ライフスタイル

「大丈夫?」と聞かないで

投稿日:

風邪で咳き込んでいる人に「大丈夫?」と声をかける人がいます。

親切心からなのでしょう。

でもこの声がけが迷惑になるときもあります。



答えるのが苦しい

激しい咳が出ると喋るのも苦しいものです。でも「大丈夫?」と聞かれたら、何かしら答えなければなりません。

精神的にまいっているときも同じです。話をすることがつらいときもあります。

体力的あるいは精神的に余裕があればまだいいかもしれません。けれど、どちらか一方でも切羽詰まった状態だと、答えるのが苦しいときもあります。

親切のつもりで声をかけても、相手を苦しませる結果になることもあります。

声がけに安心する人もいます

苦しんでいるときに誰からも声をかけてもらえない。

これはこれでつらいと感じる人もいると思います。

無視するような態度も考えものです。

こんなときは相手が答えやすい声がけが良いのかなと思います。

「手伝えることがあったら言ってね。話すのがつらかったらメールでもいいから遠慮しないでね」

こんな感じでしょうか。

相手がうなずくだけですむ声がけなら、負担も少ないでしょう。

気にかける配慮をしつつも、相手に負担を与えない気配りがスムーズにできれば良いと思います。

世の中いろいろな人がいるのでなかなか難しいですが。

本当の配慮

声をかける理由はなんでしょう。

なぜ声をかけるのでしょう。

相手のためでしょうか。

相手のためになっているでしょうか。

なにか違う気がします。

私は、仕事仲間が苦しんでいるときは、その人の近くにいる周りの人に声をかけます。

苦しんでいる人に負担を与えない配慮のお願いをします。

声をかけなくても手伝えることはないか考えます。

本人に聞かなくてもできることがないか考えます。

誰かが声をかけていたら、私からは声をかけません。ある意味冷たい対応ですね。心配されたがりやなタイプの人には声をかけるけれど、必要以上に接近しないで応援したいと思っています。

単に人付き合いが苦手なんですけど。

でも、声をかけるだけよりはマシかな。なんて思ってみたり。

さいごに

私は「大丈夫?」と声をかけられるのが苦手です。

いつも答えに困ります。

そんな人もいるんです。

でも、こういう話をすると「心配してあげてるのに」と言われたりします。

「心配してあげてるのに」って、おもしろい言葉だなと思います。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

部屋干しする場所がないから作ってみた

わが家の家族は全員花粉症です。 花粉の季節は洗濯物を部屋干しするのですが、干す場所が無くて困っていました。 カーテンレールに洗濯物をかける家庭も多いと思います。カモイにハンガーをかけてる人も多いと思い …

雪かきで腰痛にならない除雪用具

駐車場の雪かきで腰を痛めました。 スコップやシャベルで雪かきをやっていたのですが、長時間の作業には向きませんね。

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。 そこには大量の木の枝が …

奇跡はそこにある

12月に思うこと。 この季節だから思うこと。