写真

セミの写真

投稿日:

アブラゼミ

夏ですね。夏と言えばセミです。ということでセミの写真を何枚かアップします。

昆虫の写真は少しグロテスクに感じるかもしれません。苦手な人は片目の薄目でどうぞ。アップするのは2種類だけなので、いろんなセミが見られるかと期待した人はごめんなさい。

最後にちょっとキレイな写真もあります。



セミ

セミって特に珍しい生き物ではないので、写真をみても感動とかないかもしれません。だってセミだし。

特にアブラゼミとか。
アブラゼミ
うん。普通のセミです。

あまりにも普通のセミなのでちょっと加工してみました。

アブラゼミ
やっぱりセミです。

セミの穴と幼虫と抜け殻

セミと言えば抜け殻です。公園に行くと、あちこちにセミの穴と抜け殻があります。

踏み固められた地面に、ぽっかり穴が開いているのって、よく考えたらすごいパワーです。人間だったら生きて出られません。
セミの穴

たまたま夜に幼虫を見つけました。小さいカラダでチカラ強く木を登って行きます。仕事のミスで落ち込んでいる自分のほうが小さく感じます。
セミの幼虫

セミの穴がたくさんある木の枝葉には、セミの抜け殻がたくさんあります。怒りに我を忘れたオームの群れのようです。
セミの抜け殻

二匹仲良く、まるで幼なじみのような抜け殻もありました。リア充が爆発したような状態です。
セミの抜け殻

高い木に登った幼虫。その抜け殻は不思議な貫禄があります。
セミの抜け殻

ミンミンゼミ

アブラゼミを夢中で追いかけていたら(そんな大人いるのか?)すぐ側にミンミンゼミがいました。ミンミンゼミは羽根が透き通っているので目立たないです。
アブラゼミとミンミンゼミ

ほら。目立たない。
ミンミンゼミ

羽根が透き通ったセミは横から撮らないとわかりにくいです。
ミンミンゼミ

透き通った羽根がキレイなのでちょっと幻想的に加工してみました。写真をネガ像(反転)して色温度を上げました。
ミンミンゼミの羽根

ちょっとIngressっぽい雰囲気ですね。自宅付近で撮影できる、よく見かける昆虫でも、写真を加工するとなかなかキレイなものになります。

さいごに

セミの写真でした。

セミの一生は短いと言われます。成虫になってから一週間しか生きられないと聞いたことがありますが、実際には1ヶ月くらい生きるらしいです。

セミ – Wikipedia

1ヶ月でも短いですね。アブラゼミは夜中でもミンミンうるさいけど、一生懸命生きてる感じがして好きです。うるさいけど。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-写真

執筆者:

関連記事

運動会で失敗しない写真の撮り方

運動会は子供の成長と活躍を間近で撮影できる絶好の機会です。できれば綺麗に撮影して良い思い出を残したいですね。今回は元写真屋の私が実践した運動会の写真の撮り方について書きます。

東村山菖蒲まつり

菖蒲を撮りに東村山市の北山公園菖蒲まつりに行ってきたよ

5月〜6月は菖蒲の季節です。近場で菖蒲の撮影ができる場所を探していたら「菖蒲まつり」をやっている公園を見つけたので行ってきました。 菖蒲がたくさん咲いてて驚きでした。

RAW現像や画像補正における「正しい色」と「良い色」

デジタルカメラでRAW現像や画像補正を楽しむ人が増えていますね。 フィルムの時代は色はラボまかせでした。私はまかされる立場でした。 ブログなどで現像や補正のテクニックを紹介している記事を読むと「ムフフ …

デジカメ買おうと思いますが沼にハマりそうです…

悩んでいます。新しいデジカメが欲しいのです。しかし私はフィルムの人。最近のデジカメ事情がさっぱりわからんのです。で、先日電気屋さんで実機を見ながら右往左往してきました。てか、カメラは電気屋さんで買う時 …

写真の構図はファインダーを覗く前に片目を閉じて決める

肉眼で被写体を見て構図を決めても、ファインダーを覗くと、どこかイメージが違う。 そんな経験ありませんか? 私は肉眼で見た被写体をファインダー越しに見ると「あれ?」と違和感を感じることがあります。 この …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。