ライフスタイル

【通学児童が危ない】朝の車通勤で裏道を使ってる人!それは違反かもしれません

投稿日:2015年12月8日 更新日:

自転車通勤していると、朝から交通違反している車を見かけます。

それもたくさん。次から次へと違反車両が走っていきます。

みんな気付いてないのかな?



朝に多い交通違反

朝特有の交通ルールがあります。特に車両は要注意。

それはスクールゾーンです。

緑の線が引いてある道路ですね。知っている人が多いと思います。というか、みんな知ってますよね。

このスクールゾーンの時間を守らない車を多く見かけます。どうやら通勤車両が近道として通行しているようです。

大きな通りを結ぶ裏道でこの交通違反を毎日見かけます。

朝、子供たちのすぐ脇をすり抜けて行く車を何台も見ます。

知っていて違反しているのでしょうか?

知らずに違反しているのでしょうか?

いずてにしても、知らなかったではすまされません。

緑色の表示がない場所もたくさんあります

スクールゾーンのあり方は自治体や地域によってさまざまです。

そのルールも進入禁止だったり、一方通行だったり、いろいろです。時間帯も朝だけだったり、朝と午後もあったりします。

注意したいのは、必ずしも道路に緑の線が引いてあるとは限らないということです。

住宅ある地域なら、朝の時間帯は裏道は使えないと思ったほうが良いです。住宅があれば通学の子供がいると考えるのが妥当だからです。

道路に緑色の線がなくても、こんな標識だけがある道路はたくさんあります。
自転車および歩行者専用道路の標識

この標識は「土曜、日曜、休日の7時30分〜8時30分」のあいだは「自転車および歩行者専用道路」になる標識です。つまり、この時間帯は車は通れません

この表示の仕方は、意味は同じでも車両通行禁止の標識ではないため、見過ごしがちではないでしょうか。

朝の通勤に車両を使用している人は今一度、いつも使っている道路の標識を確認してみてほしいです。

あなたが使えばみんなが使う

困ったことに、人は誰かがやっていると自分もやって良いという誤解をします。

1台の車両が交通ルールを無視して裏道に入って行くと、他の車両もそれに続いて進入してしまう危険があります。

自分は安全運転するから大丈夫というわけにはいかないんです。

通勤時間帯に裏道を使う理由は、急いでいるからですよね。だから裏道を使うんですよね。実際に違反をしている車両たちも結構なスピードで通り抜けて行きます。

ひとりが違反をすると、大勢が違反をする危険な道路になってしまします。

自分だけなら、は通用しません。

猛スピードで走り抜ける車を先導しているのは、自分かもしれないんです。

さいごに

狭い裏道をスピードを出して走り抜ける車を見ます。

遅刻をした子供が家から飛び出すシーンを見たこともあります。

この2つの瞬間が重なったらと思うと、とても怖いです。

車通勤に限らず、朝の時間帯に車を使うすべての人に広めてほしいお願いです。

交通ルールを守って、通学時間帯の裏道の使用は控えててほしいです。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

クレヨン

【子供のクリスマスプレゼント】タブレットはおもちゃになるか?

いきなりですが、日本経済新聞によると子供へのクリスマスプレゼントの平均予算は 6253円だそうです。 ※バンダイによる調査結果です なんか、ちょうどゲームソフト1本分って感じですね。 調査結果によると …

smartphone

子供にスマホを持たせるときの親の心構え

子供にスマホを与えるべきか悩む親は多いです。トラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらいいでしょう。そんな不安を解消する心構えを書いてみます。

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。 そこには大量の木の枝が …

電気とかめはめ波と宇宙人

電気って不思議です。 コンセントから流れてくる100ボルトのアレのことです。 電気は見えないチカラでいろいろなことができます。 これは宇宙人の技術が使われているのかもしれません。

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。