雑記

桜の季節を感じるのは、あと30回

投稿日:

桜

1日は長い?短い?

1年は長い?短い?

人生は長い?短い?

今日は6月30日。

今年も半分が終わろうとしている。

早いよね。

それって、つまり、人生も思いのほか早く終わるということかもしれない。



1年は365日、これって多い?

毎日、同じことの繰り返し。

1年はこれが365回ある。

365回は多い?少ない?

ちょっと多いかな。と思う。

だから1年はなかなか終わらない。

でも今日は6月30日。

なんか早いなぁと思う。

365回って、ちょっと多いと思ったけど、半年が早く感じるのだから、やっぱり少ないのかな。

何回?

人生が80年だとしたら

四季を楽しめるのは80回。

生まれたばかりのころは、四季を楽しむことはできないから、実際にはもう少し少ない回数になる。でもここでは80回としておこう。

80回って多い?少ない?

ゲームは何回?

例えばゲーム。

好きなゲームなら80回以上遊ぶと思う。

いやもっとたくさん遊ぶと思う。

人生で四季を感じる回数は、それより短い。

桜の季節を感じる回数は、それより短い。

思いのほか少ないじゃないか!

人生が80年だとしたら

私の残りは30年くらい。

桜の季節を30回しか体験できない。

30回

たった30回!

少ない!やばい!

人生、あっという間ですがな!

さいごに

1年単位で考えると、人生って短いよね。

四季の変化を愛でるのも、あと30回。

そう考えると、もっと大事に生きなきゃなぁと。

思いましたとさ。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-雑記

執筆者:

関連記事

無駄に覚えていることありませんか?

覚えているけど、なんの役にもたたない(たっていない)記憶ってありませんか? 自慢したいけど披露する場面が一生こないだろうっていう記憶。

【ブロガー連動企画】35年前の子供の遊びはこんなんです#bchildren

おとなになっても『おもちゃ』が大好きなケンち(@ soredou_kenchi )です。 今回は『2015年ブロガー連動企画第四弾』に乗ってみたいと思います。 テーマは「子供のときに遊んだおもちゃ、ホ …

飲み込んではいけない駄菓子 #dagashiblog

子どものころは駄菓子屋に通うのが日課になっていた。 それは今から約40年前のはなし。 その駄菓子屋には飲み込んではいけない駄菓子が売っていた。

「仕事を辞めても何とかなる」に感じる他人事感

仕事を苦に自殺する人がいる。いた。 どうしてそこまで追い込まれるのか… で、そういった事件が起きると「仕事を辞めても何とかなるよ」と言う人がいる。 そうだよね、と思う一方で「なんとかなる」という言葉が …

コールガールと写真屋さん

20年ほど前に某駅前の写真屋に勤務していた頃のはなし。 何気ないの朝のできごと。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。