ライフスタイル

「サンタクロースは本当にいるの?」と子供から聞かれたときの答え方

投稿日:2013年10月6日 更新日:

子供が大きくなると、いつの間にかサンタクロースを信じなくなってしまいます。

いつまでもサンタクロースを信じていると友達からからかわれたり、親がプレゼントを用意しているところを偶然見つけてしまったり…

いろいろなきっかけでサンタクロースの存在に疑問を感じはじめます。

サンタクロースって本当にいるのかな?

そんな疑問を持ち始めた子供にどう答えてますか?




サンタクロースを疑う理由

テレビで「サンタクロースをいつまで信じてた?」といった話題を取り上げることがあります。こどもはテレビの人がウソをつくとは思っていないので、サンタクロースはいないのかな?と思ってしまうかも。

そんなとき、子供からのこの質問に困ったことはありませんか?

「サンタクロースは本当にいるの?」

どう答えます?

いる?

いない?

私はサンタクロースはいると確信しているので迷わず『いる』と答えます。サンタクロースの存在を子供の頃から疑った事はありません。(宗教的な理由ではありませんよ)

私が思うに、この疑問で問題となるのは赤い服を着た白いヒゲのおじいさんが煙突から入って来る話だと思います。

普通に考えたらそれはありえませんよね。私もそんな人がいるとは思ってません。いたら犯罪者ですから。

ではサンタクロースって何でしょう?

サンタクロースって何?

問題はサンタクロースの定義なんです。サンタクロースとは何か?ってこと。

これを「煙突から入って来るおじいさん」みたいに具体的な人物像にするからムリ出てくるのではないかと思います。

私の考えはこう。

サンタクロースとは子供への愛の象徴

現代のサンタクロースとは、そういうものではないでしょうか?

子供を喜ばせたい愛情を具現化した存在がサンタクロースであり、赤い服を着ているおじいさんはその象徴であると考えてみてはどうでしょう。

子供から見たら、サンタクロースを信じるということは、自分(子供)への愛を感じるということだと思います。プレゼントは親が贈っても、その意味は変わりません。

現実的にはサンタクロースがひとりで世界中の子供たちにプレゼントを配ってまわることなんて出来ないわけですから、親がその代役をしなければサンタさんは大変です。

信じていれば幸せな気持ちになれることを、わざわざ否定しなくても良い思います。それは、幸せ、好き、楽しいという嬉しくなる気持ちを捨ててしまうようなものです。その行為に何の意味があるのでしょう?

サンタクロースが実在する理由

あえて理屈で答えを出すとするなら、こんなのはどうでしょう。これも私がサンタクロースを信じている理由のひとつです。

グリーンランド国際サンタクロース協会という、世界各地に支部を持つ協会があります。世界中に、この協会公認のサンタクロースがいます。日本にも公認のサンタクロースがいます。

彼らは間違いなくサンタクロースです。親からプレゼントをもらえない子供たちにプレゼントを贈る活動をしています。でも、公認のサンタクロースだけでは世界中の子供たちにプレゼントを贈ることができません。だから、お父さん、お母さんがサンタクロースに変わってプレゼントを贈るわけです。

親がプレゼントを贈る=サンタクロースはいない

とはならないという理屈です。

こんな考え方があっても良いのではないでしょうか。

さいごに

いままでサンタクロースの存在にモヤモヤしていたなら、今年から堂々とプレゼントを贈ってみませんか?

サンタクロースはいるよ。でも世界中をまわるのは大変だから、大人がみんなでサンタさんに協力して、代わりにプレゼントを贈っているんだよ。

こんな理屈でも良いのではないでしょうか。

高価なプレゼントがなくても、愛情さえあれば子供はわかってくれると思います。

子供のサンタクロースはあなたです。

そしていつか、子供もサンタクロースになります。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

こどものモノをネットで公開しても大丈夫?

こどもから感動的なメッセージをもらうことがあります。こどもが描いた上手な絵に感動することもあります。 そんな誰かに見せたくなるようなモノをこどもから見せてもらったときに、ネットで公開する人も多いようで …

仕事中にノンアルコール飲料を飲んではいけないと思う理由

多様な人が集まる会社では秩序を維持するために個人の主義を抑制しなければいけないケースがあります。 ルールに違反してないからと言って、みんなが自分勝手に活動していたら組織としてまとまりません。

プールで溺れている友達を笑いながら見ていた200人

A君は1人でプールのど真ん中。 たった1人で溺れていた。 私はその様子を笑って見ていた。 私の他にも200人ほどの人がいた。 みんな笑って見ていた。 Y君だけは違ったようだけど。

【入園準備】文具や服に名前を簡単に付ける方法

幼稚園や保育園の入園準備はいろいろと大変ですよね。 特に初めてのお子さんの場合は買いそろえなければいけないモノもたくさんありますよね。 そんな大変な入園準備のなかでも特に大変なのが持ち物に名前を入れる …

【花見】桜の開花時期やお花見スポットを調べる方法

そろそろ桜が咲きそうなので、どこか花見でも行こうかと考えています。 たまには違うところにも行ってみたいな~と思って、花見ができる場所を探す方法をネットで検索してみました。 そこで見つけたのがウェザーニ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。