ライフスタイル

ブレーキとアクセルを間違えた!私の事故体験記

投稿日:2015年11月1日 更新日:

たまにニュースで見かけるブレーキとアクセルを間違える事故。

なんかもう信じられないですよね?

普通、間違えるか?って思いますよね。

はい。私、間違えました。事故りました。

もう20年前の出来事ですが、そのときの体験など書いてみます。



ブレーキとアクセルを間違える原因

ブレーキとアクセルを間違える原因は状況によってさまざまです。コレといって明確なものはないようですが、はっきり言えるのは年齢に関係なく起こるということ。

JAF|クルマ何でも質問箱:ドライブ運転テクニック|ペダルの踏み間違いを防止するには?

ブレーキとアクセルの踏み間違え事故 – Wikipedia

若いから大丈夫というものではありません。

私がやってしまったのは20代の頃です。

ブレーキとアクセルを間違えるなんて信じられないと思った人は要注意です。信じられないような事故は予想できないから起こるんです。

運転していたときの状況

私がブレーキとアクセルを間違えた事故を起こしたとき、まわりには人や車がありませんでした。

スピードは時速20km程度の徐行運転です。

砂利道のゆるい下り坂をゆっくり走っていました。

道はまっすぐ。直線です。

直線とはいえ、山道で片側はの砂利道です。ガードレールはありましたが、万が一を考えて徐行していたのです。

当時の運転歴は7年。
毎日車に乗る仕事をしていました。
縦列駐車も得意です。
運転には自信がありました。

でもやってしまったんです。

事故を起こした状況

事故を起こしたきっかけは、軽いブレーキでした。

下り坂で予想より勢いがつきすぎたため軽くブレーキペダルを踏みました。

軽くですよ。ほんの少しだけ。

勢いがつきすぎたといっても時速30kmくらいです。

時速30kmから20kmへ減速する程度の踏み込みです。

すると、車が少しだけ加速しました。

ペダルの踏み込みはわずかなので急発進ではありません。

軽く加速した次の瞬間…

エンジンはヴーンという大きな音で唸り出しタイヤがスピンし始めました。

このときペダルをチカラいっぱいベタ踏みしてました。

砂利道で急発進をしたのでタイヤが激しくスピン!

ギュルギュルギュルギュル!

ヴォーーーンッッッ!!!

ガンッ!!!

左右に振られるる車体をなんとかコントロールしましたが、10mほど進んだところでガードレールに激突。

幸い砂利道でタイヤが空転したのでスピードはそれほど出てません。おかげで大きな事故にはなりませんでした。

アスファルトだったらスピードが出て、ガードレール突き抜けて崖に落ちてたかもしれません。

なぜアクセルを踏み続けてしまったのか?

事故の原因は不注意です。時速20kmという余裕のある徐行が気のゆるみを生んだのだと思います。

アクセルから足を離せなかった理由はパニックです。最初のわずかなブレーキ(と思って踏んだアクセル)がきっかけでパニックが起こりました。

最初、ブレーキを踏み込んだのに加速したため『え?』と思いました。この瞬間にパニックになりました。

予想と違う挙動をしたためパニックになったのです

パニックの状況を想像するのは難しいですよね。

たとえば、ハンドルを左にきったのに車が右に曲がり始めたらどうでしょう?

パニックのきっかけはそんな状況です。『あれ?』と思った瞬間にパニックのスイッチが入ります。

水が出ている水道を止めようとして、蛇口を反対にひねって、慌ててさらに水を出してしまった経験ありませんか?

パニックになると、脳は正しい判断ができなくなります。踏み込んで加速するのはアクセルです。しかし自分はブレーキを踏んでいると思っています。このブレーキを踏んでいる意識が消えないんです。

ブレーキを踏んでいると思っているから、車を止めるためにさらに踏み込みます。

車は加速します。

もっと強く(アクセル)ペダルを踏み込みます。

さらに加速します。

おかしいでしょ?

これがパニックです。

車のブレーキとアクセルの構造の問題

ブレーキとアクセルを間違えない方法は『注意する』くらいしかありません。自動車メーカーも対策を施した仕組みを考えているようですが、劇的な改善策はまだないようです。あれば普及していますよね。

私はこの事故以来、注意が必要なのは承知のうえで車の構造上の問題を考えることがあります。

アクセルとブレーキの形状と操作方法が同じだから間違えるんじゃないかなと。

たとえば、アクセルとシフトレバーは間違えません。ブレーキとハンドルは間違えません。形状と操作方法が全く違うものは間違えないです。

オートバイはアクセルとブレーキを間違えることなんて絶対ありません。

んじゃ何か案があるか?と聞かれてもパッと出てこないので誰かお願いします。(他力本願)

改善対策が『注意する』では問題解決になりません。

さいごに

アクセルとブレーキを間違えた事故のきっかけは、わずかな操作ミスでした。そこから生じたパニックにより暴走した車を止めることが出来ない事態になりました。

時速20kmの直線道路でも起きたんです。

運転する人は注意するしかありません。

メーカーには抜本的な対策を望みます。

なにか良い方法ないですかね?

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-,

執筆者:

関連記事

洗濯機

【洗濯層の汚れ1】 洗濯層の裏側の汚れを画像で公開!【閲覧注意】

衣類をキレイにするはずの洗濯機。洗ったあとに黒いノリのようなものが衣類に付いた経験はありませんか? 洗濯層の裏側には溶けきらなかった洗剤の固まりなどが付着してカビとなってこびりついてる場合があります。 …

mountain

【新しい国民の祝日】「山の日」はいつからだっけ?

日本で16番目の祝日となる「山の日」が2016年(平成28年)に生まれます。子供にとっては嬉しくない日に決まってしまいました。喜ぶのは大人だけのようです。ということで今回はこの山の日の話。

「検索すれば何でもわかる」つまらなさ

インターネットで使われる検索エンジンのおかげで、知らないことは何でも調べられる時代になりました。 肝心なことは判らなかったりしますけどね。 検索窓に文字を打ち込んで、虫眼鏡のボタンを押せは、さっきまで …

medium_513985347

【健康診断】胃部レントゲン検査でゲップを出さずにバリウムを楽に飲む方法

先日、健康診断に行ってきました。健康診断で一番の苦痛は胃部レントゲン検査です。バリウム飲むアレです。 近年のバリウムは飲みやすくなったと聞きますが、それは昔と比べたらって話です。実際には全然飲みやすく …

喪中

【喪中はがき】マナーはあってないようなもの?

親族の方が亡くなられた方は年賀状を出さずに、喪中はがきを出す風習がすっかり定着していますね。 私は以前、写真店に勤務していたことがあるので、写真付き年賀状の受付と一緒に喪中はがきの受け付けもしていまし …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。