ライフスタイル

他人の子どもが困っていたら助ける?

投稿日:2016年6月18日 更新日:

例えば、人がたくさんいる状況で、目の前で子どもが車にひかれてしまったら、どうしよう。

たまたま事故現場に居合わせたとしたら。

あなたならどうする?

他人事だから無視しても…

その子どもは他人です。

放っておいても誰かが助けてくれるかも。

まわりには人がたくさんいるから、きっと誰かが助けてくれる。

きっと。たぶん。

ホントところはわからないけれど。

助からないかもしれないけれど。

まあ、他人事ですから。

自分は無視して、誰かに任せても咎められることはないでしょう。

偽善かもしれない

怪我や病気で苦しんでいるひとはたくさんいますよね。

大きな病院に行けば余命僅かな人がいる。

かわいそう、と思っても全員を助けることなんてできません。

苦しんでいるひとは世界中にたくさんいます。

たまたま出会った他人を助けたところで、見えないところではもっと苦しんでいるひとがいる。

きっといる。

だから、たまたま出会った他人を助けても、それは偽善。

自己満足でしかないのかも。

自分偉い!みたいな。

助けるきっかけ

たまに募金活動とか見かけます。

ひとりの子どもが病気で苦しんでいる。お金が必要だ。みたいな募金活動。

で、1000円とか募金してみたりして悦に浸ったりする。

自分偉い!みたいな。ね。

よく考えたら、1000円分のワクチンの方が、もっとたくさんの子どもが救えるかもしれないのに。

それでも募金をすのはなぜか?

その理由はいたってシンプルです。

たまたま出会ってしまったから

たまたま知ってしまったから

人生なんてそんなものです。

どんなことも、きっかけは常に偶然の連続です。たまたまです。

もっと他にも…なんて考えていたらキリがない。

きっかけはそれで十分だと思います。

さいごに

すずかちゃんを救う会 | 肺移植に向け 皆様のご協力をお願いします。

みんなが「誰かが助けてくれる」と思っていたら、この金額は増えないんですよね…

だからといって「知った以上は募金しろ」という話ではないです。

経済的事情や理念は人それぞれです。

知る機会が多い人が毎回募金していたら破産してしまいます。

協力をお願いするのって、難しいなぁと感じています。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

smartphone

子供にスマホを持たせるときの親の心構え

子供にスマホを与えるべきか悩む親は多いです。トラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらいいでしょう。そんな不安を解消する心構えを書いてみます。

クレヨン

【子供のクリスマスプレゼント】タブレットはおもちゃになるか?

いきなりですが、日本経済新聞によると子供へのクリスマスプレゼントの平均予算は 6253円だそうです。 ※バンダイによる調査結果です なんか、ちょうどゲームソフト1本分って感じですね。 調査結果によると …

高齢者の事故を減らすためにも年末年始に帰省したらやってほしいこと

年末年始に帰省しますか? 最近では親とSNSで繋がっている人も多いと思います。でも、やっぱり顔を合わせるのって大事ですよね。 多くを語らなくても、側にいるだけで通じ合うものがあったりします。 今回は親 …

刺青(イレズミ・タトゥ)について思うこと

刺青が気になります。洋画や海外ドラマを見ていると刺青をしているキャラがとても目立つようになりました。もう普通に刺青入れてますよね。 海外ではファッション感覚で刺青を入れているようですが、日本はちょっと …

高齢化の世の中で取り残されるお年寄り

もう誰もが知っていることだけど、日本は子供が少なく、お年寄りが増えていきます。だけど、街を見渡すとそんな雰囲気を感じません。 お年寄りをあまり見かけないんです。確かにいるにはいる。でも人口比率と噛み合 …