ライフスタイル

「微物」の意味とは|新聞記事やテレビニュースで使われる不思議な言葉

投稿日:2013年9月30日 更新日:

medium_7109248893

photo credit: dave.dave.dave via photopin cc

微物という言葉を新聞記事などでたまに見かけますが、日本語変換で「びぶつ」を変換してもこの漢字が出てきません。ちょっと気になったので微物の意味を調べてみました。



微物の意味

ネットで意味を検索してみると…

ごく小さいもの。少しばかりの物。ささやかなもの。とるに足らぬほどのもの。
Yahoo!辞書より

だそうです。

新聞記事やテレビのニュースなどでは微物鑑定とか微物鑑識などと使われているようですね。要するに小さい物ってことなのでしょうけど、「微」と言うくらいだから、かなり小さい物ですね。

でも、私には小さいってだけでは足りない、何か意図があって使われている用語のような気がします。

すっごく小さいけど頑張って見つけました!(^-^)v

とか

小さすぎて鑑識出来なかったよ… ┐(‘〜`;)┌

みたいな…

何かの理由付けに使うために、あえて「微物」という言葉を使っているような…考えすぎでしょうか?

微物という言葉の使い方は新聞やニュースなどで見た限りでは、体液、皮膚、体毛、チカン事件では手に付着した衣服の繊維などがイメージできます。とても小さい物って考えれば良さそうですね。

文字のイメージ通りで、それ以上でもそれ以下でもないようです。

役所が使う不思議な表現

微物のように日本語変換できない言葉ってほかにあるかな?と思って調べてみたら「改刷」なんて言葉が見つかりました。

財務省のHPに「日本銀行券の改刷について」との記事があります。ようするに紙幣のデザインが変わることのようです。

「改刷」は辞書を調べても見つかりませんでした。

辞書にないということは文部科学省…
日本語変換できないってことは経済産業省…

どちらも認知してない造語ってことでしょうか。
なんだかややこしい…

意味が明確にされてない言葉を省庁が使うのは不思議な感じがします。

認知されれば認可されるのかな

「定番」はアパレル業界から生まれましたが、今では日本語変換でも出てくる一般的な用語になりました。

甘いものは「別腹」のように、どこから生まれたのかよくわからない言葉もありますが、一般生活に馴染みやすい造語が生まれるのは楽しくていいですね。

こういった造語は一般的に使われる機会が多ければ、いずれ辞書にも載り、日本語変換もできるようになるのでしょう。

「改刷」は無いでしょうね。一般人が使う機会がありません。

「微物」も報道でしか使われないような印象があります。

一般人が使う機会があるとしたら、チカンの冤罪にあった時に「微物鑑識して下さい!」と言うくらいでしょうか。そう考えると使う機会は無いほうがいいですね…

それではではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

【洗濯層の汚れ3】洗濯槽クリーナーは効果なし?

最近では洗濯槽の汚れを落とす専用の洗濯槽クリーナーが販売されていますね。洗濯槽○○キラーみたいな商品名です。洗濯槽クリーナーを使うと汚れ(ピロピロわかめ)がたくさん浮き出てきます。でも、その浮き出た汚 …

【親の心得】小さな子供にタブレットを与える危険性

スマホやタブレットで遊べる「お絵かきアプリ」や「絵本」などの子度向けアプリは、手軽に遊べて便利と好評のようですが、面白いがゆえに熱中し過ぎてアプリに依存する危険があるのではないかと心配になります。

母の日なので母に会いに行ってきた

母の日なので母に会いに行ってきました。特別なプレゼントなどはありません。元気な顔を見せることと母の話し相手になることが目的です。そんな母の日の日常。

「検索すれば何でもわかる」つまらなさ

インターネットで使われる検索エンジンのおかげで、知らないことは何でも調べられる時代になりました。 肝心なことは判らなかったりしますけどね。 検索窓に文字を打ち込んで、虫眼鏡のボタンを押せは、さっきまで …

男がスカートを履いても良いと思う

スカートは女性が履くもの。というのが世間一般の常識になっていると思う。 これがすごく不思議だ。そしてもったいないと思う。 男がスカートを履いたっていいんじゃない?