ライフスタイル

みんなで雪かきやろうよ!

投稿日:2016年1月21日 更新日:

歩道の雪に困惑しています。

歩道はみんなが使う道です。雪が積もって困るのはみんな。

だから、この歩道の雪をかくのはみんな。

『誰か』じゃなくて『みんな』

お前だ!

そして私です。はい。

雪国では常識的な話なんでしょうけど、ここは埼玉県。雪が多くない地域での話をします。



雪かきは筋トレ

雪かきは疲れます。私は一戸建てに住んでいるので自宅のまわりの道の雪かきをします。めっちゃ疲れます。会社でも雪かきしてます。めっちゃ疲れます。

超筋肉痛です。全身くまなく。

ぶっちゃけ、自宅まわりの雪かきなんてやらなくても私は困りません。5、6歩進めば自宅エリアから出ます。雪があってもたいした苦労ではないです。

でも、うちの前を通るひと『みんな』が困ります。だから雪かきをします。雪かきは自分のためにやるのではなく、道を使う人たち『みんな』のためにやるものです。

でも私はそんな崇高な誠心を持ち合わせてません。なので雪かきは筋トレのつもりでやってます。来週にはきっとマッチョメンになってます。

集合住宅の前の歩道は誰が雪かきする?

歩道の雪で困るのが、集合住宅の前の道です。

こんな状態の道があります。
集合住宅の前の雪かき

雪かきやってよ!何人住んでるの?手分けしてやればわずかな作業ですよ。

この状態、ありえないでしょ?
集合住宅の前の雪かき

ひとブロックとなりの集合住宅の前は綺麗に雪かきされてました。この差はなんでしょう?
集合住宅の前の雪かき

みんなの道はあなたの道

誰かがやると思っているうちは誰もやりません。『誰か』は『あなた』だから。自宅の前の雪かきをするのは『あなた』です。『あなた』がやらないと『みんな』が困ります。

『みんな』の中にはお年寄りや身体の不自由な人も含まれます。
エスコートゾーンの雪

正義の味方になってみようず

雪かきをして怒られることはありません。雪を積む場所を間違えると注意されることはあるかもしれませんが、だいたい感心されます。

偉いなぁとかいい人だなぁなんて思われます。そんな風に思われようと思うのもアリです。やらないよりもずっと良い。間違いなくいい人です。

でも、不思議と雪かきしていると、そんな損得勘定はなくなります。みんなのためにやろう。という気持ちになります。

やった結果は確実にみんなのためになります。

お年寄りや身体の不自由な人は助かります。もちろん健常者だって助かります。あなた家族も助かります。

正義の味方って感じしません?

さいごに

正義のためといっても、雪かきはとても疲れる作業です。となり近所までやるのはたいへんです。

せめて、自宅周りだけでもやってみませんか?

特に集合住宅に住んでいる人にお願いです。

全部できなくてもいいです。あなたが少しでもやれば、誰かが共感して参加してくれるかもしれません。

筋トレのつもりで住みやすい街をつくってみませんか?

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-

執筆者:

関連記事

高齢者の事故を減らすためにもお年寄りは家の中で携帯電話を携帯して!

お正月は帰省して実家で過ごす人も多いですよね。帰省は若い人と年配の人が会話する絶好の機会です。この機会に携帯電話の上手な使い方を若い人からお年寄りに教えて欲しいです。 今回は、緊急時の電話のかけ方はも …

副業する人に残業代が払われない理由

働き方の多様化が進んでいるようですね。 副業を容認する会社も出てきています。副業は法律で禁止されていることではないから、副業を容認する会社が評価されるのもへんな感じですけど。 副業が認められることを手 …

落ち葉を取る前の状況

道路の水はけが悪くて雨水が溜まって通れないので市役所に相談してみた

雨が降ると雨水が溜まって歩いて通るのが困難な道がありました。落ち葉が道路脇の側溝のフタの穴に詰まって雨が流れて行かないんです。 特にゲリラ豪雨のように突発的に大量の雨が降ると、大きな水たまりのような状 …

車いす、ベビーカー、自転車に欠かせないスロープは無いよりあったほうが良いけどソレはダメでしょ?と思ったので少し真面目に考えてみた

道路に段差がある場合、スロープが接地されている場所があります。 スロープがあると、車いすやベビーカー、自転車などを利用する人は助かります。つまずく危険が無いのでお年寄りも助かります。 安全で便利なスロ …

smartphone

子供にスマホを持たせるときの親の心構え

子供にスマホを与えるべきか悩む親は多いです。トラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらいいでしょう。そんな不安を解消する心構えを書いてみます。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。