ライフスタイル

他人の子供を注意するということ

投稿日:

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。

こどもたちが危険な遊びをしていた。



遊ぶこどもたち

その公園の桜の木は、おもしろい枝が伸びている。

枝の高さは地面から約1m50cm。

枝の付け根の直径は約25cm。

枝の長さは約6m。

ほぼ真横に、長〜い枝が伸びている。

枝の生え際からなら、こどもでも登れる。

ぶら下がったり、またがったりして遊ぶには恰好の枝だった。

そこに(案の定)小学校3年生から6年生くらいのこどもたちが遊んでいた。

人数は6人。

枝の中央よりやや先端寄りところで、ぶら下がったり、またがったり。

6mの長い枝を、ブンッ!ブンッ!と勢い良く揺らしながら遊んでいた。

枝は大きくしなり、先端は地面に付いていた。

近くに親らしき大人はいなかった。

私は50mほど離れた場所から、その様子を見ていた。

危ないのでは?

紅葉の写真を撮りながら、少し心配になった。

生木の枝は丈夫そうに見えても意外ともろい。

大雪の翌日に大量の太い枝が折れているのを見たことがある。

参考:雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

年老いた木の枝は、一見丈夫そうでも、実は折れやすくなっていることもある。

こどもたちが、ぶら下がったり、またがったりしているあの枝が、万一折れて、こどもが下敷きになったらどうなるだろう。

こども6人の体重が支えられる長さ6mの枝の重さはどのくらいあるだろう。

こどもたちのすぐ側に大人はいなくても、その公園には大人がたくさんいる。たくさん大人たちが、そのこどもたちが遊んでいる姿を遠目で見ている。

明らかに心配そうな表情をしている人もいる。

そのままでいいの?

みんな、なんかヤバそうって思ってるんじゃないの?

おせっかいおじさん登場

木の枝で遊ぶこどもたちのところへ、おせっかいおじさんが登場した。

おじさんはこどもたちのところへ行き、こう話しかけた。


みんなで枝に乗って揺らしたら、危ないんじゃないかな?

万一、枝が折れたら木がかわいそうじゃない?

遊んじゃダメとは言わないけど、もう少しだけ、優しくしてあげたほうがいいんじゃないかな

怒っているんじゃないよ。これはお願いだ。

もう少しだけ、優しく遊んであげてね。

そう言って、おせっかいおじさんは去っていった。

こどもたちは、キョトンとしながらも、少し気まずい顔をしていた。

ちょっとやり過ぎたと思っていたのかもしれない。まったく知らないおじさんにいきなり声をかけられて、どうしていいのかわからなかったのかも知れない。

木の枝が折れるなんて、想像もしなかったのかもしれない。

他人の子供を注意するということ

他人の子供に注意するのは難しい。

今は他人の子供に声をかけただけで、怪しまれ、あらぬ疑いをかけられるリスクもある。

良かれと思った行動で、反対に責められることもある。

だからといって、危険を感じながら、コトが起きるまで黙って見ていていいのだろうか。

余計なお世話かもしれないけれど、大怪我の恐れを感じる状況なら、声をかけるべきだと思う。

やってはいけないことをしているのなら、注意するのが大人の役目だと思う。

たとえそれが他人の子供でも。

その子の親からあらぬ疑いで責められたってかまわない。

それで何事もなければいいのだから。

さいごに

公園では迷子のお知らせのアナウンスが流れていた。

「白い服、黒いズボンを履いた2歳のお子様が迷子です」

2歳の子供が、どうやったら迷子になるんだ?

親には親の事情があるのだろうけど…

こんな状況で誰が子供たちを守るのだろう。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

「検索すれば何でもわかる」つまらなさ

インターネットで使われる検索エンジンのおかげで、知らないことは何でも調べられる時代になりました。 肝心なことは判らなかったりしますけどね。 検索窓に文字を打ち込んで、虫眼鏡のボタンを押せは、さっきまで …

秘密は秘密でお願いします

他人の秘密を知るのは面白いようです。ゴシップは昔から人気があります。 知り合いの内緒話もいつの間にか拡散されてたりします。 これはいつの時代も変わらないんでしょうね。

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。 そこには大量の木の枝が …

夫婦別姓について思うこと

身近な人と夫婦別姓の話をしていると、文化、法律、家制度(というか氏)、アイデンティティー、性差別、書類などの表記、呼称、事務手続きなどなど、いろいろな問題に話が広がります。 夫婦別姓について議論すると …

高齢化の世の中で取り残されるお年寄り

もう誰もが知っていることだけど、日本は子供が少なく、お年寄りが増えていきます。だけど、街を見渡すとそんな雰囲気を感じません。 お年寄りをあまり見かけないんです。確かにいるにはいる。でも人口比率と噛み合 …