パソコン ビジネス

入力ミスや手間をなくすためにIMEの単語登録を使ってみた

投稿日:2014年4月20日 更新日:

tangotouroku

仕事を始めたばかりのときは、まだ慣れない個人名や取引先名を誤変換してしまうミスってありませんか?

伊藤と伊東、齋藤と齊藤など、うっかりミスでも相手によっては激しく激怒されることがあります。これが取引先だったりすると面倒なんですよね。

そんなミスを減らすために便利なのが単語登録です。使っている人は多いと思いますが、まだ使ったことがない人は早いうちに登録しておくと失敗を防げますよ。




単語登録の便利な使い方

IMEの単語登録について簡単に説明しますね。

単語登録とは日本語変換システムに自分独自の単語を登録する機能です。普通は「いとう」と入力して変換すると「伊藤」や「伊東」が出てきますよね。これを「伊東部長」のように独自の文字列で変換できるのが単語登録です。

これは取引先名などでも活用できます。たとえば、「株式会社それどう」という社名があったとします。単語登録を活用すれば「それどう」と入力しただけで「株式会社それどう」と変換されるようにできます。

単語登録はとっても簡単なので、まだ使ったことがなければぜひ試してみて下さい。

ウィンドウズの標準機能で単語登録する方法

文字を入力している途中で「これ単語登録したいな」と思ったときに使える便利な方法を紹介します。

登録したい文字を選択してから「Ctrl」キーを押しながら「F10」キー を押します。

すると、プルダウンメニューが表示されるので、上から2番目の「単語の登録」を選びます。(プルダウンメニューが出たら↓キーを2回押すのが早くて便利)

単語登録のウィンドウが表示されます。「単語」には選択した文字が入っています。あとは「よみ」や「ユーザーコメント」を登録すればOKです。

登録しておくと仕事がはかどる単語

取引先名などは気が付いたときにどんどん登録してしまうと良いです。

その他にも日常的に使うあいさつなども単語登録しておくと変換が楽になって便利です。

よろ → よろしくお願いします。
あり → ありがとうございます。
あり → ありがとうございました。
おせ → お世話になっております。
おつ → お疲れ様です。

変換しにくい文字や間違えやすい文字にも使えます。

ほー → ホールディングス
こみ → コミュニケーションズ

さいごに

単語登録を活用すれば仕事がはかどります。間違えて怒られることもなくなります。

エクセルの関数やプログラムコードを登録しておけば記述が速くなります。
「ごうけい」→「=SUM(」みたいな使い方です。

使い方次第でいろいろ活用できそうですね。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-パソコン, ビジネス

執筆者:

関連記事

大型書店で増えた「本のタワー積み」は不適切だと思う理由

本を大人の身長より高く積み上げる「タワー積み」や、複雑な形状で積み上げる「スパイラル積み」が大きな書店で見られるようになりました。 一見おもしろそうな試みだけど、本のタワー積みは商業的にも広告的にも間 …

自治体の対応がバラバラなせいで毎年発生する会社のコスト

給与支払報告書って知ってますか? 給与支払報告書は毎年1月末までに市区町村に提出する書類です。この提出方法は市区町村(自治体)ごとにバラバラ。同じ書類なのにバラバラ。用途が同じなのにバラバラなんですよ …

ID カードは便利だけどちょっと怖い

使ってますか?IDカード。首から下げたり、クリップで胸元や腰に付けたりするアレです。 私の会社でも使っていますが、ちょっと怖いなと思うときがあります。

ネットでモノを売ることへの雑感

ネットで気軽に商売ができる世の中になりましたね。ショッピングカートのシステムも安く使えるようになりました。ネットショップもわずか数分で出来たりして便利です。 でも、いままでお客様を相手に、お金のやり取 …

会社で聞くとがっかりする呪文のような言葉

職場や取引先で残念な言葉を聞くことがあります。影響力がある残念な言葉はある意味呪文と同じです。今回はそんな呪文のをピックアップしてみます。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。