怖い話や不思議な話

子供にだけ見えるモノ

投稿日:2015年8月11日 更新日:

小さなこどもは、大人には見ないモノが見えるという話を聞いたことはありませんか?となりのトトロも子供にだけ見えましたよね。

『子供にだけ見える』

これ、体験するとチョット驚きます。

家の中に猿がいる

息子が3歳になる前だったと思います。

ある日曜日の午後、息子と二人で部屋で遊んでいました。

部屋の中央にオモチャを広げて、買い物に出掛けた妻が帰るまで、息子と想像力を競い合うかのように一緒に夢中で遊んでいました。

いろいろなオモチャを組み合わせながら、新しい遊びを作り出します。遊びながら、次は何をしようか考えながら、楽しい時間がぐんぐん過ぎて行きます。

しばらくすると、息子の動きがゆっくり止まりました。

そう、ゆっくりと、『あれ?』っと、何かに気付いたように。

さっきまで遊びに夢中で興奮していた表情が少し落ち着きました。

部屋のすみを見つめます。

そこには何もありません。

何も無い部屋のすみを見つめています。

私は『ああ、見えているな』と思いました。

息子の表情がおだやかだったので、怖いモノではないようです。

私は息子に問いかけました。

「あそこに何かいるの?」

「うん」

「何かなぁ?」

「お猿さん。キャッキャ。」

「そう。お猿さんがいるんだ?怖くない?」

「うん」

どうやら部屋のすみに猿がいるようです。ただ黙って座っているだけのようでした。私もなんとか見えないものかとジッと目を凝らしてみましたが、残念ながら見えませんでした。

息子がまたオモチャで遊び始めました。

どうやら猿は消えてしまったようです。

深く追求すると怖がるかもしれないので、私はそれ以上何も聞かずに一緒に遊びました。

危害を加えるモノでなければ何がいてもかまいません。

私は自分に見えなかったのが残念で、ときどき部屋のすみを見ましたが、やっぱり何も見えませんでした。

震える子供

お猿さんを(息子が)見てから半年もたたないある日。

その日も息子と二人で留守番をしながら遊んでいました。

一緒に遊んでいると、息子が私に抱きついてきました。

視線は部屋の椅子の上。

しかし今回は見つめるのではなく、視線をそらしました。

表情もおだやかではありません。少し震えているようです。

『これは怖いヤツだな』と思いました。

息子を両腕で包むように、守るように抱いて、静かに椅子から遠ざかりました。

「父さんが一緒だから大丈夫だよ。何か怖いのがいるの?」

「ヤギ。くろいの。たくさん。」

『ヤギ?』

どうやら黒くて小さいヤギがたくさんいるらしい。

今度もジ〜ッと見てみましたが、やっぱり私には見えません。

目をそらしていた息子の視線が廊下から玄関へ向かいました。

「ヤギは出ていったの?」

黙ってうなずく息子。

「父さん一緒だから、大丈夫だから、外に見にいってみようか?」

「うん」

息子の表情はすっかり落ち着いていました。抱っこで安心したようです。私は息子を抱いたまま玄関をでました。

「どっちに行ったのかな?」と聞くと、東の空をゆび指しました。

「飛んで行っちゃた?」

「うん」

息子は空を見つめながらうなずきました。

黒い小さなヤギの群れは東の空へ飛んで行ったようです。

また見れなかった。残念。

でも怖いヤツはもう来てほしくないな。

子供にだけ見えるヤツだね

それから何日かたったある日。

今度は妻もいる日です。

息子がベランダをジッと見ています。

そこには何もありません。

『また何か見えているのかな』

そう思っていると、妻が言いました。

「何か見えているんだね。子供にだけみえるヤツだね。」

『え?』

そうか。私よりも息子と二人きりの時間が多い妻は、もっとたくさん同じような体験をしているのかもしれない。

でも、『子供にだけみえるヤツ』と言っている。つまり大人には見えないようです。

う〜ん、残念。

怖いのは見たくないけどね。

見えていることを認める

同じような体験をした人はどれだけいるでしょうね?

存在しないモノが見える事を『幻視』といいます。インフルエンザなどの高熱が原因で見えることがあるそうですが、幸い息子は発熱していませんでした。なので高熱による幻視ではありません。

その後は『子供にだけ見える』モノは表れませんでした。いや、いるけど見えなくなっただけかもしれません。

もしも、あなたの子供が同じように『子供にだけ見えるモノ』を見つけたらどうしますか?否定しますか?

できれば『そんなものあるわけない』と否定せずに、見えていることを認めてあげてほしいです。反対の立場だったら悲しいし、怖いでしょ?

見えなくても、見えていることを認めてあげれば、子供は安心すると思います。

それにしても、できれば一度は見たかったなぁ…

残念!

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-怖い話や不思議な話

執筆者:

関連記事

medium_14100040095

心霊現象が本当に苦手で怖くてたまらない人へ

幽霊が怖くて怖くてしかたがない人っていますよね。考え込むと頭がおかしくなりそうなくらい幽霊が苦手な人。気持ちはよくわかります。私もそうでした。 一方、怖がっている人を面白がって怪談話をしてくる人ってい …

日本の中の戦争

平和ですね。海外では日本人が人質になる事件が起きてますが日本国内は平和です。戦争なんてテレビの中の出来事のようです。でも現実は違います。なぜなら日本国内で戦争の道具を作っているからです。

側にある恐怖(災害事故の記憶)

飛行機が落ちる。人が大勢亡くなる。 そんな惨事は突然やってくる。 そんな惨事のニュースを見ると思い出すことがある。

【音】本当にあった不思議な出来事。通り過ぎていったのは何だったの?

なつかしい話を思い出したので書いておこうと思う。私の実家では時折不思議なことが起こる。いや、起こっていたらしいといった方が正しい。なにせ大人になってから母親や姉から聞かされる不思議な昔話がいくつもある …

私が体験した最も不思議で怖い思い出

子供のころに不思議な体験をしました。 あれはなんだったんだろう? とても不思議で、とても怖い思い出。 この記事の最後の一行の意味は未だに不明のまま私のトラウマになっています。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。