パソコン ビジネス

入力ミスや手間をなくすためにIMEの単語登録を使ってみた

投稿日:2014年4月20日 更新日:

tangotouroku

仕事を始めたばかりのときは、まだ慣れない個人名や取引先名を誤変換してしまうミスってありませんか?

伊藤と伊東、齋藤と齊藤など、うっかりミスでも相手によっては激しく激怒されることがあります。これが取引先だったりすると面倒なんですよね。

そんなミスを減らすために便利なのが単語登録です。使っている人は多いと思いますが、まだ使ったことがない人は早いうちに登録しておくと失敗を防げますよ。




単語登録の便利な使い方

IMEの単語登録について簡単に説明しますね。

単語登録とは日本語変換システムに自分独自の単語を登録する機能です。普通は「いとう」と入力して変換すると「伊藤」や「伊東」が出てきますよね。これを「伊東部長」のように独自の文字列で変換できるのが単語登録です。

これは取引先名などでも活用できます。たとえば、「株式会社それどう」という社名があったとします。単語登録を活用すれば「それどう」と入力しただけで「株式会社それどう」と変換されるようにできます。

単語登録はとっても簡単なので、まだ使ったことがなければぜひ試してみて下さい。

ウィンドウズの標準機能で単語登録する方法

文字を入力している途中で「これ単語登録したいな」と思ったときに使える便利な方法を紹介します。

登録したい文字を選択してから「Ctrl」キーを押しながら「F10」キー を押します。

すると、プルダウンメニューが表示されるので、上から2番目の「単語の登録」を選びます。(プルダウンメニューが出たら↓キーを2回押すのが早くて便利)

単語登録のウィンドウが表示されます。「単語」には選択した文字が入っています。あとは「よみ」や「ユーザーコメント」を登録すればOKです。

登録しておくと仕事がはかどる単語

取引先名などは気が付いたときにどんどん登録してしまうと良いです。

その他にも日常的に使うあいさつなども単語登録しておくと変換が楽になって便利です。

よろ → よろしくお願いします。
あり → ありがとうございます。
あり → ありがとうございました。
おせ → お世話になっております。
おつ → お疲れ様です。

変換しにくい文字や間違えやすい文字にも使えます。

ほー → ホールディングス
こみ → コミュニケーションズ

さいごに

単語登録を活用すれば仕事がはかどります。間違えて怒られることもなくなります。

エクセルの関数やプログラムコードを登録しておけば記述が速くなります。
「ごうけい」→「=SUM(」みたいな使い方です。

使い方次第でいろいろ活用できそうですね。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-パソコン, ビジネス

執筆者:

関連記事

IT系の会社に務める人がパソコンに詳しいとは限らないですよという話

IT系の会社に務めていると、みんながみんなパソコンに詳しいと思われがちですがそんなことは全然ないです。専門特化した仕事をしてる人は意外とパソコンの知識に疎い場合があります。スマホ持ってない人もいます。

タチの悪い迷惑メールがきた

私のガラケーには毎日迷惑メールが来ます。よくも尽きないものだなぁと妙に感心する一方で、子供が見たら心配になるんじゃないかなと思う内容も… で、今回ちょっと悪質だなと思う内容のメールが来たので紹介します …

退屈

プレゼンが失敗する3つの理由

プレゼンって難しいですよね。資料を作るのは大変だし、本番で話しをするのも緊張します。プレゼンのあとで「失敗した」と思っている人も多いのではないでしょうか。ビジネスにおけるプレゼンで失敗しているケースを …

年次有給休暇を完全に消化するためにやったこと

労働者の当然の権利であるはずの有給休暇が取得できない人が多いです。特に日本は。 わたしもかつては有休が取れず毎年時効で20日消滅していました。 今年度は完全に消化できたので取り組んだことなどを書きます …

medium_3274924701

お年寄りに靴を売ってくださ〜い!

「年寄りの靴が売ってないんだよ」とは70歳の母の言葉です。新しい靴を買おうと思っても売っている店がないらしい。まったくないわけではないけど、サイズや色、デザインがほとんど選べない品ぞろえということだ。 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。