ビジネス

ポケモンGOの事故は開発者に対応をお願いしたい

投稿日:2016年10月29日 更新日:

下火になってきたと思ったら、まだポケモンGO絡みの事故があるようです。

ユーザーが悪いという意見もあるけれど、私は開発者の取り組みが足りないと感じています。



ゲームは悪くない

小学生がトラックにはねられ死亡するといニュースを見ました。このニュース、子どもを持つ親はどう感じたでしょう。

ポケモンGOが原因とみられる交通事故の死者は7月の配信開始以降、全国で3人目。

ポケGO「車で操作できぬように」 小4死亡、父が訴え:朝日新聞デジタル

運転するときはふだんから必ず『ポケモンGO』を起動し操作していた

小学生はねられ死亡 運転手「ポケモンGOしていた」 | NHKニュース

死亡事故が3人目、今回の運転手はふだんから必ずポケモンGOを起動していた。こんな話を聞くと死亡事故にいたらないヒヤリハットな案件もたくさんありそうです。これ、いつまでも「ユーザーが悪い」という理屈でいいのか。と思ってしまいます。

私はポケモンGOのゲームそのものは悪いと思ってません。過去にも記事を書いてるけれど、私はゲームのシステムに問題があると思ってます。

あのGOというゲームは大丈夫なの?
ポケモンGOの事故が日本でも起きてるけどメーカーはどう思ってるのかな
ポケモンGOの除外申請の情報はビッグデータとして活用できないかな

ゲームのおもしろさを否定するつもりはないんです。

歩きながら、自転車に乗りながら、車を運転しながらでもプレイできてしまうシステムが問題。

「ながらスマホ」の問題を取り上げると、ほかのアプリも同じだという意見もあるけれど、ポケモンGOは「移動すること」がゲームの要素となっているため、移動手段と直接関係してきます。だからLINEやツイッターなどの「ながらスマホ」とは行動との関係性が違うんです。

移動することがゲームの要素となっている以上、システムは移動手段も考慮するべきです。ゲーム内容に関わるけれど、おもしろさとは切り離せる(切り離すべき)制御だと思います。

「ユーザーが悪い」という理屈では解決しない

ユーザーのモラルの問題だという意見もあります。

それは否定しません。

けれど、ひとのモラルだけでは片付けられないし、片付いてないです。

モラルで抑えきれない問題があるのなら、システムで制御しなければ解決は難しいです。モラルが浸透するまで犠牲者が出る状態を放っておくわけにいきません。注意喚起は不届きなユーザーほど聞き入れないでしょう。

例えば、いつまでたってもなくならない個人情報の流出事件。これを流出させたひとが悪いという理屈で片付くのなら、システムのセキュリティ対策は不要です。ひとを管理すれば良いのですから。

100円ライターは、子供が誤って使用しないように弱いチカラでは容易に着火できなくなています。これも保護者が気をつければ良いのなら不要な機能です。

仕事でトラブルが発生したら、是正や改善をします。顧客には報告書(顛末書)を提出します。死亡事故が起こるようなトラブルの報告書の解決策が「以後気をつけます」や「気をつけさせます」では通らないです。私なら、そのような報告書は受け取れません。

人のせいにするのは簡単です。でもそれで解決できない(できてない)のなら、誤った使い方ができないようにシステムを改善するのが開発者の当然の義務だと思います。

開発者にやってほしいこと。ユーザーとして意識したいこと。

ポケモンGOに限らず、今後発売されるゲーム、携帯端末で使用できるアプリ、サービス全般にお願いしたいこと。

「移動が要素に含まれるシステム」は、当然に、あるきながらや運転しながらの利用を想定した制御をしてほしいです。例えば時速20km以上なら画面を表示しないとか。いっそのこと高速移動したらペナルティを設けるくらいでも良いと思います。歩きスマホも危険なのだから速度制限は時速10kmでも良いのかも。(誤差を考えるとゼロは現実的じゃない気がします)

こういった制御をすると、車の助手席や電車、バスで利用できなくなりますが、誤った使い方をするユーザーがいる以上やむを得ないと割り切ってほしいです。

自分は誤った使い方はしない。と考える人は残念に思うかもしれませんが、社会の安全を図るためにはさまざまなモノ、コトが制御、制限されているものです。

自分は泥棒はしなくても、家のカギはかけるでしょ。

「自分はやらない」という理屈では、社会は守れないと思います。不埒な輩がいる以上、ガマンが必要なこともあると思います。

さいごに

重ねて言いますが、ポケモンGOが悪いと言いたいのではないです。ゲームはいいんです。むしろ良いゲームだと思ってます。

ゲームのシステムに問題があると思っているのです。当然、使うひとにも問題はあります。

人任せでは解決が難しいだろうから、システムで対応するべきだと考えます。

純粋にゲームを楽しんでいるユーザーのためにも。

【追記】
すでに速度制限がある(時速40km以上ではポケモンが出ない)という意見もあるけれど、今回の事故を見る限りその制限では足りないと感じています。40km制限道路なんてたくさんあるから。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ビジネス
-

執筆者:

関連記事

学生に知って欲しい会社で使う数字の読み方

社会に出ると不思議な数字の読み方に出会います。自分の業界で使われている慣例的なルールに従えば間違いありませんが、それを常識だの当たり前だのと言われると、ちょっと「面倒くさいな」と思ってしまいます。

manga_d

まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論を読んでみた

まんが好きのケンちです。ドラッカーが各著書で語っているリーダーシップ論を取りまとめて漫画にしてしまった「まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論」が出たので読んでみました。リーダーはもちろん一般社員 …

掃除

今日の予定は会社のトイレ掃除でしたが何か?

今日は会社のトイレを掃除しました。何かの罰というわけではなく、自分でたてた予定です。 社内では環境整備や営繕の担当なので、その一環としてスケジュールした仕事なんだけど、Googleカレンダーに「トイレ …

mail_miss

PCメールの誤送信を防ぐ2つの方法

メールの誤送信は個人情報の漏えいなどのリスクが高い割に対策が不十分な人が多いと感じます。社外の人にメーラーの設定などを聞いても「送信時に気を付ける」といった事実上対策がされてない話も聞きます。今回は無 …

自治体の対応がバラバラなせいで毎年発生する会社のコスト

給与支払報告書って知ってますか? 給与支払報告書は毎年1月末までに市区町村に提出する書類です。この提出方法は市区町村(自治体)ごとにバラバラ。同じ書類なのにバラバラ。用途が同じなのにバラバラなんですよ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。