ビジネス

わからないと答えた人の方が豊富な知識を持っている場合があるよね

投稿日:2015年11月17日 更新日:

データ入力の仕事を担当していた頃の話です。手書きの原稿に読みにくい漢字が1つありました。正確な字が不明だったので、漢字に詳しい2人に聞きました。

このときの回答の違いから感じた知らない怖さなどを書きます。



意外な回答

私が判読できなかった漢字を、若手とベテランの2人のキーオペレーターに見せました。

若手とは言っても毎日漢字を扱う仕事をしているので、私よりもずっと漢字に詳しい人です。

私「ねぇ、ちょっとこの漢字わかるかな?」

若「はい。これはこの字ですよ」と、即答で紙に字を書きます。

ベ「う〜む…わからないなぁ…」と悩みます

若手は即答したのにベテランは悩んでいます。

あれ?なんで?

「わからない」の真実

ベテランに聞きました。

若手が書いた字を見せて「この字じゃないの?」と。

するとベテランは「う〜ん…」と悩みながら字を書き始めました。

サラサラ…

サラサラ…

サラサラ…

サラサラ…

書き出した漢字は4つ

若手が書いた字を含めると全部で5つ候補が出てきました。

「この5つの字のどれにも見えるんですよねぇ」と、判読できない理由を言いました。

私「なるほど…」

若「すご…」

知っているからこそ「わからない」

若手が即答できたのは他の漢字を知らなかったからでした。

知らないから選択肢が思い浮かばなかったわけですね。

そして、選択肢を持たないからこそ即答でコレ!と決めた。

いっぽう、ベテランは多くの漢字を知っていた。だから即答できずに悩みました。

そして悩んだあげく、判読不明という結論を出しました。

豊富な知識がある人ほど「わからない」という回答になってしまうケースがあるんですね。

知らない怖さ

今回の漢字とは違いますが、似てる漢字を2つほど。

穀 榖

杅 杆

似てますよね。

この2つの漢字は手書きだと判別が難しいです。でも一方の漢字しか知らなければ迷いません。たとえそれが間違いであっても気づきません。

知識が少ないと間違いに気づきようがないんですね。

漢字に限らず、こういうケースってありませんか?

浅い知識で物事を決めつけてしまう。そんな人がリアルにもネット上にもたくさんいますよね。

自分も同じ過ちをしているかもしれません。いや、たぶんしてる。

気づかないけど。気づきようがないけど。

これってちょっと怖いです。

さいごに

今回のケースを経験して、「わからない」と「知らない」の違いに注意しなければ、と思いました。

また、自分の判断力は自分の知識の範囲内の能力であること。自分よりも広い知識を持っている人は、また違う判断をする可能性があることも意識しておかなければ、とも思いました。

なにごとも短絡的に決めつけてはいけないですね。

謙虚に、謙虚に。

それではまた。

この記事が気に入ったら下のボタンでシェア!

-ビジネス

執筆者:

関連記事

行政書士試験を受けた感想と使って良かった書籍の紹介

行政書士試験を受けました。2年ほど前から興味はあったけれど、機会に恵まれず受験はしていませんでした。 今年はチャンスが巡ってきたので本格的に勉強をして試験を受けました。 そこで今回は、行政書士について …

origin_32054618

「システム化」とは「パソコン使うこと」とは違います

システム化というとコンピューターを使って業務の効率を上げることと考える場合がありますが、それだけがシステム化ではないです。 システム化とコンピューターは直接的には関係ないです。会社でシステム化を進めよ …

メールで相手の名前を間違えるヤバさとその対処法

これはビジネスメール主体の話ですが個人のメールでも通じる問題です。 送信相手の名前(漢字)を間違えた経験ありませんか?反対に間違えられた経験は? 無いですか?ほんとうに? ビジネスメールでは名前の間違 …

一円玉を「拾う」と「拾わない」は、どちらが得か

地面に一円玉が落ちています。この一円玉、拾いますか? 拾えば得をすると考える人もいれば、拾うと損をすると考える人もいます。 なかなかややこしい問題です。

ビジネスメールを読みやすくする工夫

仕事では頻繁にメールのやり取りをします。そのメールにストレスを感じることがあります。 例えば簡単なスケジュールの連絡。 わずか二行の短い文でも、わかりにくいなぁと感じることがあります。

ケンちです。約20年ほど写真業界にいました。いまはIT系企業で主にITとは関係ない仕事をしている普通の人です。Twitterによく出没しています。