写真

写真はピンボケでも良い

投稿日:2015年3月20日 更新日:

写真を始めた頃はピント合わせに時間がかかっていました。

当時はピンボケは失敗だと思い込んでいました。

でもピント合わせに時間をかけ過ぎるのは本末転倒なんですよね。

ピンボケは失敗ではない

ピンボケ写真

ピントが合っている写真はキレイです。キレイに見えます。広告写真や集合写真はピントがあっていなければNGです。が、一般の方が撮る写真ではピントが一番重要な要素ではありません。

私は写真業界に就職して自分でも写真を撮り始めた頃、ピンボケは失敗だと思っていました。でもピントよりも大事なことがあることに気付きました。

カメラって何する機械でしたっけ?←ここ大事です

写真屋で働いていたころはお客様の写真をたくさん見せて頂きました。10年以上写真業界にいたおかげで概算で100万枚以上は見ています。プロ・アマ含めて見せて頂いた写真の中には

「面白い!」
「スゲー!」
「キレイ!」
「いいね!」

などなど感動はさまざまです。そんな感動した写真は、必ずしもピントが合っていたわけではありません。ピンボケでも感動するし、ピントがボケているおかげで面白さが増すこともあります。

良い写真ってどんな写真?

良い写真

私のイトコに写真家がいます。彼女は片手持ちでガンガンシャッターを切ります。面白い写真を撮る人です。姉の結婚式では私とイトコが写真を撮りましたが、そこでレベルの違いを思い知らされました。

私の写真はどれも型どおりの写真です。みんなカメラ目線でニッコリ笑っています。

イトコが撮った写真のほとんどが、みんなカメラを見ていません。一瞬でカメラを振り上げてファインダーも覗かず片手でサッとシャッターを切ります。フラッシュも使いません。そのため被写体の表情が自然です。(もちろんお約束のシーンはしっかり撮ってます)

造ってない表情からは被写体の自然な感情が表れます。その写真を見ていると、その場にいるような気持ちになります。片手でサッと撮るからみんな表情を作るヒマがないんですね。

片手で、しかもフラッシュ無しで撮るためピントがあまいです。でも感動します。一瞬を捉えるテクニックに『プロ』を感じました。ピントを気にしていた自分の素人っぽさにガッカリもしました。これが『写真屋』と『写真家』の差かもしれません。

大事なのは『その一瞬』なんですね。

何でもない日に何でもない子供の写真を撮る

日常の写真

私はときどきイトコのテクニックを真似しています。家の中で遊ぶ子供をこっそり撮ったりします。特別の日じゃないですよ。何でもない普通の日にです。

そんな何でもない日常の、何でもない写真の方が、特別な日にカメラ目線でピントバッチリな写真よりも良い表情をしています。後で見ると感慨深い写真は何でもない日に撮った何でもない写真だったりします。

ピンのあまさは写真を柔らかくしてくれる効果もあります。もちろんある程度はピンが合ってないと悲しいですけどね。

さいごに

子供の写真を撮るときに「こっち見て〜」「写真撮るよ〜」などと声をかけていませんか?

「ちょっと待ってね」と言いながらピント合わせしていませんか?

たまにはそういうの無しで撮るのもいいかもしれません。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

【画像あり】未確認飛行物体(?)を発見した!

本日、未確認飛行物体(と思われる)の写真撮影に成功したのでアップします。撮影場所は秘密です。 世の中には知ってはいけないモノがあるのかもしれません。勇気のある人だけ見てください。 ※この記事を見たこと …

RAW現像や画像補正における「正しい色」と「良い色」

デジタルカメラでRAW現像や画像補正を楽しむ人が増えていますね。 フィルムの時代は色はラボまかせでした。私はまかされる立場でした。 ブログなどで現像や補正のテクニックを紹介している記事を読むと「ムフフ …

デジタル一眼カメラを首から下げて歩いてたらこんな目に合いました

アイカップ落としました。 結論から入ってみましたケンち(@ soredou_kenchi )です。ファインダー付きのカメラを持ち歩くときは注意したほうが良さそうです。

OLYMPUS OM-D E-M10 で今年撮った写真をまとめてみた。写真が他の記事と被っているかもしれないしツイッターで使った画像もあるけどそこはスルーして見てください。ていうかタイトル長すぎ。

やあ、カメラフリーク諸君。 ということで、今年の4月に購入した OLYMPUS OM-D E-M10 で今までに撮った写真を少しまとめてアップしてみようと思います。他の記事やツイッターでも時折写真をア …

証明写真のお客様が笑えるほど難しい容姿で挑戦してきた

私は10年以上写真屋さんでお仕事をしていました。 今回はその写真屋さん時代に経験した最高に難しい証明写真のおはなしです。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。