ライフスタイル

【高齢者住宅のウソ】床の段差はあったほうが良い

投稿日:2014年1月24日 更新日:

家を建てるときに、高齢者のこと(将来の自分?)を考えてバリアフリーを検討すると思います。

今現在、高齢者と同居している場合は、その方の健康状態などを考慮してバリアフリーの設計すればいいと思いますが、将来のためのバリアフリー対策なら、床の段差はあったほうがいいらしいです。

そう、床には段差があるほうが良いんです。




現役介護ヘルパーの母の教え

私の母は70歳の介護ヘルパーです。介護する相手の方が年下だったりします。

自転車でめっちゃスピード出して走るスーパーおばあちゃんです。

そんな母が、こんなことを言っていました。


世間の人は勘違いしているんだよ。

バリアフリーとか言って、床の段差をなくすから足が上がらなくなるんだ。

足を上げなくていい生活をしていたら足が上がらなくなるんだよ。

だから動けるうちから段差がない家に住んではいけないよ。

段差がある家に住めば毎日リハビリしているのと同じなんだよ。

段差がない家に住んでいると、絨毯の段差でもつまずくようになっちゃうよ。

バリアフリーでカラダを悪くしているんだからバカみたい。

動けなくなってから段差をなくせるようにすればいいのに。

なるほど…

介護の現場を知っている人のリアルな言葉に納得

介護ヘルパーをやっている母の言葉はリアルです。訪問先では本当に絨毯につまずく(母より若い)老人がいるそうです。

室内に段差がないバリアフリーは、事情を深く知らない(知る由もない)人が、「きっといいだろう」という思い込みから生まれたものなのでしょう。

そんな、一方的な思い込みで造られた住宅に母は疑問を投げかけました。まわりを見渡せば、世の中にはそんな「思い込み」だけで造られたものが多いのかも知れません。

車いす用のスロープも、実際には使えないものもたくさん見かけます。モノの有効性は理屈だけで考えずに、十分な検証が必要なのでしょう。

スーパーおばあちゃんは私の先生

母は介護の知識が豊富なのでいろんな話を聞かせてくれます。教科書には載ってない知識です。

話が長いですが、一人暮らしなので寂しいんでしょう。一人で家にいても退屈だから介護の仕事をしています。介護のセミナーにも参加する勉強熱心な人です。漢字を調べるためにエクスワードを年金で買って私に自慢しています。ちゃんと使いこなすところがまたスゴイです。

お年寄りだけでなく、カラダに障害がある方の介護もします。

世間一般の常識がズレていることを教えてくれる私の先生です。

機会があれば、また母の話を書きたいと思います。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

毎年4月2日は「世界自閉症啓発デー」です

こども、おとなに関わらず自閉症で苦しんでる人はたくさんいます。一見普通に見える人が実は自閉症に苦しんでいることもあります。 自閉症はなかなか理解されにくいです。

medium_2661428054

眼鏡市場でメガネを買う理由

眼鏡市場で2、3年周期でメガネを買い換えているケンちです。 今日も新しいメガネを買いました。メガネの購入を検討している人のために、私が眼鏡市場でメガネを買う理由と購入までのステップを書いてみます。

電気とかめはめ波と宇宙人

電気って不思議です。 コンセントから流れてくる100ボルトのアレのことです。 電気は見えないチカラでいろいろなことができます。 これは宇宙人の技術が使われているのかもしれません。

車いす、ベビーカー、自転車に欠かせないスロープは無いよりあったほうが良いけどソレはダメでしょ?と思ったので少し真面目に考えてみた

道路に段差がある場合、スロープが接地されている場所があります。 スロープがあると、車いすやベビーカー、自転車などを利用する人は助かります。つまずく危険が無いのでお年寄りも助かります。 安全で便利なスロ …

喪中

【喪中はがき】マナーはあってないようなもの?

親族の方が亡くなられた方は年賀状を出さずに、喪中はがきを出す風習がすっかり定着していますね。 私は以前、写真店に勤務していたことがあるので、写真付き年賀状の受付と一緒に喪中はがきの受け付けもしていまし …