ライフスタイル

他人の子どもが困っていたら助ける?

投稿日:2016年6月18日 更新日:

例えば、人がたくさんいる状況で、目の前で子どもが車にひかれてしまったら、どうしよう。

たまたま事故現場に居合わせたとしたら。

あなたならどうする?

他人事だから無視しても…

その子どもは他人です。

放っておいても誰かが助けてくれるかも。

まわりには人がたくさんいるから、きっと誰かが助けてくれる。

きっと。たぶん。

ホントところはわからないけれど。

助からないかもしれないけれど。

まあ、他人事ですから。

自分は無視して、誰かに任せても咎められることはないでしょう。

偽善かもしれない

怪我や病気で苦しんでいるひとはたくさんいますよね。

大きな病院に行けば余命僅かな人がいる。

かわいそう、と思っても全員を助けることなんてできません。

苦しんでいるひとは世界中にたくさんいます。

たまたま出会った他人を助けたところで、見えないところではもっと苦しんでいるひとがいる。

きっといる。

だから、たまたま出会った他人を助けても、それは偽善。

自己満足でしかないのかも。

自分偉い!みたいな。

助けるきっかけ

たまに募金活動とか見かけます。

ひとりの子どもが病気で苦しんでいる。お金が必要だ。みたいな募金活動。

で、1000円とか募金してみたりして悦に浸ったりする。

自分偉い!みたいな。ね。

よく考えたら、1000円分のワクチンの方が、もっとたくさんの子どもが救えるかもしれないのに。

それでも募金をすのはなぜか?

その理由はいたってシンプルです。

たまたま出会ってしまったから

たまたま知ってしまったから

人生なんてそんなものです。

どんなことも、きっかけは常に偶然の連続です。たまたまです。

もっと他にも…なんて考えていたらキリがない。

きっかけはそれで十分だと思います。

さいごに

すずかちゃんを救う会 | 肺移植に向け 皆様のご協力をお願いします。

みんなが「誰かが助けてくれる」と思っていたら、この金額は増えないんですよね…

だからといって「知った以上は募金しろ」という話ではないです。

経済的事情や理念は人それぞれです。

知る機会が多い人が毎回募金していたら破産してしまいます。

協力をお願いするのって、難しいなぁと感じています。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

洗濯機

【洗濯層の汚れ1】 洗濯層の裏側の汚れを画像で公開!【閲覧注意】

衣類をキレイにするはずの洗濯機。洗ったあとに黒いノリのようなものが衣類に付いた経験はありませんか? 洗濯層の裏側には溶けきらなかった洗剤の固まりなどが付着してカビとなってこびりついてる場合があります。 …

「検索すれば何でもわかる」つまらなさ

インターネットで使われる検索エンジンのおかげで、知らないことは何でも調べられる時代になりました。 肝心なことは判らなかったりしますけどね。 検索窓に文字を打ち込んで、虫眼鏡のボタンを押せは、さっきまで …

男がスカートを履いても良いと思う

スカートは女性が履くもの。というのが世間一般の常識になっていると思う。 これがすごく不思議だ。そしてもったいないと思う。 男がスカートを履いたっていいんじゃない?

会話が苦手な大人のための床屋の選び方

他人と話をするのが苦手な人にとって、床屋さんは結構な難所ですよね。 できるだけストレスを感じないために必要な予備知識を書いたので読んでみてほしいです。

smartphone

子供にスマホを持たせるときの親の心構え

子供にスマホを与えるべきか悩む親は多いです。トラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらいいでしょう。そんな不安を解消する心構えを書いてみます。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。