ライフスタイル

雪が少ない地域では大雪のあとの木に注意!

投稿日:2016年1月22日 更新日:

雪に慣れていない地域では人と同じく植物たちも雪の耐性がないようです。先日、私が住む埼玉県でも久しぶりに20cmくらいの積雪がありましたが、その後に行った公園は悲惨な状態でした。

そこには大量の木の枝が落ちていました。



10cm以上の太さの生木の枝が折れてた

雪が降った3日後に埼玉県所沢市にある航空公園へ行ってきました。木の枝が大量に折れていた光景に驚きました。
雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

枯れ木ではないんです。生木です。10cm以上ある生木の枝が折れてました。
雪で折れた木の枝

折れかかった枝は切り落とされていました。よく見るとノコギリで切った跡があります。この枝は15cmくらいの太さがあります。
雪で折れた木の枝
こんな太い枝が折れてしまうんですね。

立ち入り禁止区域には絶対に入らないで!

枝が切り落とされてもまだ立ち入り禁止になっている木がありました。折れかかった枝が残っているのかな。
枝が折れて立ち入り禁止

折れかかった枝は風で折れてしまうかもしれません。晴れていても立ち入らないようにしなければいけませんね。

こんな危険がどこにあるかわかりません。小さなお子さんと公園に行く際は木に近寄らない方が良さそうです。

立ち入り禁止になっていなくても状況をみて近寄らないようにしたいです。
雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

雪で折れた木の枝

湿った雪は超重い

笹も大きくしなっていました。
雪の重みでしなった笹

密集した笹がこれだけ大きくしなっているということは、かなりの重さなんでしょうね。

木の枝も折れるわけですね。

頭上に注意して!

折れかかった枝は切り落とされていましたが、一部は手付かずでした。
雪で折れた木の枝

高いところにある枝や、ほかの枝で入り組んだ場所の枝は切るのが難しそうです。

雪の後は目の届かない高い場所の枝が折れているかもしれません。大きな木のそばを通るときは注意したほうがいいですね。

さいごに

雪が少ない地域では木も雪の重さに耐えられないようです。

折れた枝が地面に落下せずに途中の枝に引っかかっている場合もあります。風が吹いたら危険です。小さな枝でも頭に落ちたらたいへんです。

雪が降ったら足元だけでなく、頭上にも注意したほうがよさそうです。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル
-

執筆者:

関連記事

正月

自作の年賀はがきを「お年玉くじ付き」にできる切手があります

毎年12月が近づくと、はがき印刷ソフトやインクジェットプリンタの新機種が出そろい、年賀状を作る時期になったこと知らせてくれますね。

夫婦別姓について思うこと

身近な人と夫婦別姓の話をしていると、文化、法律、家制度(というか氏)、アイデンティティー、性差別、書類などの表記、呼称、事務手続きなどなど、いろいろな問題に話が広がります。 夫婦別姓について議論すると …

車いす、ベビーカー、自転車に欠かせないスロープは無いよりあったほうが良いけどソレはダメでしょ?と思ったので少し真面目に考えてみた

道路に段差がある場合、スロープが接地されている場所があります。 スロープがあると、車いすやベビーカー、自転車などを利用する人は助かります。つまずく危険が無いのでお年寄りも助かります。 安全で便利なスロ …

「サンタクロースは本当にいるの?」と子供から聞かれたときの答え方

子供が大きくなると、いつの間にかサンタクロースを信じなくなってしまいます。 いつまでもサンタクロースを信じていると友達からからかわれたり、親がプレゼントを用意しているところを偶然見つけてしまったり… …

喪中

【喪中はがき】マナーはあってないようなもの?

親族の方が亡くなられた方は年賀状を出さずに、喪中はがきを出す風習がすっかり定着していますね。 私は以前、写真店に勤務していたことがあるので、写真付き年賀状の受付と一緒に喪中はがきの受け付けもしていまし …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。