ライフスタイル

他人の子どもが困っていたら助ける?

投稿日:2016年6月18日 更新日:

例えば、人がたくさんいる状況で、目の前で子どもが車にひかれてしまったら、どうしよう。

たまたま事故現場に居合わせたとしたら。

あなたならどうする?

他人事だから無視しても…

その子どもは他人です。

放っておいても誰かが助けてくれるかも。

まわりには人がたくさんいるから、きっと誰かが助けてくれる。

きっと。たぶん。

ホントところはわからないけれど。

助からないかもしれないけれど。

まあ、他人事ですから。

自分は無視して、誰かに任せても咎められることはないでしょう。

偽善かもしれない

怪我や病気で苦しんでいるひとはたくさんいますよね。

大きな病院に行けば余命僅かな人がいる。

かわいそう、と思っても全員を助けることなんてできません。

苦しんでいるひとは世界中にたくさんいます。

たまたま出会った他人を助けたところで、見えないところではもっと苦しんでいるひとがいる。

きっといる。

だから、たまたま出会った他人を助けても、それは偽善。

自己満足でしかないのかも。

自分偉い!みたいな。

助けるきっかけ

たまに募金活動とか見かけます。

ひとりの子どもが病気で苦しんでいる。お金が必要だ。みたいな募金活動。

で、1000円とか募金してみたりして悦に浸ったりする。

自分偉い!みたいな。ね。

よく考えたら、1000円分のワクチンの方が、もっとたくさんの子どもが救えるかもしれないのに。

それでも募金をすのはなぜか?

その理由はいたってシンプルです。

たまたま出会ってしまったから

たまたま知ってしまったから

人生なんてそんなものです。

どんなことも、きっかけは常に偶然の連続です。たまたまです。

もっと他にも…なんて考えていたらキリがない。

きっかけはそれで十分だと思います。

さいごに

すずかちゃんを救う会 | 肺移植に向け 皆様のご協力をお願いします。

みんなが「誰かが助けてくれる」と思っていたら、この金額は増えないんですよね…

だからといって「知った以上は募金しろ」という話ではないです。

経済的事情や理念は人それぞれです。

知る機会が多い人が毎回募金していたら破産してしまいます。

協力をお願いするのって、難しいなぁと感じています。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

正月

自作の年賀はがきを「お年玉くじ付き」にできる切手があります

毎年12月が近づくと、はがき印刷ソフトやインクジェットプリンタの新機種が出そろい、年賀状を作る時期になったこと知らせてくれますね。

「大丈夫?」と聞かないで

風邪で咳き込んでいる人に「大丈夫?」と声をかける人がいます。 親切心からなのでしょう。 でもこの声がけが迷惑になるときもあります。

「自分が頑張るのは当たり前」は他人に使う言葉ではないと思う

考え方として素晴らしいことでも、他人に使うべきではない言葉ってあると思います。 自分が頑張るのは当たり前 この言葉もそうだと思います。

待機児童問題に見たスタンド・アローン・コンプレックス #taikijidou0challenge

待機児童の問題についていまの世の中の動きを見て感じることがあったので少し書いてみます。

クリスマスの憂鬱

子供が生まれてから、クリスマスに憂鬱を感じる出来事が続いている。 相手の人は親切のつもりなのだろうけれど、その人のおかげで我が家のクリスマスは毎年、微妙なムードになる。