ライフスタイル

奇跡はそこにある

投稿日:2016年12月19日 更新日:

12月に思うこと。

この季節だから思うこと。

わずかなきっかけが奇跡を起こす

自分がこの世に生まれたことは奇跡だと思う。

それは人によって受け止め方が違うだろうけれど、偶然と言ってしまえばそれだけなのだけれど。

でも偶然の積み重ねが奇跡を起こしたような気がする。

親の出会いも奇跡なら、子の誕生も奇跡だ。

偶然の積み重ねかもしれない。

その偶然の、ふとした思いつきの行動が運命を変えることもある。

例えば、趣味で始めたことで新たな人と出会い、そこで出会った人と結婚したのならば、それはひとつの奇跡だと思う。

そのきっかけはテレビで偶然見たことだとしても。そのわずかなきっかけが運命を変える。

偶然と言えばそれまでだけれど、少なくとも必然ではないと思う。

ならば奇跡と呼んでもいいのではないだろうか。

奇跡に満足できなくなる

人は奇跡に慣れる。

人は何にでも慣れる。

慣れると粗雑に扱う。

例え奇跡でも。

出会った頃は幸せだったカップルも、時間が経つと喧嘩をして別れたりする。夫婦になってもいがみ合ったりする。

奇跡的な出会いだったはずなのに。

奇跡に感謝することを忘れてしまう。

もう起こらないかもしれないのに。

奇跡を大切にしなくなる。

奇跡なのに。

望んで手に入るものではないのに。

望めば奇跡がまた起きると思ってしまう。

クリスマス

クリスマスというイベントを楽しむ人たちがいる。

パーティーをしたり特別な人にプレゼントを贈ったりする。

このとき奇跡は起きる。

日常とは違う時間。

日常とは違う空気。

日常とは違う言葉。

偶然でも必然でもない出来事が奇跡を起こす。

それはすべての人に分け隔てなく訪れるものではないけれど、確実にどこかで起きている。

当然の奇跡。

奇跡なのに当然。

奇跡はどこにでも当然に存在する。

そのときだけは奇跡に感謝する。

サンタクロースのプレゼントに満足するか

いやいや、そんなものは奇跡でもなんでもない。

そう思うのならば、サンタクロースが現れて、プレゼントをくれたとしても、きっと満足しないでしょう。

いままでに積み重ねた奇跡に満足できないのなら、その欲が尽きないのなら、どんな奇跡が起こっても、さらなる奇跡を求めるでしょう。

奇跡に慣れてしまう人は、サンタクロースをジッと見つめてこう言うかもしれない。

「欲しいモノはこれじゃない」

欲が深くなると奇跡に慣れる。

例えサンタクロースが表れて、奇跡のプレゼントを贈っても。

もっと良いモノを。

もっと良い仕事を。

もっと良い友達を。

もっと良い家族を。

さいごに

目の前にある奇跡に気付こう。

その奇跡に感謝しよう。

忘れないようにしよう。

いまの自分があることの奇跡を。

ここにも奇跡が

コンビニたそがれ堂祝福の庭

クリスマスの今日、この記事を作家の村山早紀先生に読んでいただきました。

これは私にとって奇跡です。

自分が好きな著者にこの個人ブログを読んでいただけるなんて。

そして感想までいただけるなんて。

偶然の重なりの結果かもしれないけれど。

これはやはり奇跡だなぁと思います。

みなさまにも幸せな奇跡がありますように。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

「検索すれば何でもわかる」つまらなさ

インターネットで使われる検索エンジンのおかげで、知らないことは何でも調べられる時代になりました。 肝心なことは判らなかったりしますけどね。 検索窓に文字を打ち込んで、虫眼鏡のボタンを押せは、さっきまで …

medium_453957521

ネットなんていらない?

会社の人で自宅のPCをネットに繋いでない人います。仮にも(仮じゃないけど)IT系の会社に勤めていながらネットは会社でしか利用しないなんて私には考えられませんでした。でも考えかた次第ではこれも正解なのか …

medium_6806220

簡単にすぐできる大事なことを思い出す方法

何か忘れてはいけないモノ(コト)がある場合、どうやって思い出すようにしてますか?家を出てから「あ!忘れた!」なんて焦った経験がよくある人に、誰にでもすぐにできる「思い出す方法」があります。

他人の子どもが困っていたら助ける?

例えば、人がたくさんいる状況で、目の前で子どもが車にひかれてしまったら、どうしよう。 たまたま事故現場に居合わせたとしたら。 あなたならどうする?

喪中

【喪中はがき】マナーはあってないようなもの?

親族の方が亡くなられた方は年賀状を出さずに、喪中はがきを出す風習がすっかり定着していますね。 私は以前、写真店に勤務していたことがあるので、写真付き年賀状の受付と一緒に喪中はがきの受け付けもしていまし …