ライフスタイル

「自分が頑張るのは当たり前」は他人に使う言葉ではないと思う

投稿日:2015年12月19日 更新日:

考え方として素晴らしいことでも、他人に使うべきではない言葉ってあると思います。

自分が頑張るのは当たり前

この言葉もそうだと思います。



あいさつで使う人

新しいコトにチャレンジするときに「頑張ります!」という人がいます。まあよく聞きます。で、まわりにいる人や先輩などは「頑張ってね!」なんて言ったりします。

あいさつの締めくくりに「頑張ります」を使う人は多いですよね。

私もそんな人には「頑張りなっせ」と思うんだけど、ときおりこんなことを言う人がいます。本人には言わないパターンが多いですが…

自分が頑張るのは当たり前じゃん

うん。いや。まあ。そうなんだけどね。

でもそれ、ひとに言うことじゃないと思うよ。

「頑張るのは当たり前」まではいい

『心構え』や『こころざし』として、「自分が頑張るのは当たり前」という考え方を持つのは良いです。その考え方を誰かに伝えたり、後輩に教えるのも良いです。でも、頑張ろうとしている人、頑張っている人に使う言葉ではないと思います。

自分では当たり前という心構えでも、自分自身に使うことだってありますよね。キツい局面でゴールが見えてきたときは「よし!もう少し頑張ろう!」と思ったりします。

もしも、自分自身に使ったときに、他人から「頑張るのは当たり前でしょ」なんて言われたらガッカリです。頑張る気力も失せます。シラケます。

勉強しようと思ったところに、母親から「勉強しなさい」と言われるようなものです。本当に勉強しようと思ってたかどうかは怪しいんだけど、やる気は失せます。

他人に「頑張るのは当たり前」と言うのは、これと同じように、やる気をなくさせる効果があるんじゃないかな。

他人に寛容になろうよ

『自分の当たり前』は『他人にも当たり前』ではないですよね。いろいろな考え方があるし、自分自身も状況によって、日頃は『当たり前』と思っていることと違うことをするときもあります。

あいさつの締めくくりで「頑張ります」と言ってるひとがいたら「頑張ってね」でいいと思います。

自分はそんな当たり前のことは言わない。という考え方でも構いません。でもそれは、あなたの考え方。他人にあてはめることではないです。ただ違うだけであって、どちらが上でも下でもないと思います。

なぜなら「自分が頑張るのは当たり前」というのは『思想』だと思うからです。思想は他人にあてはめるものではありません。

思想を他人に押し付けると、エゴイストになりかねません。自分では良いと思っていることでも、使い方を間違えると他人には迷惑となることもあります。そうならないために、他人には寛容でありたいものです。

さいごに

「頑張る」は他人に使う言葉であって、自分に使う言葉ではない。という考え方は素晴らしいです。私も基本的にはこの考え方には賛同します。

でも絶対的な、誰にでも当てはまる考え方ではない。という気がします。

他人や弱ったときの自分にまで課すほどでもないかなと。

いいじゃん。「頑張ります」って言っても。

もっと気楽に生きようよ。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

高精細な大画面が眼に悪い理由

液晶ディスプレイの性能が上がって、精細な映像が楽しめる時代になりました。 キメ細かい映像の美しさに関心する一方で、それって大丈夫なの?と不安を感じます。 高精細、高密度、高画素などのスペックを表す数値 …

「できない」ことが「できる」ようになるためには

できない人の気持ちがわかる方法ってないかな? ふとそんなことを考えるときがあります。 たまに思うことありませんか? この人、なんでこんなに不器用なんだろうって。 自分にもそう感じる時がありますが&#8 …

medium_453957521

ネットなんていらない?

会社の人で自宅のPCをネットに繋いでない人います。仮にも(仮じゃないけど)IT系の会社に勤めていながらネットは会社でしか利用しないなんて私には考えられませんでした。でも考えかた次第ではこれも正解なのか …

『今からそんな厚着してたら冬が超えられないよ』と言われ続けて40年以上越冬に成功してます

どうも。寒がりのケンち(@ soredou_kenchi )です。 私は超寒がりです。会社では誰よりも早く冬物の上着を着ます。 そんな寒がりの私が毎年言われるセリフがあります。って、タイトルに書いちゃ …

【親の心得】小さな子供にタブレットを与える危険性

スマホやタブレットで遊べる「お絵かきアプリ」や「絵本」などの子度向けアプリは、手軽に遊べて便利と好評のようですが、面白いがゆえに熱中し過ぎてアプリに依存する危険があるのではないかと心配になります。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。