ライフスタイル

歩道の雪かきは誰がやるのか?

投稿日:2014年2月11日 更新日:

ある日、私が住む埼玉県南部で記録的な大雪が降りました。

3日過ぎても日陰では歩道に雪が残っていてました。

さて、この歩道の雪はだれが除雪するのでしょう?




集合住宅の雪かきは誰がやる?

私の勤務先の周辺道路は、会社の男性社員が協力して雪かきをしました。近隣の住民の方々も、それぞれ自宅回りの雪かきをしています。

これは自治会の仕事をしていて感じたことですが、戸建てに住む人は、こういった地域貢献に協力的な印象があります。自分の住宅が地域に根付いている感覚が強いのだと思います。

一方、集合住宅に住む方々は対応がさまざまです。

雪かきの役割が明確ではないので戸惑う人もいます。

ぶっちゃけ、誰がやってもいいんですけど。

自分が雪で滑って転んで「ぐげっ」って言いたくなかったら自分でやればいいと思います。

協力してやるルールがないのなら、どんどんやりましょうよ。

放っておくと、あなたの住宅の前だけ危険ゾーンになります。

歩道の雪

スコップが無い

集合住宅に住む友人から聞いた話では、スコップが無いということでした。

でも、戸建ての人もスコップを買う義務なんてありません。自腹で買ってます。

みんな一緒です。

気づいたらやる、でいいじゃないですか。

『誰かがやる』と思っていたら、誰もやりません。『誰か』は自分です。

そんな義務はないは無いと思うのなら、やらなくても良いと思います。

雪はずっと残ったままですけど。

スコップかシャベルか

ちなみに歩道の雪をかくには、プラスチック製のスコップでは役にたちません。

プラスチック製のスコップは、柔らかく、軽い雪に向いてます。屋根の上の雪ならプラスチック製でもいいでしょう。

でも、路上の雪は踏み固められて固くなっているので、プラスチック製ではすぐに壊れてしまいます。

路上の雪をかくには金属製のスコップが必要です。

シャベルではなく、スコップですよ。

シャベルは固い土をほじくり返すために使うものです。そのため、刺さりやすく力が入りやすい構造になっています。

一方、スコップは、すくって運ぶための道具です。大量にすくいやすいように、先端が平らになっています。アルミ製だと軽くていいですね。重いスコップは少ない量の雪かきでも疲れます。

さいごに

黙々と雪かきをすれば、お子さんがいる家庭なら子供から「パパかっこいい!」、奥さまから「あなた素敵♪」と株が上がるでしょう。

ご近所からも評判になること請け合いです。

情けは人のためならずといいます。

体力作りも兼ねて、雪かきやってみませんか?

それではまた。

※シャベルとスコップの呼称は地域や製品によってさまざまです

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

熱い布団

熱くて眠れない?昼間干した布団を冷ます方法

夏場に布団を干すと、寝る時に布団が熱くて眠れない…なんてことありませんか? そんなときに使える布団をサッと冷ます方法を紹介します。

会社の忘年会は死ぬほどイヤだ!

会社の忘年会は死ぬほどイヤです。 どのくらいイヤかと言えば、死ぬほどです。

高齢者の事故を減らすためにも年末年始に帰省したらやってほしいこと

年末年始に帰省しますか? 最近では親とSNSで繋がっている人も多いと思います。でも、やっぱり顔を合わせるのって大事ですよね。 多くを語らなくても、側にいるだけで通じ合うものがあったりします。 今回は親 …

ミニマリストに「それいるの?」って言われると…

モノが無いとスッキリする。 片付けで仕事や生活が改善される。 それは本当だと思う。 思うけど、ミニマリストが推進する断捨離は、なんか違うんじゃない?って思うときもあります。

他人の子どもが困っていたら助ける?

例えば、人がたくさんいる状況で、目の前で子どもが車にひかれてしまったら、どうしよう。 たまたま事故現場に居合わせたとしたら。 あなたならどうする?

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。