ライフスタイル

「自分が頑張るのは当たり前」は他人に使う言葉ではないと思う

投稿日:2015年12月19日 更新日:

考え方として素晴らしいことでも、他人に使うべきではない言葉ってあると思います。

自分が頑張るのは当たり前

この言葉もそうだと思います。



あいさつで使う人

新しいコトにチャレンジするときに「頑張ります!」という人がいます。まあよく聞きます。で、まわりにいる人や先輩などは「頑張ってね!」なんて言ったりします。

あいさつの締めくくりに「頑張ります」を使う人は多いですよね。

私もそんな人には「頑張りなっせ」と思うんだけど、ときおりこんなことを言う人がいます。本人には言わないパターンが多いですが…

自分が頑張るのは当たり前じゃん

うん。いや。まあ。そうなんだけどね。

でもそれ、ひとに言うことじゃないと思うよ。

「頑張るのは当たり前」まではいい

『心構え』や『こころざし』として、「自分が頑張るのは当たり前」という考え方を持つのは良いです。その考え方を誰かに伝えたり、後輩に教えるのも良いです。でも、頑張ろうとしている人、頑張っている人に使う言葉ではないと思います。

自分では当たり前という心構えでも、自分自身に使うことだってありますよね。キツい局面でゴールが見えてきたときは「よし!もう少し頑張ろう!」と思ったりします。

もしも、自分自身に使ったときに、他人から「頑張るのは当たり前でしょ」なんて言われたらガッカリです。頑張る気力も失せます。シラケます。

勉強しようと思ったところに、母親から「勉強しなさい」と言われるようなものです。本当に勉強しようと思ってたかどうかは怪しいんだけど、やる気は失せます。

他人に「頑張るのは当たり前」と言うのは、これと同じように、やる気をなくさせる効果があるんじゃないかな。

他人に寛容になろうよ

『自分の当たり前』は『他人にも当たり前』ではないですよね。いろいろな考え方があるし、自分自身も状況によって、日頃は『当たり前』と思っていることと違うことをするときもあります。

あいさつの締めくくりで「頑張ります」と言ってるひとがいたら「頑張ってね」でいいと思います。

自分はそんな当たり前のことは言わない。という考え方でも構いません。でもそれは、あなたの考え方。他人にあてはめることではないです。ただ違うだけであって、どちらが上でも下でもないと思います。

なぜなら「自分が頑張るのは当たり前」というのは『思想』だと思うからです。思想は他人にあてはめるものではありません。

思想を他人に押し付けると、エゴイストになりかねません。自分では良いと思っていることでも、使い方を間違えると他人には迷惑となることもあります。そうならないために、他人には寛容でありたいものです。

さいごに

「頑張る」は他人に使う言葉であって、自分に使う言葉ではない。という考え方は素晴らしいです。私も基本的にはこの考え方には賛同します。

でも絶対的な、誰にでも当てはまる考え方ではない。という気がします。

他人や弱ったときの自分にまで課すほどでもないかなと。

いいじゃん。「頑張ります」って言っても。

もっと気楽に生きようよ。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ライフスタイル

執筆者:

関連記事

高齢者の事故を減らすためにもお年寄りは家の中で携帯電話を携帯して!

お正月は帰省して実家で過ごす人も多いですよね。帰省は若い人と年配の人が会話する絶好の機会です。この機会に携帯電話の上手な使い方を若い人からお年寄りに教えて欲しいです。 今回は、緊急時の電話のかけ方はも …

プールで溺れている友達を笑いながら見ていた200人

A君は1人でプールのど真ん中。 たった1人で溺れていた。 私はその様子を笑って見ていた。 私の他にも200人ほどの人がいた。 みんな笑って見ていた。 Y君だけは違ったようだけど。

高精細な大画面が眼に悪い理由

液晶ディスプレイの性能が上がって、精細な映像が楽しめる時代になりました。 キメ細かい映像の美しさに関心する一方で、それって大丈夫なの?と不安を感じます。 高精細、高密度、高画素などのスペックを表す数値 …

歩道の雪かきは誰がやるのか?

ある日、私が住む埼玉県南部で記録的な大雪が降りました。 3日過ぎても日陰では歩道に雪が残っていてました。 さて、この歩道の雪はだれが除雪するのでしょう?

車いす、ベビーカー、自転車に欠かせないスロープは無いよりあったほうが良いけどソレはダメでしょ?と思ったので少し真面目に考えてみた

道路に段差がある場合、スロープが接地されている場所があります。 スロープがあると、車いすやベビーカー、自転車などを利用する人は助かります。つまずく危険が無いのでお年寄りも助かります。 安全で便利なスロ …

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。