユーザーが悪いという意見もあるけれど、私は開発者の取り組みが足りないと感じています。

ロッテリアのポテト(L)が値上げされたけど少し嬉しいこと

ロッテリアのポテト(L)が値上げされました。値上げは嬉しいことではないんだけど、「怪我の功名」ならぬ「値上げの功名」がありました。

メールで相手の名前を間違えるヤバさとその対処法

これはビジネスメール主体の話ですが個人のメールでも通じる問題です。 送信相手の名前(漢字)を間違えた経験ありませんか?反対に間違えられた経験は? 無いですか?ほんとうに? ビジネスメールでは名前の間違 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。