給与計算・総務事務

給料は複数の銀行に分けて振り込んでもらうことができる?

投稿日:

会社から支給される給料をメインバンクに振り込んでもらっている人は多いと思います。

この振込先の金融機関は複数設定できる(場合がある)ことを知っていますか?

システム的な問題で対応可能な会社と不可能な会社がありますが、対応可能な会社でもこの方法を説明しないことがあるようです。

説明しないからといって、やってくれないワケでもなく、ただあえて説明してないだけ、みたいな。そんな会社もあるようです。

知ってる人だけ上手に利用しているコトなのでここで記事にしてみました。



誰に言えばできる?

会社の給与の担当者にこっそり聞いてみましょう。

こっそりですよ。

できることをあえて説明しない事情を察しましょう。

まあ秘密じゃなければいいんですけどね。

どういう仕組み?

これは給与計算ソフトを使っている場合のはなしです。

給与計算ソフトには各従業員の給与の振込先が登録されています。その金融機関の情報を使って、いつ、誰に、いくら振り込むのか、という情報(ファームデータ)を作り会社のメインバンクに送信します。

このファームデータを基に会社の銀行から各従業員へ給料日に給与が振り込まれる。とまあこんな仕組みです。

で、給与計算ソフトでは振込先の金融機関を複数(3箇所ほど)設定できるものがあるんですよ。

例えば振込先を2つにしてA銀行には定額で3万円、残り全額をB銀行に振り込む。こんな設定ができます。

設定さえすれば(してもらえれば)、複数の金融機関に自動的に振り込んでもらえます。

設定は最初の一回だけだから、それほど手間でもありません。でも安易に、かつ、頻繁に振込先を変更されると困ります。そんな事情もあって、あえて言わないケースもありそうです。あくまでも想像ですが。

振込先を複数にすると便利なこと

振込先が複数あると便利なのが、毎月必ず定額を別の口座に移してるケースです。

例えば、親や子供への仕送り

毎月決まった額を自分で振り込んでいるのなら、会社から直接振り込んでもらえば手間が省けます。

一度設定してもらえれば自分で管理しなくて良いので便利です。振込を忘れて怒られることもありません。

ほかにも積立や資産運用のために定額を別口座に移してる場合にも利用できますね。

裏技的な活用のしかた

家に入れる金額を定額にして残りは自分の口座に。なんて人もいるようです。いや、ちゃんと家族に同意の上でね。

愛人の…いや、これはやめておこう。

たくさん稼いでいるのに、口座は奥さんに管理されてお小遣いが少ない寂しいお父さんは、一万円だけ別口座にしてもらうとか。

考えればいろいろな使い方があるのですが、ここで大事なことは、他の金融機関に振り込まれた情報はその金融機関を管理している人にしかわからないということ。

家のメインバンクしか知らない人は、他の金融機関に流れて行ったお金のことは知る由もないということです。

もちろん悪用は勧めませんが、場合によっては必要な考えだと思います。

夫婦共働きで収入が十分にあるのなら、家に入れる金額は定額にして、残りは気兼ねなく自分にために使う。なんてのはアリかもしれませんね。

さいごに

すべての会社でできる方法ではありませんが、従業員が数十人もいれば給与計算ソフトを使っている可能性は高いです。

使ってみたい人は会社の給与担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-給与計算・総務事務

執筆者:

関連記事

保険料控除申告書

【年末調整】保険料控除申告書の書き方のコツ|払込証明書は全部貼る?

年末調整の書類書類の一つ、保険料控除申告書は今年支払った保険料がいくらだったのか証明するための書類を添付します。保険会社から送られてきてますよね? 生命保険に複数加入していると払込証明書がたくさん送ら …

年末調整の後の給与は手取額が増えることが多いけど減ることもあります

一般的なサラリーマンは、年末調整の後の給与の手取額が増えるケースが多いです。 12月(または1月)の給与が楽しみの人も多いでしょう。 でも、中には手取額が減ってしまう人もいます。

【年末調整】申告書の書き方(住所の同上、子供の続柄など)と住宅借入金等特別控除申告書の記入が楽になるコツ

会社勤め方には、毎年10月から11月にかけて「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」(長い!)と「給与所得者の扶養控除等申告書」の各申告書が会社から配られますよね。 どちらの …

総括表(総務省)

給与支払報告書(総括表)の一番シンプルな様式

給与支払報告書を自治体に提出するさいは、鑑となる総括表が必要になります。 この給与支払報告書の総括表は自治体によって様式が違います。 この様式の違いに困っている人は多いと思います。

給与計算はクラウド型ソフトが良い理由

5年ほど前に初めてクラウドによる給与計算を経験しました。 クラウド型給与計算ソフトは本当に便利です。 作業効率が上がります。 ミスが減ります。 作業の分担がしやすいです。 そんなクラウド型給与計算ソフ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。