ライフスタイル

クリスマスの憂鬱

投稿日:

子供が生まれてから、クリスマスに憂鬱を感じる出来事が続いている。

相手の人は親切のつもりなのだろうけれど、その人のおかげで我が家のクリスマスは毎年、微妙なムードになる。



クリスマスといえばケーキ

クリスマスにはケーキが付き物だ。

多くの家庭で、特に子供がいる家庭ならなおのこと、クリスマスにはケーキを食べる。

我が家でもケーキを食べる。

けれど、このケーキがくせものだ。

実は、我が家ではクリスマスにケーキを買ったことがない。

なぜなら、近所のご婦人がクリスマスケーキを毎年プレゼントしてくれるからだ。

それも特大のサイズを。

味が微妙なものを。

よろこびの機会が失われた

それは我が家に子供が生まれた年から始まった。

近所のあるご婦人が毎年、毎年、クリスマスケーキをプレゼントしてくれるようになった。息子を気に入っているかららしい。

名目は『子どもへのプレゼント』といったところだ。

毎年毎年毎年毎年…

うわーーーーー!!!!

いただきものを断るわけにもいかず、毎年受け取っている。

「いつもありがとうございます」と言いながら受け取っている。

これが苦痛だ。

特大のケーキは捨てるわけにもいない。

ナマモノだから早めに食べる。

量が多いから苦しい。

味も…我が家では絶対に買わないタイプの味だ。

グルメを気取るつもりはないけれど、さすがにこのタイプのケーキは選ばない。というレベルのものだ。

いや、はっきり言おう!

ぜんぜんおいしくない!!

この、おいしくないケーキを大量に食べなければいけない。

キツイ。

めっちゃキツイ。

味がアレがケーキを大量に食べると気持ち悪くなる。

このおかげでしばらくケーキは食べたくなくなる。

結果的に我が家では、自分たちでケーキを買う機会が失われた。

子供と一緒にケーキを選び、買い、「おいしいね」とよろこび合う機会が失われた。

親切は誰のため?

この苦痛に我慢できず、ある年「もう結構です」とお断りしたことがある。

返ってきた答えは

「もらっておけばいいんだよ!」

そして言葉と同時にケーキを突き渡した。

強引に渡されたケーキは、捨てたかったけれど、子供に説明ができない。

結局のところ、そのご婦人は、自分がやりたいからやっているだけなのだ。こちらの事情など気にもしていないのだろう。まさに『親切の押し売り』というやつだ。

プレゼントというのは、あげれば誰もが無条件で喜ぶものではない。こちらが断わっているのに無理やり渡すのは、もう異常と言ってもいいだろう。

しかし困ったことに『親切』や『気遣い』というのは、与える側の価値観で、受ける側の常識を否定されてしまうことがある。

第三者でさえ「黙ってもらっておけばいいのに」などと言う人がいる。

もらって、どうする?

子供にはなんて説明する?

「ケーキおいしかった?」と、聞かれるかもしれないのに。

もらった以上は食べないわけにはいかないのだよ。

『親切』や『気遣い』は、相手の感謝が生まれることで、はじめて成立する行為ではないのか?

自分勝手な『親切』のおかげで、我が家のクリスマスは毎年、毎年「また来ちゃったよ…」という困り顔をしている。

さいごに

うちの息子が覚えているクリスマスケーキの味は、あのおいしくないケーキの味だ。

そのご婦人のおかげで、我が家のクリスマスというイベントは台無しにされた。

そして、息子が社会人になってはじめての今年のクリスマス。

『子どもへのプレゼント』という名目が失われた。

今年はどうなるのだろうと思っていた矢先、さきほど例のご婦人がクリスマスケーキを持ってきてこう言った。

「お歳暮ということで」

うわーーーーー!!!!

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-,

執筆者:

関連記事

車いす、ベビーカー、自転車に欠かせないスロープは無いよりあったほうが良いけどソレはダメでしょ?と思ったので少し真面目に考えてみた

道路に段差がある場合、スロープが接地されている場所があります。 スロープがあると、車いすやベビーカー、自転車などを利用する人は助かります。つまずく危険が無いのでお年寄りも助かります。 安全で便利なスロ …

男がスカートを履いても良いと思う

スカートは女性が履くもの。というのが世間一般の常識になっていると思う。 これがすごく不思議だ。そしてもったいないと思う。 男がスカートを履いたっていいんじゃない?

youtsuu201401

【腰痛予防】ヘルニアの私がやってること

私は季節の変わり目はいつも腰が痛いヘルニア持ちです。ひどい時は右足が一日中しびれています。 ヘルニアは根本的な治療ができないので、一生付き合う病気です。なので日頃からの腰に負担を与えない動作のクセを付 …

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

子供と守り続けているひとつの約束

私には高校一年生の息子がいます。彼が小学三年生のときに、ひとつの約束を交わしました。私と息子の間にある約束事はこのひとつだけです。いまも続いています。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。