ライフスタイル

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

投稿日:2016年1月22日 更新日:

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。

そこには大量の木の枝が落ちていました。



10cm以上の太さの生木の枝が折れてた

雪が降った3日後に埼玉県所沢市にある航空公園へ行ってきました。木の枝が大量に折れていた光景に驚きました。
雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

枯れ木ではないんです。生木です。10cm以上ある生木の枝が折れてました。
雪で折れた木の枝

折れかかった枝は切り落とされていました。よく見るとノコギリで切った跡があります。この枝は15cmくらいの太さがあります。
雪で折れた木の枝
こんな太い枝が折れてしまうんですね。

立ち入り禁止区域には絶対に入らないで!

枝が切り落とされてもまだ立ち入り禁止になっている木がありました。折れかかった枝が残っているのかな。
枝が折れて立ち入り禁止

折れかかった枝は風で折れてしまうかもしれません。晴れていても立ち入らないようにしなければいけませんね。

こんな危険がどこにあるかわかりません。小さなお子さんと公園に行く際は木に近寄らない方が良さそうです。

立ち入り禁止になっていなくても状況をみて近寄らないようにしたいです。
雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

湿った雪は超重い

笹も大きくしなっていました。
雪の重みでしなった笹

密集した笹がこれだけ大きくしなっているということは、かなりの重さなんでしょうね。

木の枝も折れるわけですね。

頭上に注意して!

折れかかった枝は切り落とされていましたが、一部は手付かずでした。
雪で折れた木の枝

高いところにある枝や、ほかの枝で入り組んだ場所の枝は切るのが難しそうです。

雪の後は目の届かない高い場所の枝が折れているかもしれません。大きな木のそばを通るときは注意したほうがいいですね。

さいごに

雪が少ない地域では木も雪の重さに耐えられないようです。

折れた枝が地面に落下せずに途中の枝に引っかかっている場合もあります。風が吹いたら危険です。小さな枝でも頭に落ちたらたいへんです。

雪が降ったら足元だけでなく、頭上にも注意したほうがよさそうです。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-

執筆者:

関連記事

他人の子供を注意するということ

紅葉の写真を撮りに公園に行ったときのこと。 こどもたちが危険な遊びをしていた。

高齢者の事故を減らすためにもお年寄りは家の中で携帯電話を携帯して!

お正月は帰省して実家で過ごす人も多いですよね。帰省は若い人と年配の人が会話する絶好の機会です。この機会に携帯電話の上手な使い方を若い人からお年寄りに教えて欲しいです。 今回は、緊急時の電話のかけ方はも …

goldlicense

【自動車免許】ペーパードライバーでもゴールド免許ってどうなの?

自動車免許の更新のお知らせがきました。日頃から安全運転を心がけているおかげでゴールド免許です。でも運転しないペーパードライバーの人もゴールド免許だったりします。これっておかしくない?おかしいでしょ?

こどものモノをネットで公開しても大丈夫?

こどもから感動的なメッセージをもらうことがあります。こどもが描いた上手な絵に感動することもあります。 そんな誰かに見せたくなるようなモノをこどもから見せてもらったときに、ネットで公開する人も多いようで …

「大丈夫?」と聞かないで

風邪で咳き込んでいる人に「大丈夫?」と声をかける人がいます。 親切心からなのでしょう。 でもこの声がけが迷惑になるときもあります。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。