ライフスタイル

「大丈夫?」と聞かないで

投稿日:

風邪で咳き込んでいる人に「大丈夫?」と声をかける人がいます。

親切心からなのでしょう。

でもこの声がけが迷惑になるときもあります。



答えるのが苦しい

激しい咳が出ると喋るのも苦しいものです。でも「大丈夫?」と聞かれたら、何かしら答えなければなりません。

精神的にまいっているときも同じです。話をすることがつらいときもあります。

体力的あるいは精神的に余裕があればまだいいかもしれません。けれど、どちらか一方でも切羽詰まった状態だと、答えるのが苦しいときもあります。

親切のつもりで声をかけても、相手を苦しませる結果になることもあります。

声がけに安心する人もいます

苦しんでいるときに誰からも声をかけてもらえない。

これはこれでつらいと感じる人もいると思います。

無視するような態度も考えものです。

こんなときは相手が答えやすい声がけが良いのかなと思います。

「手伝えることがあったら言ってね。話すのがつらかったらメールでもいいから遠慮しないでね」

こんな感じでしょうか。

相手がうなずくだけですむ声がけなら、負担も少ないでしょう。

気にかける配慮をしつつも、相手に負担を与えない気配りがスムーズにできれば良いと思います。

世の中いろいろな人がいるのでなかなか難しいですが。

本当の配慮

声をかける理由はなんでしょう。

なぜ声をかけるのでしょう。

相手のためでしょうか。

相手のためになっているでしょうか。

なにか違う気がします。

私は、仕事仲間が苦しんでいるときは、その人の近くにいる周りの人に声をかけます。

苦しんでいる人に負担を与えない配慮のお願いをします。

声をかけなくても手伝えることはないか考えます。

本人に聞かなくてもできることがないか考えます。

誰かが声をかけていたら、私からは声をかけません。ある意味冷たい対応ですね。心配されたがりやなタイプの人には声をかけるけれど、必要以上に接近しないで応援したいと思っています。

単に人付き合いが苦手なんですけど。

でも、声をかけるだけよりはマシかな。なんて思ってみたり。

さいごに

私は「大丈夫?」と声をかけられるのが苦手です。

いつも答えに困ります。

そんな人もいるんです。

でも、こういう話をすると「心配してあげてるのに」と言われたりします。

「心配してあげてるのに」って、おもしろい言葉だなと思います。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

歩道の雪かきは誰がやるのか?

ある日、私が住む埼玉県南部で記録的な大雪が降りました。 3日過ぎても日陰では歩道に雪が残っていてました。 さて、この歩道の雪はだれが除雪するのでしょう?

シャベルやスコップは危険!雪かきで腰痛にならない除雪用具

駐車場の雪かきで腰を痛めました。 スコップやシャベルで雪かきをやっていたのですが、長時間の作業には向きませんね。

medium_7109248893

「微物」の意味とは|新聞記事やテレビニュースで使われる不思議な言葉

微物という言葉を新聞記事などでたまに見かけますが、日本語変換で「びぶつ」を変換してもこの漢字が出てきません。ちょっと気になったので微物の意味を調べてみました。

バレンタインデーの憂鬱

バレンタインデーは憂鬱です。 義理チョコという不思議な儀式があるからです。

みんなで雪かきやろうよ!

歩道の雪に困惑しています。 歩道はみんなが使う道です。雪が積もって困るのはみんな。 だから、この歩道の雪をかくのはみんな。 『誰か』じゃなくて『みんな』 お前だ! そして私です。はい。 雪国では常識的 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。