映画

その男パズー

投稿日:

前回に引き続き天空の城ラピュタネタです。

今回はパズーについての考察を簡単に書いてみました。



まだこどもパズー

パズーはこども。子供扱いされているコトに不満をもつこども。

自分で飛行機を作るくらいメカには強い。しかしパズーは鉱山の街では子供扱いされていました。パズーは、もっと難しいこともやってみたいと思っていました。

女の子が空から降って来たシーンで親方が言います。

「パズー、おまえやれ」

ここでパズーは嬉しそうな顔をします。昇降機の操作はパズーにはまだ早く、任せられない仕事でした。でもパズーはやってみたかったんでしょう。そんな仕事ができる嬉しさが表れているシーンです。

しかしパズーは女の子が気になってブレーキ操作で冷や汗をかきます。

こどもだな、パズー。

出逢い上手パズー

パズー、すげぇテクニックだな。と思ったシーン。

それはシータと初めて言葉を交わした場面。

「ハハハ…やあ!気分はどう?」と軽くあいさつ。

ここからがパズーのうまいところ。

「うわ!待て!待てったら」

ハトが群がるパズーを見て微笑むシータ。ここでシータの心が開き始める。

「ぼくはパズー。この小屋でひとり暮らしをしてるんだ」と、簡潔に自己紹介。そして「吹き終わったらあげるきまりなんだ」と、ハトのエサをシータの手に乗せます。

驚くシータ。ハトが群がり喜ぶシータ。

シータの緊張がとかれます。

心を開かせるには十分すぎる演出です。動物を使ったうまいテクニックです。

本当は不思議な少女の素性を知りたいと思うんですよ。空から降ってきたのはどうしてだろうとか、質問したくなると思う。でもそれよりも先に人間関係を作ってる。

シータはここでパズーを信用します。たったこれだけで。それは大事な飛行石を、なんの抵抗もなくパズーに貸してしまうシーンに表れています。

やるなぁ、パズー。

強い男パズー

クライマックスの「バルス」のシーン。ここ、よく考えるとパズーのすごさがわかります。

「バルス」を唱えるシーンは、死を覚悟するシーンです。呪文を言ったら死んでしまうんです。

シータはこの少し前に死を覚悟しました。玉座の間のことを「ここはお墓よ。あなたと私の。」と言います。これが言える覚悟もすごいです。でもシータは王家の血を引く者として覚悟したのだと思います。

パズーは?

ラピュタとは関係ないんですよ。一緒に死ぬ責任はないんです。ドーラたちと逃げたって良いはずなんです。放っておいてもムスカはなにもできずにシータと一緒にただ死ぬだけです。

でもシータを置いて逃げなかった。

「あの言葉をおしえて。ぼくも一緒に言う。」

バカな男だな。パズー。

カッコ良すぎるぞ。パズー。

さいごに

軽便鉄道

物語の中でパズーは急成長します。鉱山では見習い機械工だった少し頼りない少年は、タイガーモス号で技師の右腕となって活躍します。こういうきっかけも少年の成長を促したのかもしれません。

パズーって、純粋な少年ですよね。どことなく未来少年コナンと似ています。構想段階では未来少年コナン2として作られたから似ているのかもしれません。

それでいて人間関係の作り方もうまい。

こんないい男がシータと…

意外なその後は小説に書かれています。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-映画

執筆者:

関連記事

ガールズ&パンツァー劇場版の感想と見どころ

ガールズ&パンツァー(ガルパン)の劇場版を観てきました。おもしろいアニメ。気に入ったアニメ。これを熱く語るほどに、他人の気持ちは冷めるもの。なので熱くは語りません。 ガルパンのテレビシリーズを見て面白 …

no image

映画『バクマン。』を観た感想。実写ならではの良さが満載だった!

映画『バクマン。』を観てきましたので感想など書きます。漫画やアニメの実写化は失敗が多い印象ですが『バクマン。』は成功だったと思います。 映画『バクマン。』公式サイト

シン・ゴジラを観た感想

シン・ゴジラを観てきたので感想書きます。ネタバレなしのつもりで書くけど、他人の感想で期待感が損なわれる可能性は十分にあります。 楽しみにしている人は読まないほうが良いです。エヴァ(というか庵野監督)フ …

映画の4DXと爆音上映、どちらを選ぶ?ユナイテッドシネマ入間と立川シネマシティでガルパンを見比べた結果

最近の映画館はいろいろな工夫があって面白いです。4DXは派手な体感アクションが加わり、アトラクションのような面白さがあります。爆音上映という音に工夫を凝らした劇場もあります。 4DXと爆音上映、どちら …

その女シータ

天空の城ラピュタネタです。 シータという女性に感じることを短く書きました。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。