写真

巨大戦艦の名が付いた駅「武蔵大和」が思ってたのと違う件

投稿日:

戦艦大和と戦艦武蔵。戦争に詳しくない人でもこの2隻の戦艦の名前は聞いたことがあるのでは?

大和と武蔵、どちらも全長263mの超巨大な戦艦。

この2隻の巨大戦艦の名前を付けた駅が東京にあります。

どんな駅かおもしろそうなので写真を撮ってきました。



大和と武蔵はとにかくデカい

アイキャッチ画像(大和)をよく見ると人が写っています。まあ大きいこと大きいこと。

大和の名は宇宙戦艦ヤマトからイメージする人もいるでしょう。また、映画も作られたので戦艦としては一番有名でしょうね。

武蔵は大和ほどメジャーではないけれど、最近ではマイクロソフトの創業者のひとり(ビル・ゲイツじゃないほう←失礼!)が海底に沈む武蔵を発見したニュースがありました。

戦艦「武蔵」発見まとめ : 特集 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

大和と武蔵はゲームの「艦これ」で知った、なんてケースもあるかも。

艦これの大和

アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和

艦これの武蔵

アーマーガールズプロジェクト 艦これ 武蔵改 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

どちらも大きいですね。いろいろと。

大きいといえば、むかし「大型の戦艦が戦争に有利」と考えられていた時代があったんですね。とにかく大きいモノが勝つ。そんな考えの時代に大和と武蔵は作られました。もっとも、作ってる途中で大型はダメってわかってたけど止められなかったんですね。信濃は建造途中で空母に変えたけど。

大和と武蔵の主砲(46cm砲)の大きさは世界一。ドカン!と打てば、距離約40km、高さ10,000mという富士山も余裕で飛び越える威力。そんな強力な大砲を乗せた船。

乗員の数は3,000人以上。食料だけでもすごい量ありそう。

建造中は(大きすぎて)船を作っていると思わなかったとか、航行する姿は島が動いているようだとか、その大きさに驚いた人もいたそうです。

甲板で300mリレーをやったなんて話もあります。というか運動会をやってたことのほうが意外。

さて、この2隻の巨大戦艦の名前をくっつけた駅、それが「武蔵大和駅」です。大和武蔵じゃないのよ…

巨大戦艦の名前を付けた駅です。さぞや大きい駅なのでしょう。

駅に向かうにつれイヤな雰囲気に…

武蔵大和駅は、西武鉄道の多摩湖線にある駅です。場所は東京都東村山市。東京都、とはいえ比較的のどかな地域です。そして武蔵大和駅に向かって乗った多摩湖線は4両編成でした。

え?4両

しかも驚いたことに、この電車はワンマン運転。車掌さんひとりで運行しています。都内でワンマンの電車に乗るとは…

巨大戦艦の名が付いた駅に向かってるはずなのに、なにこのこぢんまりした雰囲気。

もしかしたら、名前のイメージとちょっと違うのかも。

これが武蔵大和駅だ!

武蔵大和駅に着きました。

武蔵大和駅

ホームで写真を撮りました。

武蔵大和駅

武蔵大和駅

ちっさ!武蔵大和駅ちっさ!

単線です。駅のホームは片側ひとつ。たまに線路をタヌキが横切るらしいです。ここは東京都です。

改札も小さいです。

武蔵大和駅の改札

切符の自販機は2台ありました。それぞれ武蔵と大和と勝手に名づけました

武蔵大和駅の切符の自販機

改札を出るとすぐに階段があります。左側にエレベーターへ向かう通路があります。エレベーターは最近付いたようです。なんかもう構造が不思議でゲームのMYSTを思い出します。ちなみに戦艦大和にもエレベーターがあったそうです。

武蔵大和駅

武蔵大和駅の外観。

武蔵大和駅の外観

武蔵大和駅の外観

やっぱりちょっと不思議な雰囲気。駅の全体像は見えません。

場所は東京都東村山市廻田。駅の近くにはフィンガーファイブの妙子が通った廻田小学校があります。(何このネタ)

ちなみに「武蔵大和」という駅名と戦艦の武蔵と大和はまったく関係ないようです。

「大和」の名は、開業時の存在地・北多摩郡大和村(現・東大和市)より取ったもので、これに旧国名である武蔵国の「武蔵」を組み合わせたものである。

武蔵大和駅 – Wikipedia

関係ないんかい!

1日の乗車人数は約3,000人。うん、戦艦大和や戦艦武蔵の乗員数と一致してますね。と、強引に関係性を探したけど、ぜんぜん関係ないですね。すみません。

さいごに

武蔵大和駅の時刻表

武蔵大和駅は、巨大戦艦と同じ名前だけど、小さくてかわいい駅でした。

東京にもこんな小さい駅があるんですね。

まわりは見事に何もない。

武蔵大和駅周辺

でも、こういう駅って地元の人は愛着がわきそうですね。

静かでとても平和

そんな感じの素朴な駅でした。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

RAW現像や画像補正における「正しい色」と「良い色」

デジタルカメラでRAW現像や画像補正を楽しむ人が増えていますね。 フィルムの時代は色はラボまかせでした。私はまかされる立場でした。 ブログなどで現像や補正のテクニックを紹介している記事を読むと「ムフフ …

公序良俗に違反した写真?いやいや問題はその「行為」かもしれません

一般のお客様向けの写真屋で度々話題になるのが公序良俗に反する写真の取り扱いです。公序良俗の考え方はお店によってバラバラだったりします。 公序良俗に反する写真はプリントしないのが原則ですが、実際には写真 …

アブラゼミ

セミの写真

夏ですね。夏と言えばセミです。ということでセミの写真を何枚かアップします。 昆虫の写真は少しグロテスクに感じるかもしれません。苦手な人は片目の薄目でどうぞ。アップするのは2種類だけなので、いろんなセミ …

運動会で失敗しない写真の撮り方

運動会は子供の成長と活躍を間近で撮影できる絶好の機会です。できれば綺麗に撮影して良い思い出を残したいですね。今回は元写真屋の私が実践した運動会の写真の撮り方について書きます。

OLYMPUS OM-D E-M10 で今年撮った写真をまとめてみた。写真が他の記事と被っているかもしれないしツイッターで使った画像もあるけどそこはスルーして見てください。ていうかタイトル長すぎ。

やあ、カメラフリーク諸君。 ということで、今年の4月に購入した OLYMPUS OM-D E-M10 で今までに撮った写真を少しまとめてアップしてみようと思います。他の記事やツイッターでも時折写真をア …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。