雑記

良いアニメを見つけた『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』

投稿日:2017年3月28日 更新日:

良いアニメを見つけた。

『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』

良いアニメだからおすすめしたい。

けれど、しつこくおすすめされるのはイヤになる人もいるだろう。

熱く語るほど聞く方は冷める。

難しい。

プラネタリウムはいかがでしょう

ロボットの花束

舞台は今から約100年後の世界。

戦争により誰も立ち入らなくなった無人の街。

この『封印都市』でひとりのロボットが目を覚ます。

プラネタリウムで解説員を務めるロボットだ。

そして、誰もいないはずの街に30年ぶりの来客が訪れる。

なんともベタな設定だ。

キャラも萌系アニメのようだ。

最初はたいくつそうなアニメだと思った。

プラネタリウムってネタとしてどうなんだろう。

10年を経てアニメ化

ゆめみの投影

元ネタは2004年に発売されたゲームだ。

アニメは1話が約10分、全5話で構成されている。

劇場版ではこの5話に後日談を加えている。

アニメの監督は津田尚克。

制作はdavid production。

いや、ちょっと待て。

david production、津田尚克と言えば『ジョジョの奇妙な冒険』じゃないか。

映像以上に声が良い

酒に酔う

『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』を見て思った。

映像が美しい。

プラネタリウムのシーンは大画面で見たくなる。

しかし、何より、この作品の魅力は声だ。

このアニメの主役のロボットはよく喋る。

とにかく喋る。

ひたすら喋る。

止まらず喋る。

その声がとても心地よい。

彼女はプラネタリウムの解説員だ。

3話では特別投影の解説シーンがある。

その解説が素晴らしく良い。

あまりにも良い声なので映像を見ずに声だけ聞いてみた

ああ…こんなアニメがあるのか。

やられた。

さいごに

投影機修理

『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』はAmazonビデオで視聴できる。
planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ Amazonビデオ-プライム・ビデオ
※広告リンクではありません

驚いたことに、このアニメをプラネタリウムで上映しているらしい。プラネタリウムのドームスクリーン用に再編集までしているという。

プラネタリウムに行きたくなった。

問題は人前で泣いてしまうことだ。

きっと泣いてしまう。

まあいいか。

泣く人は、私だけではないだろう。

それではまた。

「planetarian(プラネタリアン)」公式サイト

「planetarian~ちいさなほしのゆめ~プラネタリウム特別版」

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-雑記

執筆者:

関連記事

飲み込んではいけない駄菓子 #dagashiblog

子どものころは駄菓子屋に通うのが日課になっていた。 それは今から約40年前のはなし。 その駄菓子屋には飲み込んではいけない駄菓子が売っていた。

パパの洗濯物は汚い?別けて洗ってる家庭は幸せになれないかも

パパの洗濯物を別けて洗ってるご家庭ってありますよね。 これって、パパも納得できる理由があればいいんです。 そうじゃなくて『なんとなく』でパパをぞんざいに扱ってる人っているみたいです。

写真屋目線で見る有名人のプライバシー

写真屋はちょっと特殊な商売です。普段、他人には見せないような人の顔が見れたりします。写真にはプライベートでしか見ることができない場面や表情があります。そこに一般人と有名人の区別はありません。 写真の中 …

タバコを吸う人は悪人ですか?

私は喫煙者です。世間から悪人扱いされてます。喫煙マナーを守らない人がたくさんいるので同類として扱われます。世間とはそういうものです。仕方ありませんね。

居酒屋へ行く人に告ぐ!これが近隣住民のホンネだ!

我が家の近所には居酒屋が数件あります。大通りから少し離れた裏通りですが、ぐるなびで良い評価の店があるため飲みに来るお客は多いです。 近隣の住民としては、正直なところ嬉しくないです。 今回はそんな居酒屋 …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。